au の株主優待券を高価買取します。

au 株主優待券 買取表 画像

株主優待券 - その他 買取価格
au 株主優待券
au (5,000円券) 詳細はこちら
au (8,000円券) 詳細はこちら
au (10,000円券) 詳細はこちら
au (13,000円~券) 詳細はこちら

au 株主優待券 ※参考


au 株主優待券 画像

(2014年10月24日現在のデザイン)


au

au(エーユー)は、KDDIおよび沖縄セルラー電話のサービスブランド名で、携帯電話を含む移動体通信事業、ならびにKDDIの提供するコンシューマー(個人)向け・ビジネスソリューション(法人)向けITサービス事業を行っている。
また、株式会社 エーユーは2000年11月1日から2001年9月30日まで沖縄県を除く旧DDIセルラー地域で同事業を行っていた企業である)。


auの概要

携帯電話契約数が約4,052万契約で、国内の携帯電話市場(PHSを含む)における市場占有率は2位(2014年3月末現在)。
カメラ付き端末やカラー液晶、シェルタイプ(折りたたみ式等)機種の導入の遅れ、iモードの爆発的ヒットから、NTTドコモやJ-PHONE(現・ソフトバンクモバイル)に新規契約数で大きく差をつけられ市場占有率は一時期(2002年3月末)3位となった。
その後は、他社の3Gエリア展開の遅れや、ボーダフォン(現・ソフトバンクモバイル)の世界戦略機種(VGSシリーズ)投入の失敗もあり、auブランドでの契約数を伸ばし、ガク割やダブル定額での料金戦略やEZ「着うた」、EZ「着うたフル」などのヒットで、年間ベースでのKDDIの純増数は2004年以降4年連続で1位を記録していたが、2007年1月に発表されたソフトバンクモバイルのホワイトプランの人気に押され、2007年5月以降は12か月連続でKDDIは会社別純増数2位となり、年度別でも2007年度は1位の座をソフトバンクモバイルに渡した。また2008年4月には、ツーカーの停波による減少をauブランドの純増分で補うことはできず、KDDIとして初の純減を記録した。
PHSのウィルコムを除く月別の純増数でも4位であった同年7月には、MNP始まって以来初の転出超過に陥った。それ以後はPHSのウィルコムおよびモバイルWiMAXのUQコミュニケーションズを除き、月別の純増数においてもごく一部の月を除き、依然としてほぼ最下位の状態が続いていた。更に2010年7月には同キャリア向けスマートフォン(ISシリーズ)の導入の遅れやソフトバンクモバイル向けのiPhoneシリーズ、NTTドコモ向けのXperiaシリーズなどに代表される一連の各種スマートフォンの絶大的な人気などが影響し、過去最多となるマイナス4万2700のMNP転出超過数を記録したものの、2011年10月には販売のメインストリーム(主力)をスマートフォンに切り替えた事、ならびに同キャリアとしては初の試みとなるiPhone(4S以降より)の投入などが功を奏し、プラス196,900件と2010年3月以来となる大幅純増に再び転じ、更にMNPでもプラス68,700件の転入超過数を記録し2009年8月以来となるMNPの首位に返り咲いており、2年以上に渡りMNPポートイン(転入)の首位の座を維持している。
なおTCAは、2005年10月から2008年4月まではツーカーの契約者数もKDDI(沖縄セルラー電話を含む)の数値として合算して発表していたため、2007年5月から8月の4か月間はauブランドとしての純増数は首位であったが、9月にはブランド別でも2位に転落した。しかし、10月度は首位へと返り咲いたものの、11月度 - 2008年1月度に大きく転落しソフトバンクとの差が大きく広がる一方で、一時はドコモとの接戦状態になったが2008年2月度 - 3月度では再び純増数がある程度持ち直してきていた。ただし、プリペイド端末(CDMAぷりペイド)を無料で大量に契約させていたことに関して、一部報道機関が指摘し、総務省が対応を検討していた。


名称の由来

auブランドを開発した株式会社ジザイズ (ZYXYZ) によると、携帯電話を介し、様々な人やモノとの出会いが生まれ、その出会いを通じて全ての価値が集い合う世界の実現を「『会う』に始まり、『合う』に行き着く」という意味合いから「au」の2文字でシンプルに表現したと説明。
一方でauによると、Access, Always, AmenityなどのAと、Unique, Universal, UserなどのUで構成されていると説明している。また、「access to u (you) 」という意味も込められている。


auの沿革

auの前身は日本移動通信(IDO、イドー)とDDIセルラー系地域会社。この両グループで自動車電話、携帯電話事業を展開してきた。IDOが関東・東海/甲信地方を担当し、これ以外の地方(北海道・東北・北陸・近畿・中国・四国・九州・沖縄)をDDIセルラーグループが担当していた。両社は主な出資企業が異なるが、ローミングなどの関係から、一般には単一グループとして認知されていた。
日本の移動体通信分野において強大なシェアを誇るNTTドコモグループに対抗するため、2000年7月に両グループのブランドを「au」(エーユー)に一本化後、同年10月にDDI、KDD、IDOの3社が合併して「KDDI」発足。
この時点で残ったDDIセルラー系地域会社については関西セルラー電話を存続会社として、沖縄以外は同年11月「株式会社エーユー (au) 」(本社は大阪府大阪市) として統合一本化(合併)された。
沖縄県を管轄する沖縄セルラー電話は、地元出資企業への配慮および単独でジャスダックに上場している事から現在も別会社のまま存在する。
セルラー地域会社やIDOのシステムは別々に構築されてきたため、沖縄を除いても完全なシステム統合がされたのは2002年頃、沖縄は一部業務・サービスで未だ統合されていない。
「株式会社 エーユー」は、翌2001年10月、KDDI本体に吸収合併され、現在は主に同社の移動体通信事業のブランド名となっている。そのためブランドネームも「au by KDDI」(2000年10月1日から[10]2012年1月15日まで)となっており、これに伴いコーポレートイメージカラーも赤(auレッド)から橙(auオレンジ)に変更され今日に至っている。


auの販売店

auにおいてはショップ店として以下の4形態が存在する。


auショップ(エーユーショップ)

auの通常形態のショップ店。全国に約3,000店舗展開している。
au携帯電話の販売、故障修理受付、利用料金支払い、付属品販売、解約、契約内容変更などau携帯電話に関するサービスや、KDDIが提供する固定通信サービス(auおうち電話、auひかり、au one net等)の受付、ウェブマネーストアーカードの販売・チャージも行っている。
KDDIの直営4店舗を除き、KDDIおよび沖縄セルラー電話と直接契約した一次代理店会社(主にティーガイア・TDモバイル・ITX・コネクシオなどの商社系)や、一次代理店と契約した二次代理店会社が各auショップを運営している。
auショップは小規模な店舗が多く見られていたが、ドコモショップやソフトバンク店に対抗すべく大型店舗の出店も行われている。
auブランド発足以前は「IDOプラザ」(関東中部)、「セルラースポット」(関東中部以外)などの名称で営業展開されていた。ツーカーがKDDIに吸収合併されてからは、ツーカーのauへの契約変更サービスを行うことに伴い「ツーカーショップでありながらau端末を併売する」などの過渡期を経て、ツーカーショップからauショップに転換した店舗もある。
KDDIの直営店は2014年現在、KDDI デザイニングスタジオ・au NAGOYA・au OSAKA・au FUKUOKAがある。これらはNTTドコモのドコモスマートフォンラウンジと同じく通信キャリアによるショールームの役割を担っているが、auショップとして各種手続きの受付にも対応している。

PiPit(ピピット)

PiPitはトヨタ自動車が一次代理店となり、全国各地のトヨタ販売会社が二次代理店として運営しているショップ店。
auショップ同等に修理や諸手続の受付に対応しているが、KDDI側では店舗情報について積極的に案内を行っておらず、PiPitを統括するトヨタ自動車も店舗情報を含めたポータルサイトを閉鎖したため、各地域のトヨタ販売会社の公式サイトやチラシなどローカル広告でしか周知されていない。
KDDI発足時にDDIポケット(現:ワイモバイル)の販売を開始したことから現在も一部店舗でウィルコムの取扱いを継続している。PiPitではなく、auショップを別途運営するトヨタ販売会社やトヨタグループ会社もある。

auプレイス(エーユープレイス)

auプレイスはauショップよりも取扱サービスが限定された形態のショップ店。
2000年代中盤以降はauショップへの転換や閉店等で減少したが、NTTドコモグループのドコモスポット等と同等の店舗であった。主に旧DDIセルラー地域に多く見られた。

auスクエア(エーユースクエア)

auスクエアはauショップ同様、au携帯電話を専門に取り扱うショップ店。
家電量販店や大型ショッピングモールなどの一角にau携帯電話の販売を行う代理店会社が出店と運営を行っているのが特徴。au携帯電話サービスの解約と一時休止以外、ほぼauショップと同等の手続きが行えるが、KDDI側では店舗情報について積極的に案内を行っていない。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014年10月24日現在 Copyleft(c)


らくちん!!検索方法


au 株主優待券の買取の注意事項

■au 株主優待券の買取価格は弊社保有在庫枚数および au 株主優待券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた au 株主優待券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の au 株主優待券をお売りいただける場合、au 株主優待券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■au 株主優待券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れ、使用済み、又は使用できないau 株主優待券は買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケットにおいて、店頭買取は au 株主優待券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケットでは、店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ