白洋舎 の株主優待券を高価買取します。

白洋舎 株主優待券 買取表 画像

株主優待券 - その他 買取価格
白洋舎 株主優待券
白洋舎 (無料券) 詳細はこちら
白洋舎 (30%割引券) 詳細はこちら

白洋舎 株主優待券 ※参考


白洋舎 株主優待券 画像

(2011年5月30日現在のデザイン)


白洋舎

株式会社白洋舍(はくようしゃ)は、日本のクリーニング業界最大手の老舗クリーニングチェーンである。本社は東京都渋谷区神山町4番14号。


沿革

  • 1906年3月 - 五十嵐健治が日本橋にて洗濯店「白洋舍」を創業。
  • 1907年7月 - ドライクリーニングを日本で初めて成功する。
  • 1920年5月 - 組織変更し、白洋舍クリーニング株式会社と名称変更。
  • 1937年12月 - 株式会社白洋舍に社名変更。
  • 1949年5月 - 東京証券取引所へ株式を上場(コード9731)。

社名の由来と三越との関係

白洋舍の創業者の五十嵐健治の半生は三浦綾子の「夕あり朝あり」に記されている。 彼は最初、北海道の開拓団に加わるが、うまく行かず、自殺を考えながら小樽の町をさまよっていた際、夜の明かりに引かれてキリスト教会に導かれ、自殺を思い留まった。 19歳のときに五十嵐は洗礼を受け、クリスチャンとなる。その際信仰の先輩の会社を参考にしたとされる。

五十嵐が白洋舍を創業する前は職を転々とし、その中で洗濯屋とも出会う。 のちに廣瀬商会を設立する廣瀬太次郎の紹介で現在の三越に在籍。 10年間働き29歳の誕生日に独立。当時の三越の専務、日比翁助の許可をもらう。 役員や三井グループなどの取引先を紹介してもらう。 また三越から松坂屋に役員が移った関係で最初の支店を名古屋に出すことになる。 そのため松坂屋の本店に白洋舍の取次店が今でも存在する。 また松坂屋と白洋舍はユニフォームレンタルの企業である栄リネンサプライに出資している。 また白洋舍の社外取締役に松坂屋の社長が名を連ねている。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編

2011/5/30現在 Copyleft(c)



白洋舎 株主優待券の買取の注意事項

■白洋舎 株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および白洋舎 株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■白洋舎 株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は白洋舎 株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の白洋舎 株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ