小田急(小田急電鉄)の株主優待券(乗車証・定期・冊子)を高価買取します。

小田急電鉄 株主優待券 買取価格表 画像

小田急株主優待乗車証 ※参考

小田急電鉄 株主優待券 乗車証 画像

(2011年4月12日現在のデザイン)


小田急株主優待定期 ※参考

小田急電鉄 株主優待券 定期 画像

(2011年4月12日現在のデザイン)


小田急電鉄株主優待券 冊子 ※参考

小田急電鉄 株主優待券 冊子 画像

(2011年4月12日現在のデザイン)


小田急電鉄

小田急電鉄株式会社(おだきゅうでんてつ、英語: Odakyu Electric Railway Co., Ltd.、OER)は、東京都・神奈川県に路線を有する大手私鉄。小田急グループ108社(2005年10月1日現在)の中核企業。小田急の略称で呼ばれている。創業時の旧名称は小田原急行鉄道。
小田急ポイントサービスの加盟事業者。また関東の私鉄・地下鉄22社局による共通乗車カードシステム「パスネット」に加盟していた。
キャッチコピーは「きょう、ロマンスカーで。」・「新しいマークで、小田急は次へ。」・「小田急は、次へ。」であり、2007年の小田原線開業80周年に際しては、「ありがとうを次のよろこびへ」。


現有路線

小田原線

小田原線は、東京都新宿区の新宿駅から神奈川県小田原市の小田原駅までを結ぶ路線である。1927年4月1日に全線開通した。
東京圏の通勤路線としての性格と、有料特急ロマンスカーをはじめとする小田原・箱根方面への観光輸送の両面を持つ。
東京都区部を通る区間を中心にラッシュ時は混雑する。そのため、代々木上原駅から登戸駅 - 和泉多摩川駅間の地点との間は輸送力増強のため複々線化事業が行われており、2008年9月までに代々木上原 - 梅ヶ丘駅を除く区間が完成している。
若者の街として著名な下北沢、沿線有数の高級住宅街を擁する成城、大規模な住宅地および新宿に次ぐ大規模繁華街を擁する町田、江ノ島線との交点であり運行の要所である相模大野、ベッドタウンの海老名市、県央地域最大の都市である厚木市や、海に面する歴史に満ちた城下町小田原を結ぶ、小田急を代表する路線である。
東京メトロ千代田線と相互直通運転を行っていて、小田急の車両は代々木上原駅から東京メトロ綾瀬駅まで乗り入れる。なお、東京メトロの車両は東日本旅客鉄道(JR東日本)取手駅方面から千代田線、小田原線を経て多摩線唐木田駅へ通し運転されるものもある。
また、小田原駅から箱根登山鉄道箱根湯本駅まで特急ロマンスカー、急行列車及び一部の各駅停車が乗り入れているが、2008年3月15日のダイヤ改正以降は急行・準急列車は箱根登山鉄道へ乗り入れず、特急ロマンスカーと一部の各駅停車のみの乗り入れとなる。
特急「あさぎり」は新松田駅 - 松田駅間の連絡線(新松田駅の少し渋沢駅寄りにある)を経由して東海旅客鉄道(JR東海)御殿場線沼津駅まで両社相互に直通運転を行っている。なお、関東地方では唯一営業路線が、JR2社(JR東日本・JR東海)の在来線管内を直接結んでいる(JR東日本新宿駅、小田原駅等とJR東海松田駅)。


江ノ島線

江ノ島線は、神奈川県相模原市の相模大野駅から神奈川県藤沢市の片瀬江ノ島駅間を結ぶ路線である。正確には相模大野駅から小田原駅方の地点に小田原線との分岐点「相模大野分岐点」があり、ここは運賃計算に反映されている。小田原線が開業して2年後の1929年4月1日に全線開通した。小田原線新宿駅・町田駅などから直通列車が運行されており、新宿駅から快速急行が日中、毎時2本ほど運行されている。


多摩線

多摩線は、神奈川県川崎市の新百合ヶ丘駅と東京都多摩市の唐木田駅を結ぶ路線である。東京メトロ千代田線と併せて東京都の都市計画9号線を実現する。多摩ニュータウンへの連絡鉄道として建設された経緯がある。途中の小田急多摩センター駅まで開業した当時、そこより先を橋本駅まで京王相模原線と併走する計画であったが、京王相模原線と競合する事や単純に旅客需要が見込めないことから取り下げ、唐木田駅を開業させ、併せて喜多見検車区唐木田出張所(唐木田車庫)を開設した。今後は横浜線相模原駅や相模線上溝駅方面への延長も計画されており、相模原駅延伸への前提となる米軍相模総合補給廠の一部返還が事実上内定したことから実現されるかどうか注目されている。開業当初から2002年までは線内折り返しがほとんどだったが、現在は区間準急と千代田線・常磐線直通の多摩急行がそれぞれ日中に毎時2本運転されている。また、この他に線内折り返しの各停が毎時4本運転されており、同線では区間準急(線内各駅停車)と共に最低でも毎時6本が確保されている。急行と多摩急行は多摩線内では栗平駅、小田急永山駅、小田急多摩センター駅、唐木田駅に停車する。なお、平日朝には唐木田から線内折り返し及び千代田線・常磐線直通の急行が、また夜間には新宿・北千住 - 唐木田間のロマンスカーホームウェイ・メトロホームウェイなども見られる(平日:3本、休日:2本)。


その他の営業線

JR御殿場線へ直通運転するために、小田原線新松田駅付近から御殿場線松田駅へ向かう連絡線(通称・松田連絡線)が存在する。定期列車では特急「あさぎり」のみ使用する単線で、これも小田急の営業路線である。車両メーカーからの新車搬入(甲種輸送)の際にもこの連絡線が使用される(かつては小田原駅で行っていた)。なお、小田急の新車搬入や改造等の車両メーカーへの搬出、などはJR東海の御殿場線を経由するが、甲種鉄道車両輸送としてJR貨物が機関車、運転士共に担当する。また、連絡線は小田急電鉄に属するため、JR貨物の運転士の運転は、松田駅到着までであり、松田駅で小田急の運転士に交代する。列車は、そのまま連絡線を運転し新松田駅まで入換え運転をおこない、機関車を切り離し単機で松田駅に戻る。小田急の運転士はこの連絡線運転のため、JR貨物で電気機関車EF65の訓練を受けている。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2011年4月12日現在 Copyleft(c)


らくちん!!検索方法


小田急(小田急電鉄)株主優待券の買取の注意事項

■小田急(小田急電鉄)株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および小田急(小田急電鉄)株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■小田急(小田急電鉄)株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は小田急(小田急電鉄)株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の小田急(小田急電鉄)株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。


ページトップへ