AOKI <アオキ> の株主優待券を高価買取します。

AOKI <アオキ>株主優待券買取表

株主優待券 - 各種専門店 買取価格
各種専門店株主優待券
AOKI <アオキ> オリヒカ(20%OFF) 1枚 詳細はこちら

AOKI <アオキ> オリヒカ(20%OFF)


AOKI <アオキ> オリヒカ(20%OFF)

(2012/12/24現在)


AOKIホールディングス


株式会社AOKIホールディングス(アオキホールディングス、AOKI Holdings Inc.)は、紳士服の販売を主事業とする持株会社である。
主力となる店舗は「AOKI」(旧メンズプラザアオキ)ブランドの店舗で、紳士服業界では第2位の企業である。ただし、持株会社体制への移行により、現在は事業子会社の株式会社AOKIが運営している。
CMでは、亀梨和也、上戸彩、佐々木蔵之介、東山紀之、草野仁などをイメージキャラクターとして起用。同じくイメージキャラクターを務める役所広司は、2005年10月に吸収合併した株式会社トリイのイメージキャラクターであった。また、礼服販売のイメージキャラクターには、草野仁が起用されている。その一方でCMソングには、TRICERATOPS「僕らの一歩」、槇原敬之「カイト」、カジヒデキ「ロリポップ・キャンディー」などを起用している。


沿革


1958年9月 - 長野県更級郡篠ノ井町(現長野市)に洋服の青木を創業。
1965年7月 - 長野県篠ノ井市に株式会社洋服の青木を設立。
1968年7月 - 商号を株式会社アオキに変更。
1971年11月 - オリジナル商品開発に着手。
1975年4月 - 長野石堂本社ビル竣工。
1976年8月 - アオキファッション販売株式会社を設立。
1979年8月 - 商品管理及び販売情報管理のため、コンピューターシステムを導入、稼動開始。
1980年7月 - 商号を株式会社アオキファッションに変更。
1981年12月 - イタリアミラノのオートクチュールデザイナー アントニオ・フスコと技術提携。
1982年12月 - 長野南高田店が紳士服専門店ワンフロアの売り場面積が日本最大になる。
1984年10月 - 毛織産地の愛知県一宮市に商品本部開設。
1985年9月 - 商号を株式会社アオキインターナショナルに変更。
1986年11月 - 本社を神奈川県横浜市緑区(現 都筑区)に移転。
1987年4月 - 株式を、社団法人日本証券業協会東京地区協会に店頭売買銘柄として登録、公開。
1988年8月 - 全店へのPOSレジスター導入。
1989年5月 - 東京証券取引所市場第二部に上場。
1990年11月 - 横浜港北総本店、メンズ専門店世界最大級の売場面積1,000坪に増床。
1991年9月 - 東京証券取引所市場第一部に上場。
1992年10月 - 愛知県尾西市に商品センター開設。
1993年9月 - 東レ・帝人との共同開発素材を使用した商品を企画・販売開始。
1994年9月 - 国際羊毛事務局他7社と共同開発、世界初「ウール100%形態安定スーツ」の販売開始。
1995年1月 - 阪神・淡路大震災被災地に防寒ハーフコート10,000着寄贈。
1998年10月 - インターネットホームページ開設。
1999年4月 - デザイナー島田順子と提携。
2000年10月 - 株式会社コート・ダジュールを設立。
2002年7月 - 株式会社コート・ダジュールが株式会社ヴァリックに商号変更。
2002年10月 - 株式会社ウエディングスを子会社化。
2003年6月 - 株式会社トリイと業務・資本提携。
2003年12月 - 株式会社ヴァリックがジャスダック市場に上場。
2004年9月 - 「スーツダイレクト」をトータルコーディネートショップ「オリヒカ」に転換。
2005年4月 - 株式会社ウエディングスが株式会社ラヴィスに商号変更。
2005年9月 - ゼビオ株式会社から紳士服小売事業(ゼビオメンズ)11店及びメディア小売事業8店を譲受。
2005年10月 - 株式会社トリイを吸収合併。新CIを導入し、アオキに新装する旧トリイ店舗と新規出店のアオキ店舗は、現在の店舗ロゴ「AOKI'」を使用開始。
2005年12月 - 株式会社ラヴィスがジャスダック市場に上場。
2006年4月 - 商号を株式会社AOKIホールディングスに変更し、事業持株会社化及び社内カンパニー制を導入。
2006年4月 - 商号変更による既存店新装開店に伴い、現在の店舗ロゴ「AOKI'」に順次変更。
2006年8月 - 同業で福岡市の大証2部上場フタタに友好的TOBと株式交換を組み合わせた経営統合を提案するも、フタタはAOKI案に拒否反応を示し、筆頭株主で提携関係にある東証1部上場の同業コナカとの経営統合を選択。
2006年11月 - 本社を東京都港区(アニヴェルセル表参道と同一住所)に移転、横浜市都筑区の旧本社(横浜港北総本店と同一住所)を横浜本社とする。
2007年4月 - TOBによりカジュアル衣料品販売のマルフルを子会社化、6月には株式交換により完全子会社化した。
2007年11月 - 会社分割によるAOKIカンパニー・オリヒカカンパニー事業の分社化(新設会社:株式会社AOKI・株式会社オリヒカ)、それに伴う純粋持株会社体制への移行、およびジャスダック市場に上場している子会社「ヴァリック」ならびに「ラヴィス」の株式交換による完全子会社化を発表。
2008年4月1日 - AOKI・オリヒカ各カンパニーの分社化、ならびにヴァリック・ラヴィス両社の完全子会社化を実行、正式に純粋持株会社体制に移行した。
2008年5月31日 - 九州地方の福岡県で3店舗がオープン。CMにはローカルタレントの福田健次、深町健二郎、中島浩二が出演。


 

2012/12/24現在



AOKI <アオキ>株主優待券の買取の注意事項

■AOKI <アオキ>株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびAOKI <アオキ>株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■AOKI <アオキ>株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はAOKI <アオキ>株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のAOKI <アオキ>株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ