H.I.S. の株主優待券を高価買取します。

H.I.S.株主優待券買取表

株主優待券 - 各種専門店 買取価格
各種専門店株主優待券
H.I.S.株主優待券 (1,000円OFF) 1枚 詳細はこちら

H.I.S.株主優待券 (1,000円OFF) 1枚


H.I.S.株主優待券買取表

(2012/12/17現在のデザイン)


会社概要


株式会社エイチ・アイ・エス(英: H.I.S. Co., Ltd.)は、旅行業法に基づく旅行業者である。


概説


創業者兼初代社長は澤田秀雄。
「ツーリズムを通じて、世界の人々の見識を高め、国籍、人種、文化、宗教などを超え、世界平和・相互理解の促進に貢献する」という企業理念のもと、海外旅行および国内旅行の企画・販売・手配を行う総合旅行会社。
旅行業界のベンチャーとして、格安航空券をはじめ、オーストラリアでのホテル事業、また1996年には航空会社・スカイマークエアラインズの設立を発表(1998年定期運航開始。その後グループ外となり「スカイマーク株式会社」に社名変更)するなど、新たなチャレンジを繰り返してきた。
日本国外への格安航空券の販売が主であるが、現社名に変更された1990年頃から自社企画の海外パッケージツアー商品も販売するようになり、グループのホテルなども持つようになる。
2009年時点では格安航空券のほか、日本国外を主体とした比較的価格の安いパッケージツアー商品、フリープラン商品を中心に発売している。国外への格安航空券の販売で拡大してきた背景上、国内旅行の取扱いが極端に少なく、また国内旅行取扱い可能の営業所も少ない。
日本の大手旅行会社の中では、このH.I.S.とJTB(JTBはJR各社が株主であるが、系列やグループ企業ではない)は鉄道会社系ではない。
日本国内には273店舗の営業所(直営ではない「特約代理店」を7店舗含む)がある。2009年4月現在、山陰地方には鳥取県米子市の山陰営業所1箇所のみで、一時期松江市に営業所を設けていた時期もあるが、島根県には営業所は存在しない。
日本国外には、76都市100拠点のネットワークを有し、日本の旅行会社では唯一ソウル支店がある。
バリ島(インドネシア)やプーケット島(タイ)といった新興リゾート地のシェアはJTBを含め、日系旅行会社の中で群を抜いてトップである反面、ハワイなどの伝統的な観光地のシェアはまだまだ少ない。


2012/12/17現在



H.I.S.株主優待券の買取の注意事項

■H.I.S.株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびH.I.S.株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■H.I.S.株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はH.I.S.株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のH.I.S.株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ