相鉄(相模鉄道)の株主優待券(乗車証・定期・冊子)を高価買取します。

相模鉄道 株主優待券 買取表 画像

株主優待券 - 鉄道 買取価格
相模鉄道 全線乗車証
相模鉄道 詳細はこちら
相模鉄道 定期型(電車バス)
相模鉄道 電車バス全線パス 詳細はこちら
相模鉄道 電車全線パス 詳細はこちら
相模鉄道 冊子
相模鉄道(未使用品) 詳細はこちら

相模鉄道 株主優待 乗車証 ※参考

相模鉄道 株主優待券 乗車証 画像

(2011年4月12日現在のデザイン)


相模鉄道 株主優待 定期 ※参考

相模鉄道 株主優待券  定期 画像

(2011年4月12日現在のデザイン)


相模鉄道 株主優待券 冊子 ※参考

相模鉄道 株主優待券 冊子 画像

(2011年4月12日現在のデザイン)


相模鉄道

相模鉄道株式会社(さがみてつどう、英: Sagami Railway Co.,Ltd.)は、神奈川県東部を基盤とする鉄道事業者である。略称は相鉄〈そうてつ、SOTETSU〉。
本社所在地は神奈川県横浜市西区北幸二丁目9番14号の相鉄本社ビル。


路線

路線は一般に相鉄線と呼ばれており、以下の3路線を有するが、一般の旅客が利用できるのは本線といずみ野線の2路線のみとなる。この2路線は全線が複線化および電化されており、朝夕には通勤ラッシュが見られ、日中の閑散時間帯でも各駅で毎時6本以上の列車が発着するという典型的な都市型の鉄道路線となっている点は他の大手私鉄と共通であるが、相鉄の沿線には宝塚歌劇団や甲子園球場のような娯楽施設や、京都や日光のような著名な観光地は存在しないために定期外収入を見込めず、収入の多くを通勤・通学といった定期旅客に頼るのが特徴である。このような中で近年は沿線住民の高齢化や都心回帰の進展によって利用者が減少傾向にある。


本線: 横浜駅 - 海老名駅 24.6km

いずみ野線: 二俣川駅 - 湘南台駅 11.3km

厚木線: 相模国分信号所 - 厚木操車場 2.2km(車両回送・車両搬入のみ)


近年発生が予想される東海地震では、警戒宣言が発令された場合に本線の大和駅 - 海老名駅間で列車の運行が中止されることになっている。


過去の路線

過去には以下のような路線を所有していた。

相模線: 茅ヶ崎駅 - 橋本駅 33.3km
支線(通称:西寒川支線): 寒川駅 - 西寒川駅 - 四之宮駅 1.9km
貨物支線:寒川駅 - 川寒川駅 0.9km

貨物線(正式名称不明?): 西横浜駅 - 保土ヶ谷駅 1.0km

相模線と西寒川支線は1944年(昭和19年)6月から国有化、また同時に西寒川駅 - 四之宮駅 0.5kmが廃止された。相模線貨物支線は1931年(昭和6年)に廃止。保土ヶ谷駅までの貨物線は、1979年(昭和54年)の東海道線・横須賀線の分離による東海道貨物線の移転と同時に廃止された。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2011年4月12日現在 Copyleft(c)


らくちん!!検索方法


相鉄(相模鉄道)株主優待券の買取の注意事項

■相鉄(相模鉄道)株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および相鉄(相模鉄道)株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■相鉄(相模鉄道)株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は相鉄(相模鉄道)株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の相鉄(相模鉄道)株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。


ページトップへ