カメラのキタムラの株主優待券を高価買取します。

カメラのキタムラ株主優待券買取表

株主優待券 - 専門店 買取価格
専門店 株主優待券
カメラのキタムラ (500円券) 詳細はこちら

カメラのキタムラ (500円券)


カメラのキタムラ株主優待券買取表

(2011年10月10日現在のデザイン)


カメラのキタムラ

カメラのキタムラは、株式会社キタムラが運営する写真用品店チェーンである。ブランドメッセージは「すべての人を、写真の未来へ。」


概要

2009年4月に、キタムラが展開していた「カメラのきむら」と「SNAPS!」を「カメラのキタムラ」にブランド統合したことで、943店舗(2010年3月31日時点)となり、単独ブランドにおいては店舗数が業界首位になった。また、唯一出店していなかった和歌山県に旧「SNAPS!」の店舗が編入したため、全都道府県での出店を達成した。また、かつての屋号であった「SNAPS!」は旧イオングループだったこともあり、イオングループの店舗(イオン・マックスバリュなど)内に、小規模の「カメラのキタムラ」として現在も営業している店舗も存在する。

「デジカメ専門店」「デジカメプリント専門店」などを標榜しているのも特徴の1つである。

ビックカメラやヨドバシカメラなどの家電量販店と違い、基本的にカメラ関連商品以外は積極的に販売していない。かつて、「VICOM」や「COM」の名称でAV機器、一部家電、パソコンやその周辺機器などを専門に取扱う店舗が存在したが、現在はその店舗はなく(店名に「COM」が入った店が少数ある)、それらの商品は店頭でほとんど展示していない為、あまり知られていないが現在も取寄せ対応で販売している。かつて、グループ店に紳士服販売店「KIX」もあった。「カメラのキタムラ」でも、各種AV機器やコードレスホンやワープロを90年代中期まで販売していた。

近年ではインターネット販売にも進出し、地方では容易に手に入らないカメラボディ、レンズなども販売している。また、店頭で買取りをした中古カメラ、レンズを専用サイトにて掲載しており、最寄りの店舗に取り寄せて購入することが出来る。また取り寄せてもキャンセル(購入しないこと)も可能。

  • ・日本におけるデジタルカメラの急速な普及に伴い、2000年代前半には売上が大幅に減少する写真用品店やDPEチェーンが多かった。
  • ・これに対しカメラのキタムラは、フルデジタル・ミニラボの全店への導入を2001年11月に完了し、デジカメプリント需要に応えられる体制をいち早く築き上げた。
  • ・さらにデジタルカメラ販売においては、家電量販店に価格勝負を挑んだ。
  • ・デジカメ販売での利益は薄くなるが、得意客をつくることでデジカメプリントの受注を増やし、利益はそこから確保する。

こうして同チェーンは、生き残りと成長を図った。

以前はキタムラカードという印字されるカードがあったが2009年11月現在、Tポイントに加盟している。利用金額100円につきTポイント1ポイントが貯まり、1ポイント単位で利用出来る。

以前のCMソングは「アルプス一万尺」の替え歌で、アレンジが2種類存在し店内で流されていたことがあった。


キタムラグループ

株式会社キタムラの登記上の本社は高知県高知市本町四丁目1番16号にあるが、本社機能そのものは1993年に神奈川県横浜市港北区新横浜2-4-1に作った新横浜事務所にある。その一方で、横浜市内の「カメラのキタムラ」店舗は戸塚区の1店舗のみであったが、店舗ブランドの統合で旧「カメラのきむら」・旧「SNAPS!」を編入した為、全16店舗に拡大された。

同社は「カメラのキタムラ」のほか、こども写真館「スタジオマリオ」264店舗(2010年3月31日現在)、フランチャイジーとして同社子会社である株式会社キタムラピーシーデポが「PC DEPOT」2店舗(2008年9月30日現在)の運営も行っている。特に2004年からは、こども写真館の店舗数を急速に増やしており、「カメラのキタムラ」の一部店舗には「スタジオマリオ」が併設する店舗もある(看板は「カメラのキタムラ」の下半分を白地ベースにし、この箇所に「スタジオマリオ」のロゴが入る)。なお、「スタジオマリオ」は店舗ブランドが一本化したと同時にロゴマークが新しくなった。

また、同社の店舗網が手薄だった首都圏に出店し、2006年に子会社となった株式会社カメラのきむら(76店舗[2008年9月30日現在])とイオングループから富士フイルムグループを経て、2007年4月に子会社化したジャスフォート株式会社(店舗名:SNAPS!、424店舗[2008年9月30日現在])並びにその子会社のスナップス販売株式会社を2009年1月に吸収合併。さらに、2009年4月に店舗ブランドを「カメラのキタムラ」に一本化した。


キタムラグループの子会社

同社の子会社には、次のような企業がある(一部のみを列挙)。

株式会社ビコムキタムラ
レンタルショップ「TSUTAYA」19店舗(2005年4月)を運営する。かつては「BOM」の店名でレンタルショップチェーンを展開していたが、2005年にカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)のフランチャイジーとなった(なお、キタムラ自体もティーポイントサービスでCCCと提携している)。
株式会社ラボネットワーク
複数の現像所を持ち、また写真専門店「メディアラボNEXT」を複数店舗運営していたが、現在は全て「カメラのキタムラ」の店舗ブランドに統一されている。2006年4月1日にコニカミノルタよりラボ事業、同子会社スタジオプランの子供写真事業の譲渡を受けた。

かつてはドラッグストアの株式会社ジェイドラッグもグループ会社だったが、2006年10月1日にキリン堂に売却している。売却価格は3億4,900万円で、約5,700万円の損失となった。本社はキタムラと同じ高知県高知市にあったが、店舗は全て香川県内にあった。


サービス

店頭で行っているサービスは、
・デジタルカメラ、ビデオカメラの販売
・フィルムの現像・焼き付け(DPE)・デジタルカメラからのプリントサービス
インターネット経由でのサービスは、
・デジタルカメラからのプリント注文
である。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2011/10/10現在



カメラのキタムラ株主優待券の買取の注意事項

■カメラのキタムラ株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびカメラのキタムラ株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■カメラのキタムラ株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はカメラのキタムラ株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のカメラのキタムラ株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ