スバル座 の株主優待券を高価買取します。

スバル座 株主優待券 買取表 画像

株主優待券 - 映画 買取価格
スバル座 株主優待券
スバル座 1枚 詳細はこちら

スバル座 株主優待券 ※参考


スバル座 株主優待券 画像

(2012/12/17現在)


会社概要


有楽町スバル座(ゆうらくちょうすばるざ)は東京都千代田区有楽町ビルでスバル興業が経営している映画館である。


沿革


1946年12月31日:「本邦初のロードショー劇場」として開館。こけら落としは『アメリカ交響楽』。
1953年9月6日:火災により焼失(スバル座火災)。
1966年4月:有楽町ビル2階に再開館。
1995年:開館50年記念作品として11月18日に『バッドボーイズ』、12月16日に『デスペラード』が封切られる。
2003年:チャールズ・チャップリン映画生活90年記念として『Love Chaplin!~チャップリン映画祭~』が5月31日から8月8日まで開催される。
2005年:ニュー東宝シネマが「有楽座」(現:TOHOシネマズ有楽座)に改称するのに伴い、同館のチェーンマスターの機能を引き継ぐ。
2008年:この頃から松竹・東急系作品も上映する等、番組編成がフリーとなる。
2011年:開館65周年を記念して『オールタイム ベストムービー イン スバル座 メモリアル65TH』と題した名作映画上映会を12月10日から2012年1月20日まで行う。


特徴


シャンテ シネ(現:TOHOシネマズシャンテ)開業前は「ブリキの太鼓」「ミツバチのささやき」など大人向けの文芸作品やアート系が強い映画館として知られていた。2005年4月にニュー東宝シネマ閉鎖後のチェーンマスターの機能を引き継ぎ、それ以降も洋画を上映していたが、2008年秋頃から東宝系に限らず、松竹・東急系の作品(「ティンカー・ベル」「ハイスクール・ミュージカル ザ・ムービー」など)や邦画 も上映している。
座席数は272席(うち車椅子席2)。
かつてはスヌーピーの映画館としても知られていた。(東京地区独占上映のため)



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2012/12/17現在

らくちん!!検索方法


スバル座 株主優待券の買取の注意事項

■スバル座 株主優待券の買取価格は弊社保有在庫枚数およびスバル座 株主優待券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいたスバル座 株主優待券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のスバル座 株主優待券をお売りいただける場合はスバル座 株主優待券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■スバル座 株主優待券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れ、使用済み、又は使用できないスバル座 株主優待券は買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケットにおいて、店頭買取はスバル座 株主優待券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケットでは、店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ