ブロッコリーの株主優待券を高価買取します。

ブロッコリー株主優待券買取表

株主優待券 - 専門店 買取価格
専門店 株主優待券
ブロッコリー (1,000円券) 詳細はこちら

ブロッコリー(1,000円券)


ブロッコリー株主優待券買取表

(2011年10月07日現在のデザイン)


ブロッコリー

株式会社ブロッコリー(英: Broccoli Co.,Ltd.)は、キャラクターグッズの企画・製作およびキャラクターグッズ販売店「ゲーマーズ」を展開する企業。JASDAQ上場。


概要

かつて山一證券に勤めていた木谷高明が、趣味が高じて設立した会社である。設立当初はコスプレダンスパーティー「コスパ」と、同人誌即売会「コミックキャッスル」の運営が主な事業だったが、小売店舗ゲーマーズの展開とともにキャラクタービジネスに軸足を移していった。やがて自社内でアニメやゲームの企画を行うようになり、『デ・ジ・キャラット』『ギャラクシーエンジェル』『アクエリアンエイジ』などのヒット作品を出した。オリジナルキャラクターがメインで版権負担がほとんどないため、利益率は高かった。その中でも特にずば抜けて利益率の高いトレーディングカードに注力するようになる。
上記のヒット作には恵まれたものの、急激な店舗網の拡大による費用負担や、度重なる人気の読み違いによる売れ残り在庫の拡大などで年々赤字がかさむようになった。
2003年にはタカラ傘下に入り経営の立て直しを行うこととなる。2005年4月下旬にガンホー・オンライン・エンターテイメントとの提携を発表。加えて、タカラがコナミ傘下からインデックス傘下に移った上、トミーとの合併が決まったことで、こうした関連企業との連携によってさらなる展開・業績の回復が見られるのではと予想されていた。
しかし、不採算店の閉店や不良在庫の減損処理が遅々として進まず、同年10月に約3億円の債務超過に陥った事が発表され、遂に会社存続に赤信号が点る事となる。特に利益率の高いトレーディングカードは人気が落ちれば単なる紙くずにしかならず、減損会計の導入で逆に大きく足を引っ張ることになった。タカラも合併までに採算が取れないグループ企業の整理・再編を進めていたため、保有株式の全てを、10月にガンホーに、更に11月にはガンホー会長である孫泰蔵が代表を務めるアジアングルーヴ等に売却。事実上タカラ傘下からガンホー及び系列企業の支配下に入り、ガンホー及び関連のあるソフトバンクグループの影響下の元で経営再建を図ることとなった。さらに外資ファンドから資金を得て財務問題は解消された。その後、創業者の木谷高明は解任となる。
現在は経営はある程度安定し、2007年2月期連結決算は黒字転換した。さらに新社長体制後、事業部は開発と販売部門にわかれ、コスト意識を持たせている。また、黒字定着を1つの目的に、特別に高い売り上げを誇るフラッグシップ店舗である秋葉原本店は2008年に拡張を行ったが、1年ほどで拡張以前の状態へと再びリニューアルした。
また2008年には競合店運営のアニメイトと資本・業務提携を締結、新店舗の共同出店や既存店運営の相互協力、新商品の共同開発、物流システムの効率化を進めていくと発表した。この業務提携の背景には両社が旗艦店を置く秋葉原や池袋などに店舗を置く大手量販店がアニメ・コミック関連商品を扱うようになり、競争が激化したこと、また男性向け商品に強みを持つブロッコリーと女性向け商品に強みを持つアニメイトの互いの顧客層の相互補完が可能という狙いがある。
2008年4月、一部報道により、再度の赤字転落(7000万円程度)、役員報酬40%カットなどが報じられた。 売り上げは前年比でほぼ20%増で伸びているものの、薄利商品の増加で利益に結びつかない、遅々としていた店舗再編のコストが重なった、海外版権収入の不振、等の理由が重複した結果であるようだ。2009年2月期の決算は売上高が95億5400万円(前年同期比0.6%減)、営業損失は3億3900万円、経常損失は3億4500万円、当期純損失は2億8800万円の通期3期連続最終赤字となった。
2011年3月、成長性の低い小売事業からの撤退を発表した。「アニブロゲーマーズ」16店舗と通販サイトは6月1日付でアニメイトに譲渡。
2011年7月、5年ぶりに第一上半期の決算が黒字化になった。それに伴い、新たにクリエーターと外販の営業部員を募集した。
以前からテレビ東京系のアニメのスポンサーに多く就いており、『ベイブレード』関連商品の販売を行ったこともある。2011年に女性向けゲーム第二弾を発売する予定。


おもな企画

中核コンテンツ

  • ・デ・ジ・キャラット
    • ・ウィンターガーデン
  • ・アクエリアンエイジ
  • ・ギャラクシーエンジェルシリーズ
    • ・ギャラクシーエンジェル
    • ・ギャラクシーエンジェルII

トレーディングカードゲーム

  • ・ディメンション・ゼロ
  • ・リセ
  • ・ラグナロクオンラインカードゲーム
  • ・ランブリングエンジェル
  • ・プロジェクト レヴォリューション
  • ・モンスターコレクション

コンピュータゲーム

  • ・プリズムパレット
  • ・プリンセスコンチェルト
  • ・ファーストKiss☆物語 II
  • ・クロスワールド 〜見知らぬ空のエターティア〜
  • ・エミル・クロニクル・オンライン
  • ・新世紀エヴァンゲリオン
    • ・鋼鉄のガールフレンド2nd(PS2版)
    • ・綾波育成計画withアスカ補完計画
    • ・名探偵エヴァンゲリオン
    • ・新世紀エヴァンゲリオン バトルオーケストラ
  • ・Sweetsブランド作品
    • ・Gift -Prism-
    • ・水夏A.S+ Eternal Name
    • ・最終試験くじら-Alive-
    • ・D.C.the Origin
    • ・true tears(PS2版)
  • ・La'crymaブランド作品(CIRCUSとの共同制作)
    • ・true tears
    • ・空を飛ぶ、3つの方法。
  • ・ゲームブックDS
    • ・ソード・ワールド2.0
    • ・鋼殻のレギオス
    • ・アクエリアンエイジ
  • ・うたの☆プリンスさまっ♪

アニメーション

  • ・サイキックフォース(1998年、OVA版、企画・製作)
  • ・シスター♥プリンセス(2001年、製作)
  • ・ぴたテン(2002年、製作)
  • ・MOUSE(2003年、製作)
  • ・R.O.D -THE TV-(2003年、製作協力)
  • ・かみちゅ!(2005年、音楽協力)
  • ・Canvas2 〜虹色のスケッチ〜(2005年、音楽制作)
  • ・Gift 〜ギフト〜 eternal rainbow(2006年、制作協力)
  • ・ムシウタ(2007年、音楽制作)
  • ・H2O -FOOTPRINTS IN THE SAND-(2008年、製作・音楽制作)

その他

  • ・ゲーマーズ・ガーディアン・フェアリーズ
  • ・熱風海陸ブシロード
  • ・Broccoli The Live
  • ・コミデジ+
    • ・コミデジコミックス
  • ・b-fairy records

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2011/10/07現在



ブロッコリー株主優待券の買取の注意事項

■ブロッコリー株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびブロッコリー株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいたブロッコリー株主優待券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のブロッコリー株主優待券をお売りいただける場合は各ブロッコリー株主優待券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ブロッコリー株主優待券の各ブロッコリー株主優待券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各ブロッコリー株主優待券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネットブロッコリー株主優待券買取価格と店頭ブロッコリー株主優待券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はブロッコリー株主優待券の各ブロッコリー株主優待券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のブロッコリー株主優待券の各ブロッコリー株主優待券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していないブロッコリー株主優待券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ