スタジオアリス の株主優待券を高価買取します。

スタジオアリス 株主優待券 買取表 画像

株主優待券 - その他 買取価格
スタジオアリス 株主優待券
スタジオアリス (写真撮影券) 詳細はこちら

スタジオアリス 株主優待券 ※参考


スタジオアリス 撮影券 画像

(2011年5月30日現在のデザイン)


 

スタジオアリス

株式会社スタジオアリスは、写真館チェーンを運営する日本の企業である。本社は大阪府大阪市北区。

日本の全都道府県に「こども写真城スタジオアリス」を合計382店舗(フランチャイズの14店舗含む)展開する、子供専門写真館の最大手企業である。 日本国外にも進出しており、韓国に6店舗、台湾に1店舗、中国に2店舗を出店している。 また、ペット専門写真館「ペット写真城スタジオわんわんアリス」を日本で1店舗運営している(以上、店舗数は2009年12月時点のもの)。


特徴

かつてはDPE店をチェーン展開する企業であったが、1992年に子供専門写真館の1号店をオープン。 1994年に日本トイザらスと提携してからは本格的に同業態でチェーン展開し、規模を拡大していった。

従来の一般的な写真館とは異なり、気軽に利用できるよう数々の工夫が施されている。 例えば、出店場所として大型商業施設内を多く選んでおり、店舗デザインは、外から店内の様子が見える明るいものとしている。 撮影スタッフは女性を中心とし、時には子供の緊張をほぐすためにぬいぐるみを使って話し掛けることもある。 独特の料金システムも導入しており、各店に500着ずつ用意されている貸衣装は着付やヘアメイクも含めて無料、撮影料金は何カット撮っても定額である。 プリント料金は別途必要だが、撮った画像をモニター画面で見て、気に入ったカットのみをプリント注文できるようになっている。 このため客は、普段着で来店し、料金を気にすることなく複数の貸衣装を次々と着用し、様々なポーズで撮影することができる。 両親、両祖父母の財布、いわゆる「6つの財布(シックスポケット)」から巧みな営業話術で利益を上げ成長していた。

しかし、このような子供写真館はきわめてユニークな存在であったが、近年では競合する子供専門写真館やまた旧来の営業写真館でも、同社と同等・同様のシステム(料金、無料着付など)を導入する所が激増し、目新しい物では無くなり日本の各地で一般的に見られる業態となった。 ゆえに順調に成長してきた同社も、少子化・他店との競争激化に伴い苦戦、2005年度には既存店の売上が頭打ちとなる傾向がみられた。 経営環境が厳しくなりつつある中、経費削減・効率化の為、同社は2005年5月、写真プリントなどの現像所業務を行う子会社を設立した。 2006年1月にはウェディングドレスメーカーの株式会社マリモを完全子会社化し、撮影用衣装を創らせ、中国にある同社関連会社(上海久華紗服飾有限公司)で海外生産させることとした。同年2月には、繁忙期の要員手配などを目的として人材派遣会社を設立した。 このように、資材、人材などを自社グループ内で調達できる体制を整え、さらなる収益の確保を目指している。 また女性タレントのベッキーのデザインした衣装を揃え、集客を図っている。 2009年3月創業社長である本村昌次が会長職に退き、新社長に元専務の川村廣明が就任している。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2011/5/30現在 Copyleft(c)



スタジオアリス 株主優待券の買取の注意事項

■スタジオアリス 株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびスタジオアリス 株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■スタジオアリス 株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はスタジオアリス 株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のスタジオアリス 株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ