コナミスポーツの株主優待券を高価買取します。

コナミスポーツ株主優待券買取表

株主優待券 - その他 買取価格
コナミスポーツ 株主優待券
コナミスポーツ 詳細はこちら

コナミスポーツ (利用券)


コナミスポーツ株主優待券買取表"

(2011年10月25日現在のデザイン)


 

コナミスポーツ

コナミスポーツは、エグザス(X∀X)ブランドで知られるコナミグループのフィットネスクラブ、スポーツクラブなどを運営する企業。


概説

1973年設立。株式会社ニチイ(後の株式会社マイカルを経てイオンリテールに吸収合併)の健康・スポーツ事業を担当する株式会社ピープルとして、「ピープル」「エグザス」等を展開するなど、マイカルグループの一員であった。しかし、2001年、株式会社マイカルの経営不振(後に経営破綻)により、コナミへ売却され、コナミ傘下のコナミスポーツ株式会社となった。その後もピープルエグザスとして運営されていた店舗もあったが、2009年3月までにコナミスポーツクラブでのフランチャイズ運営となっている。

スポーツクラブ業界一位である。 レスミルズプログラム(以前は BTSJ と呼ばれていた)の日本総代理店である。

コナミと、買収前の旧ピープルとの間では家庭用「ダンスダンスレボリューション」の「ダイエットモード」の監修等の提携関係が存在していた。

また、フィットネスマシンの開発にもコナミがゲーム事業で培った技術が生かされており、IT健康管理システム・e-エグザスを導入している。

最近の傾向として、需要が見込まれる東京圏・大阪圏のような大都市圏にて、大型店舗を積極的に新規出店する一方で、地方都市の店舗や小規模な店舗、設備の老朽化で競争力を失った店舗の整理が進められている。


ブランド

  • ・コナミスポーツクラブ
  • ・エグザス
  • ・グランサイズ(富裕層向け店舗、大手町・青山・大阪のみ)
  • ・運動塾(子供向けスクール、旧ピープル)
  • ・フライツァイト(スパやレストランを併設、エグザスに統合)
  • ・セレ(小規模店舗、エグザスに統合)
  • ・スポーツプレックス(一部を除き、コナミスポーツクラブへブランド統合)

沿革

  • ・1973年3月14日 - 岩手県一関市に株式会社千葉久友の会設立
  • ・1974年 - 第1号店となる「西宮ピープル」(兵庫県西宮市)をニチイ西宮店(→西宮サティ、2005年閉店)に開店。
  • ・1978年2月 - 株式会社ピープルに商号変更
  • ・1978年4月 - ニチイ(後のマイカル)よりスポーツクラブ事業を譲り受ける
  • ・1993年5月 - 永井スポーツセンターよりスポーツクラブ「QUESTO」の営業権を取得
  • ・1993年7月 - 株式を店頭市場(現ジャスダック)に公開
  • ・1994年1月 - サッポロビール(現サッポロホールディングス)との合弁会社ザ・クラブ・アット・エビスガーデン(現・連結子会社)を設立
  • ・1995年7月 - ヤマハスポーツシステムよりスポーツクラブ「ヤマハスポーティングリーン」の営業権を取得
  • ・1996年8月 - セゾングループよりスポーツクラブ「リボン川崎」「リボン浜松」を継承、合計7施設の営業権を取得
  • ・1997年3月 - 岸本興産より「下穂スポーツクラブ」の営業権を取得
  • ・1998年11月 - 東宝の子会社東宝スポーツ企画より「東宝スポーツ倶楽部アクティ」の営業権を取得
  • ・1998年12月 - 高知県住宅供給公社より「アスレチッククラブ高知」の営業権を取得
  • ・1998年(月日不明) - 「ボディパンプジャパン」社を設立、ニュージーランドの「レズミルズ・エアロビクスインターナショナル」社のプログラム「ボディパンプ」の日本総代理店となる(後に「レスミルズジャパン」として、ボディトレーニングシステムの日本総代理店となり、現在に至る)。
  • ・1999年2月 - 東京証券取引所第二部に株式を上場
  • ・1999年3月 - ガーデンホテルズよりスポーツクラブ「サンガーデン堂島ガーデンクラブ」の営業権を取得
  • ・2000年2月 - 東京証券取引所第一部に株式を上場
  • ・2001年2月 - 当時の筆頭株主のマイカルが株式の売却を決定。コナミ株式会社の株式公開買い付け(TOB)により、コナミの子会社となる
  • ・2001年6月 - 株式会社ピープルよりコナミスポーツ株式会社へ商号変更、日産自動車よりコナミスポーツプラザ(旧社名日産スポーツプラザ)の全株式を取得し、子会社化
  • ・2001年8月 - 東京生命保険の子会社東生スポーツ倶楽部よりスカイアクロスの営業権を取得(現「グランサイズ大手町」)
  • ・2002年2月 - ダイエーよりコナミオリンピックスポーツクラブ(旧社名ダイエーオリンピックスポーツクラブ)を子会社化。住友金属工業の子会社住金スポーツより「アクティス」尼崎・新大阪の営業権を取得
  • ・2002年3月 - NTT西日本の子会社ハロースポーツプラザよりスポーツクラブ5施設の営業権を取得
  • ・2002年10月 - コナミオリンピックスポーツクラブを吸収合併
  • ・2002年11月 - 旧青山倶楽部より「青山倶楽部」の営業権を取得(現「グランサイズ青山」)
  • ・2003年1月 - コナミスポーツプラザを吸収合併、コナミの100%子会社コナミスポーツライフ(旧社名株式会社ナプス、旧ピープルの子会社で、買収の際にコナミの直接保有となっていた)がコナミ保有の全コナミスポーツ株式を取得し、コナミスポーツの筆頭株主になる
  • ・2003年3月 - 日本生命保険の子会社コナミ・アスレティックス(旧社名ニッセイ・アスレティックス)の全株式を取得し、子会社化
  • ・2003年5月 - コナミ・アスレティックスを吸収合併
  • ・2003年7月 - 阪急電鉄及び子会社のオキシーよりスポーツクラブ5施設の営業権を取得
  • ・2005年1月 - 第1号店の「コナミスポーツクラブ西宮」(←エグザス西宮←西宮ピープル)、再開発事業に伴い閉店(西宮アネックスに移転)、翌年に本店西宮をオープン。
  • ・2006年3月31日 - コナミの持ち株会社制に移行に伴い、コナミスポーツを存続会社としてコナミスポーツライフを吸収合併し、コナミとの株式交換を実施。これによりコナミの完全子会社となった。同時に商号を「株式会社コナミスポーツ&ライフ」に変更。
  • ・2006年4月 - 日本管財とともに東京辰巳国際水泳場の指定管理者となる。
  • ・2007年4月16日 - コナミ、コナミデジタルエンタテインメントとともに、東京都港区赤坂の東京ミッドタウンに移転。
  • ・2008年4月1日 - コナミが所有するスポーツプレックス・ジャパン株式会社、コンビウェルネス株式会社の株式を譲り受け、連結子会社とした。
  • ・2008年6月30日 - スポーツプレックス・ジャパンを吸収合併。
  • ・2011年5月4日 - JR大阪駅の再開発事業に合わせて、新築された大阪ステーションシティのノースゲートビルディング12~13階(入口は11階)へ「グランサイズ大阪支店」を出店。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2011/10/24現在

コナミスポーツ株主優待券の買取の注意事項

■コナミスポーツ株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびコナミスポーツ株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいたコナミスポーツ株主優待券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のコナミスポーツ株主優待券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■コナミスポーツ株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はコナミスポーツ株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のコナミスポーツ 株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ