スギホールディングス <スギ薬局>の株主優待券を高価買取します。

金券ショップ アクセスチケットトップページ専門店株主優待券買取表 > スギホールディングス <スギ薬局>株主優待券 買取表

スギホールディングス <スギ薬局>株主優待券買取表

スギホールディングス <スギ薬局>(1,000円券)


スギホールディングス <スギ薬局>株主優待券買取表

(2011年10月07日現在のデザイン)


スギホールディングス <スギ薬局>(5%OFFカード)


スギホールディングス <スギ薬局>株主優待券買取表

(2011年10月07日現在のデザイン)


スギ薬局

株式会社スギ薬局(スギやっきょく)は、愛知県安城市に本部を置く、日本の薬局・ドラッグストアチェーン。業界第2位。現在の法人は、スギホールディングス株式会社(旧株式会社スギ薬局)の子会社。


概要

他のドラッグストアと同様に薬だけではなく、化粧品・日用品・食品・アルコール飲料なども取り扱っている。また、ほとんどの店舗が保険薬局の指定を受けて処方箋に対応できる『調剤併設型ドラッグストア』になっており、一部の店舗では無菌製剤室も備えている。但し、全店で処方箋を受け付けているわけではなく、設備はあっても調剤していない店舗もある。また、関東地盤、飯塚薬品の店舗を「ドラッグスギ」に改名したことから、スギ薬局内で調剤施設を持っていない店舗が大幅に増加することになった。

社名の“スギ”は、創業者の苗字の『杉浦』と『杉の木』から採用した。コーポレートコピーは「ちゃんとあなたと関係したい」[1]。

なお、似た名称でスギヤマ薬品、また創業者と同姓の杉浦薬品があるが、全く関係はない。店舗展開地区も重なっており、地域によっては熾烈な競争を行っている。


所在地

物流センター
・日進 - 愛知県日進市。スギ薬局として初めての物流拠点として1997年(平成9年)7月より稼動。
・中部ロジスティクスセンター - 愛知県春日井市。2005年(平成17年)7月より本稼動。通称:SLC中部。
・愛知西 - 愛知県愛西市。
その他
・スギグループ東京商品本部 - 東京都中央区東日本橋三丁目7番14号 サクセス東日本橋ビル(このビルには薬事研修センターも入居)
・薬事研修センター - 名古屋校(愛知県名古屋市中区)、東京校(東京都中央区)、大阪校(大阪府大阪市阿倍野区)
かつては京都にも校舎を構えていたが、大阪校開設に伴い、京都校を統合する形となった。
・地域事務所 - 関東(埼玉県川口市)、大阪

グループ会社

  • ・スギホールディングス株式会社 - 持株会社。2008年8月までの旧株式会社スギ薬局。
    • ・株式会社スギ薬局 - 調剤併設型ドラッグストア事業(スギ薬局)を行う子会社。2008年9月1日新設。
    • ・株式会社ジャパン- ディスカウントストア事業(ジャパン)を行う子会社。
    • ・スギメディカル株式会社 - 医療事業を行う子会社。2008年9月1日新設。
    • ・スギスマイル株式会社 - 障害者雇用の促進を目的に設立され、スギグループ内の各種業務の受託を行う。2009年6月1日に新設、2009年7月24日には障害者の雇用の促進等に関する法律に基づき特例子会社に認定された。

店舗

店舗は愛知県など中部地方が中心だったが、2002年(平成14年)頃から関西地方にも店舗を増やし、2006年(平成18年)には埼玉県への出店を皮切りに関東地方への進出はじめた。

近年では「2010年1000店舗売上3500億円」を目標に掲げ、積極的なM&Aで店舗網の拡大を図っている。2006年(平成18年)にヤオコーから子会社のドラッグストア部門を譲り受けたのをはじめ、2007年(平成19年)にはディスカウントストアのジャパンや飯塚薬品を買収し、連結売上高でマツモトキヨシホールディングスに次ぎ業界2位となった。


店舗数

2010年11月現在、606店舗(保健調剤専門薬局を除いた数値)であり、地盤の中京圏でおよそ半分近くを占めている。

  • ・関東地方(茨城県2、栃木県2、群馬県38、埼玉県64、千葉県4、東京都28、神奈川県11)
  • ・中部地方(岐阜県37、静岡県8、愛知県237、三重県47)
  • ・関西地方(滋賀県19、京都府16、大阪府59、兵庫県29、奈良県5)

ポイント制度

ポイントカードを導入しており、紙製のバーコードが印刷されたカードを作ってもらうと、購入額に応じてポイントが付与される。基本は100円で1ポイント、土曜日・日曜日はポイントが2倍だが、それ以上付与されるセールが頻繁に行われる。ポイントの有効期限は10年間と長いのが特徴である(それ以降は1年ごとにポイントが失効する)。ポイント数に応じて交換できるものは物品の他に、ANAマイレージクラブの航空マイレージにも交換可能である。なお、2008年(平成20年)6月30日までは、JALマイレージバンクとも提携していた。

店頭ではクレジットカードでの支払いも可能であり、ポイントカードと兼用のスギカードと言う提携クレジットカードを発行している(JCBブランドはJCBが、VISA及びMasterCardブランドはNICOSが発行)。このスギカードではポイントが常に100円あたり1ポイント増しで付与される。

環境保護の観点からレジ袋の削減にも取り組んでおり、精算時に断ると、2ポイントが付与されたが(名古屋市内の店舗においてはポイントの代わりにエコクーぴょん1ポイントを受け取る事もできた)、レジ袋有料化とした地方自治体が大半を占めるようになったため、ほとんどの店舗で廃止となった。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2011/10/07現在



スギホールディングス <スギ薬局>株主優待券の買取の注意事項

■スギホールディングス <スギ薬局>株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびスギホールディングス <スギ薬局>株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■スギホールディングス <スギ薬局>株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はスギホールディングス <スギ薬局>株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のスギホールディングス <スギ薬局>株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ