スカイツリー 記念ポストカードを高価買取します。

金券ショップ アクセスチケットトップページその他株主優待券買取表 > スカイツリー 記念ポストカード 買取表

スカイツリー 記念ポストカード 買取価格表

株主優待券 - その他 買取価格
スカイツリー 記念ポストカード
スカイツリー 記念ポストカード 詳細はこちら

スカイツリー 記念ポストカード


スカイツリー 記念ポストカード株主優待券買取表"

(2011年10月25日現在のデザイン)


 

スカイツリー

スカイツリーは、東京都墨田区押上に建設中の電波塔(送信所)である。ツリーに隣接する関連商業施設・オフィスビルの開発も行われており、ツリーを含めたこれらの開発街区を東京スカイツリータウンと称する。2012年5月22日に開業予定。


概要

2003年12月にNHKと在京民放キー局5社が600m級の新しい電波塔を求めて、「在京6社新タワー推進プロジェクト」を発足したのがきっかけである。2006年3月に建設地が決定した。

東京スカイツリーの建設目的は東京都心部に建てられている超高層ビルの増加に伴い東京タワーからの送信が電波障害を生じるようになったのでそれを低減することにあり、地上デジタル放送のために建設計画が持ち上がったわけではない。建設計画案の期間中でも地上デジタル放送が次第に普及し、ワンセグ放送の開始も控えていた。2011年7月24日には地上アナログテレビ放送が終了となるため、地上デジタル放送用の電波塔となる。

2011年7月24日をもって地上アナログテレビ放送が終了するのに備え、2008年7月14日に着工された。竣工予定は2012年2月。その後は試験放送などを経て、2012年5月22日に開業する予定であることが東武鉄道より発表された。

東京都墨田区に所在する東武伊勢崎線・東京地下鉄半蔵門線・京成押上線・都営地下鉄浅草線の押上駅と東武伊勢崎線の業平橋駅の間に挟まれる、東武鉄道の本社隣接地で所有地でもある貨物駅(のちの業平橋駅3、4、5番線ホーム)跡地に建設される。当地区は航空法上、東京国際空港(羽田空港)の制限表面の外側水平表面が被さる地域であるため空港標点の海抜295mまでの建造物しか建てられなかったが2005年4月に高さ規制区域が見直されて建設可能となった。

事業主体は東武鉄道が筆頭株主となる「東武タワースカイツリー株式会社」であり、事業費は約500億円。このために、同社は500億円のユーロ債のCBを発行して資金調達を行っている[4]。建設費は約400億円。総事業費は約650億円。施工は大林組、設計は日建設計である。テレビ局からの賃貸料および観光客からの入場料などで収益を得る見込みである。

東京タワーの建造時(1957 - 1958年)に比べて鋼材の品質や溶接技術、各種構造計算(シミュレーション)などの設計技術、基礎部の特殊な工法が大きく進歩したことにより東京タワーの建築面積を大きく下回る面積でのこの高さの自立式鉄塔の建設が可能となっている。全体の主要接合部が溶接により建設されている。鋼管同士を直接溶接接合する分岐継手を採用し、軽量化と耐震性を増している。主要鋼材はH鋼ではなく鋼管が使用された。構造が鉄骨造としては稀に見る複雑さであり各部材に要求される寸法等の精度も一般建築物とは桁違いである為、鉄骨部材を作成する工場のうち国内のレベルの高い工場の多くは一時的にスカイツリーの部材製作で繁忙を極める状態となった。又、溶接作業の一部には人間の手作業による職人技が寄与しているところも多分にある。

2006年5月に第一生命経済研究所が出した予測[5]によると開業から1年で300万人が訪れると仮定、経済効果を473億円と試算している。また2008年1月公表の墨田区「新タワーによる地域活性化等調査報告書」では東京スカイツリーへの来場者を年間552.4万人、東京スカイツリーに併設される商業施設などを含めた開発街区全体での来場者数を年間2,907.9万人と試算している。


歴史

2003年
・12月17日 在京放送事業者6社(NHK・民放キー局)が600m級の新タワーを求めて「在京6社新タワー推進プロジェクト」を発足。
2004年
・10月25日 押上・業平橋駅周辺地区内の地権者が「押上・業平橋駅周辺地区まちづくり協議会」を設立。
・12月5日 墨田区・地元関係者が東武鉄道及び押上業平橋駅周辺地区まちづくり協議会に対し、新タワー誘致の協力要請。
2005年
・1月27日 町会等関係団体や関係企業等、地元組織で構成された「新タワー誘致推進協議会」設立。
・2月7日 東武鉄道として新タワー事業に取組む事を放送事業者・墨田区に表明。
・2月10日 「新タワー誘致推進協議会」が決起大会を開催。
・3月7日 押上・業平橋駅周辺地区に関する都市計画決定(土地区画整理事業区域・都市計画道路)。
・3月28日 放送事業者が墨田区押上地区を第1候補地に選定。
・7月22日 墨田・台東両区の地元誘致組織が提携し、「墨田・台東新タワー誘致推進連絡会」を結成。
・12月15日 土地区画整理組合設立認可(事業認可)。
2006年
・3月31日 新タワー建設地として最終決定。
・5月1日 事業会社「新東京タワー株式会社」を本社所在地・東京都墨田区押上一丁目1番2号に資本金4億円(東武鉄道全額出資)で設立。
・6月19日 地元関係者が「新タワー建設推進協議会」を発会。
・7月4日 - 24日 様々な人からの「届け! 私が想う新タワー」と題したアンケートやアイデアや意見を募集。応募数5,079名。
・10月10日 次の3点の「新タワーを核とした複合開発事業のコンセプト「Rising East Project~やさしい未来が、ここからはじまる」」を公表。
・日本、下町のものづくりのDNAを継承し、人々の交流が、新たな都市文化を創造する「アトリエコミュニティ」
・人に、地球に優しく、災害に強く、安全で安心して暮らせる「優しいコミュニティ」
・先端技術、メディアが集積し、新しい日本、新しい東京を、世界へと発信するタワーを核とした「開かれたコミュニティ」
・11月24日 デザイン公表。基本設計は日建設計が担う。概算建設費約500億円。
・12月4日 環境影響評価調査計画書提出。
2007年
・8月30日 新タワーライティングデザイナーを戸恒浩人に決定。
・9月28日 「新東京タワー」の本体施工者を数社による競争入札のうえ、大林組に決定して請負契約を締結した。大林組の請負金額は非公表。着工は2008年夏で、工期は3年6か月を見込む。
・10月6日 建設予定地でサーチライト9台を使い、新タワーの脚に見立てた光の束を上空に向けて放出された。最初に東京タワー(333m)の高さで光を交差し、その後光を伸ばして610mの上空で交差させ「新東京タワー」の高さを表現した。これは前年秋に地元住民らが企画、住民や団体から寄付を募って実現したもの。
・10月26日 - 11月25日 「新東京タワー」の名称案を公募。応募数17,429件。2008年4月に名称検討委員会により数案に絞り込まれたうえ、一般投票を経て6月に決定。
・11月29日 建設地周辺町会を中心とした「押上・業平橋地区新タワー関連まちづくり連絡会」を結成。
・12月11日 東武鉄道と子会社の新東京タワー株式会社は、NHKおよび在京民放5局の放送事業者6社と、同日付で新タワーの"利用予約契約"を結んだと発表した。完成後、改めて各放送事業者と"正式な利用契約"を結ぶという。
2008年
・3月12日 押上・業平橋駅周辺地区に関する都市計画決定(用途地域変更、地区計画等)。
・3月19日 「新東京タワー」の名称案を、一般公募から「東京EDOタワー」「東京スカイツリー」「みらいタワー」「ゆめみやぐら」「ライジングイーストタワー」「ライジングタワー」の6通りに識者等からなる「新タワー名称検討委員会」によって絞り込んだことを発表。一般投票で正式名称を決定する。投票期間は4月1日から5月31日まで。
・5月14日 現在の資本金4億円を放送会社などから出資を募り300億円規模とする方針を明らかにした。
・5月30日 環境影響評価書提出。
・6月10日 環境影響評価事後調査計画書提出。
・月10日 正式名称を「東京スカイツリー」に決定。それに伴い、新東京タワー株式会社は会社名を「東武タワースカイツリー株式会社」に変更。
・7月14日 安全祈願祭と起工式典を行い着工。タワー部分の総事業費は約650億円を見込む。
・9月2日 Webカメラで建設中の様子の中継開始。
・12月1日 東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)と新タワーの利用予約契約を締結。
・12月6日 基礎工事(地中50mのコンクリート壁の杭工事)が完了。
・12月26日 エレベーターシャフトの工事が開始され、地上に鉄骨が立ち上がり始めた。
2009年
・2月5日 タワー塔体地下基礎部の鉄骨建て方を開始し、3箇所の鼎(かなえ)で安全祈願を執り行った。
・2月26日 カラーデザインが公表され、「スカイツリーホワイト」と決定された。
・4月6日 本体の鉄骨(重さ約29t、高さ約4m、直径2.3m、厚さ10cm)を地中の基礎に据え付ける作業と金・銀のボルトで締結する「鋲打(びょううち)の儀」を行い、地上部分の本体の鉄骨を組み上げる工事が開始された。
・5月1日 建設中の高さ33.4mからホームページで順次公表開始。
・6月8日 本体鉄骨組み上げ工事の最初の山場である塔本体を支える3本の脚を地上50mで組み合わせる工事が行われた。
・8月7日 高さ100mを超え105mに到達。
・10月16日 完成時の高さを634mに変更すること及びライティングデザインを発表。
・11月10日 高さ200mに到達(プレス発表)。
・11月22日 スカイツリー内部公開(外部リンク参照)。
・12月15日 併設する商業施設に、水族館とプラネタリウム(コニカミノルタプラネタリウム“天空”in 東京スカイツリータウン)を開設することを発表。
・12月20日 タワー地上部を囲む足場が撤去されタワー支柱が全容を見せる。
・12月21日 - 26日 クリスマス時期として工事用の全照明を夜9時まで点灯しライトアップ。
2010年
・2月16日 高さ300mに到達(プレス発表)。
・3月1日 ライティング機器のパートナー企業をパナソニック電工に決定。ライティングデザインのオールLED化を目指すことが発表された。
・3月29日 10時17分、上部に高さ約10mのエレベータシャフトが設置されたことで東京タワーの333mを超えて338mとなり日本一の高さの建設物となった。
・4月24日 東武ワールドスクウェア(栃木県日光市)で、25分の1サイズの東京スカイツリーの展示始まる。高さ約26メートル、鋼管柱とFRP製、総工事費約2億円。
・5月5日 最下部斜め支柱に始まる第1展望台の鉄骨建方工事開始。
・6月5日 タワー中心軸の空洞内でアンテナゲイン塔の組み立て開始。
・7月2日 タワークレーンが塔先端(398m)脇3基から第1展望台屋上に1基増設、計4基体制となる。
・7月4日 空調設備などを置く機械室(150m)部分を報道陣に初公開。第1展望台の鉄骨建方工事終了とされた。
・7月26日 7月2日のタワークレーン4基体制後、分解・設置位置変更・組上を繰返し第1展望台上ヤード外周位置での4基体制を確立。北をアナログ時計の12時に例えればクレーン4基の設置位置は目算で3時15分、5時30分、8時45分、11時45分。
・7月30日 高さ400mを超え408mに到達[45]。5月29日時点の398mから2か月ぶりに10m延伸。
・9月11日 高さ461mに到達。過去の建造物を含めて高さ日本一だったオメガ塔(対馬オメガ局。455mの支線式鉄塔で1998年に解体)を超えた。
・9月13日 エレベータ等を収容するシャフト鉄骨の建て方が完了。
・9月29日 スカイツリーの商業業務施設運営会社として「東武タウンソラマチ株式会社」を設立。
・10月13日 当日限りとしてライティングに使用するLED照明の性能試験のため、18時30分から21時10分までの160分間に点灯・消灯をほぼ20回ほど経たライトアップが行われた。
・10月23日 支柱建方による最終高さ497mとなる。その後はアンテナゲイン塔を突き上げ最終高さとする。
・10月27日 第2展望台の支柱建方開始。
・10月28日 公式キャラクター「ソラカラちゃん」決定。
・12月1日 高さ500mに到達。塔体最上部に11月20日から仮置きを始めた制振装置と塔体内からリフトアップされたゲイン塔がドッキングし高さ511mとなる。
・12月16日 NHK及び在京民放5社に対しスカイツリーへの放送局の無線設備の設置に向けた変更許可が認められる。
・12月18日 地上デジタルテレビ放送のアンテナ取付開始。
・12月24日 - 25日 クリスマス時期として工事用の照明を夜8時まで点灯。
・12月27日 スカイツリーを中心とした開発街区全体の名称を東京スカイツリータウン、低層階及びオフィスビル最上階の商業施設の名称を東京ソラマチ、押上側に建設されるオフィスビルの名称を東京スカイツリーイーストタワーとしたと発表[53]。また開業に合わせて東武伊勢崎線業平橋駅の駅名を「とうきょうスカイツリー駅」に変更し、駅施設のリニューアルも行うと発表。
・12月31日23時45分 - 2011年1月1日0時30分 大晦日から新年を迎えた45分間、クリスマス時期と同じ工事用の照明を点灯。
2011年
・1月28日 TOKYO MXに対しスカイツリーへの放送局の無線設備の設置に向けた変更許可が認められる。
・2月3日 NHK東京FM、J-WAVE及び道路交通情報通信システムセンターに対しスカイツリーへの放送局の無線設備の設置に向けた変更許可が認められる。
・2月17日 北十間川越しに見えたタワー正面の地上から立ち上がる支柱部分が鉄骨で遮られ始める。
・2月28日 高さ600mを超える予定であったが降雨と軽風ないし軟風の天気で翌日以降に持ち越した。
・3月1日 ゲイン塔のリフトアップが行われ、13時7分に600mに到達。さらに13時29分には高さ601mに到達し、広州塔を抜いて自立式電波塔として世界一の高さとなる。同日中に、604mまで到達した。
・3月12日 625mに到達。前日の東北地方太平洋沖地震によって東京タワーのアンテナが曲がる被害が発生したため、急遽スカイツリーも損傷を受けていないか点検。3月14日に作業員全員の無事と塔構造体への被害がなかったことを確認したと発表した。後日内部に亀裂があったことが判明という報道があったものの全くの誤報であることがわかり、これを報じた日刊ゲンダイは4月22日の紙面で「取り消し」と「謝罪」をした。
・3月18日 13時34分 完成時の高さ634mに到達。
・5月23日 2010年7月2日以来4基体制となっていたクレーンの順次撤去開始。
・6月7日 東京スカイツリータウンの開業日と展望台入場料金などを発表。
・9月15日 ジャパン・モバイルキャスティングに対し、携帯端末向けマルチメディア放送墨田局の予備免許が交付される。
・12月 この頃までに放送事業者による無線設備の取り付け工事が完了し、1年間の試験電波期間に入る予定。FM放送も同時に試験電波期間に入るが、テレビ放送よりは短くなる予定。
2012年
・2月末 竣工予定。
・春頃 携帯端末向けマルチメディア放送「モバキャス」放送開始予定。
・5月22日 開業予定。同時に東武伊勢崎線業平橋駅を「とうきょうスカイツリー駅」に改称予定。
・秋頃 TOKYO MXの物理チャンネル切り替え措置のため東京タワーとのサイマル放送を開始予定。
・FM放送のスカイツリーからの本放送開始予定。
2013年
・1月頃 テレビ放送のスカイツリーからの本放送開始予定。
・3月頃 TOKYO MXの放送をスカイツリーに一本化予定。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2011/10/25現在

スカイツリー 記念ポストカードの買取の注意事項

■スカイツリー 記念ポストカードの各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびスカイツリー 記念ポストカードの各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■スカイツリー 記念ポストカードの各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はスカイツリー 記念ポストカードの各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のスカイツリー 記念ポストカードの各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ