新宿武蔵野館 の株主優待券を高価買取します。

新宿武蔵野館 株主優待券 買取表 画像

株主優待券 - 映画 買取価格
新宿武蔵野館 株主優待券
新宿武蔵野館 1枚 詳細はこちら

新宿武蔵野館 株主優待券 ※参考


新宿武蔵野館 株主優待券 画像

(2012/12/17現在)


会社概要


新宿武蔵野館(しんじゅくむさしのかん)は、東京都新宿区の映画館。新宿武蔵野館1・2・3の3館がある。武蔵野興業が経営。住所は、新宿三丁目27番地10号 武蔵野ビル3階。かつては同ビル7階が新宿武蔵野館で、3階はミニシアターのシネマ・カリテ1・2・3だった。


概要・略歴


新宿の商店街有志の尽力により「武蔵野館」が発足したのは1920年6月30日。地上3階建て、座席数600席ほどの映画館としてスタートした。オープン当日のプログラムは、細山喜代松監督の日本映画『短夜物語』とデル・ヘンダースン監督のアメリカ映画『嫉妬に燃える眼』が上映された。
1928年12月、武蔵野館は新宿三丁目に移転し、1,500席の洋画ロードショー館に転向。1929年5月にはトーキー作品を初めて上映した。
1968年12月、武蔵野ビルを改装し、7階に500席(後に334席に減少)の映画館「新宿武蔵野館」として再オープン。東宝洋画系作品のロードショー館(特にみゆき座で上映される作品が多かった)として営業を続ける。
1994年10月4日、武蔵野ビル3階にミニシアター「シネマ・カリテ1・2・3」(各84席)がオープン。
2000年4月、「シネマ・カリテ3」が拡張工事により133席になり、「シネマ・カリテ1」に変更(同時にそれまでの「1」が「3」に改称)。同時に3階ロビーなども改装。
2002年1月1日、7階の「新宿武蔵野館」を「新宿武蔵野館1」に、3階の「シネマ・カリテ1・2・3」を「新宿武蔵野館2・3・4」に改称。同時に3階ロビーなども改装。
2003年9月30日、7階にあった「新宿武蔵野館1」が閉館。それに伴い、3階の「新宿武蔵野館2・3・4」を「新宿武蔵野館1・2・3」に改称し、現在の3館体制となる。それ以降はみゆき座やシャンテ・シネ(現:TOHOシネマズシャンテ)、シネスイッチ銀座などで上映されるアート系の作品に加え、B級ものの邦画・洋画もレイトショー興行するなど、幅広いジャンルの作品を世に送り出している。
2012年1月、シアター1と2にデジタル上映設備、シアター3にブルーレイ上映設備を新設。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2012/12/17現在

らくちん!!検索方法


新宿武蔵野館 株主優待券の買取の注意事項

■新宿武蔵野館 株主優待券の買取価格は弊社保有在庫枚数および新宿武蔵野館 株主優待券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた新宿武蔵野館 株主優待券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の新宿武蔵野館 株主優待券をお売りいただける場合は新宿武蔵野館 株主優待券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■新宿武蔵野館 株主優待券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れ、使用済みの、又は使用できない新宿武蔵野館 株主優待券は買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケットにおいて、店頭買取は新宿武蔵野館 株主優待券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケットでは、店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ