名鉄(名古屋鉄道)の株主優待券(乗車証・定期・冊子)を高価買取します。

名古屋鉄道 株主優待券 買取価格表

株主優待券 - 鉄道 買取価格
名古屋鉄道 株主優待券 全線乗車証
名古屋鉄道 詳細はこちら
名古屋鉄道 株主優待券 定期型(電車バス) (有効期限90日以上)
名古屋鉄道 電車バス全線パス 詳細はこちら
名古屋鉄道 株主優待券 冊子 (有効期限90日以上)
名古屋鉄道(未使用品) 詳細はこちら

名古屋鉄道 株主優待乗車証 ※参考

名古屋鉄道 株主優待券 乗車証 画像

(2011年4月12日現在のデザイン)


名古屋鉄道 株主優待 定期 ※参考

名古屋鉄道 株主優待券 定期 画像

(2011年4月12日現在のデザイン)


名古屋鉄道 株主優待券 冊子 ※参考

名古屋鉄道 株主優待券 冊子 画像

(2011年4月12日現在のデザイン)


名古屋鉄道

名古屋鉄道株式会社(なごやてつどう、英称:Nagoya Railroad Co., Ltd.)とは、愛知県・岐阜県を基盤とする大手私鉄である。通称、名鉄(めいてつ、英称:Meitetsu)。
本業の鉄道業では、この両県に総営業距離では近鉄・東武に次いで日本の私鉄第3位(駅数では近鉄に次いで第2位)の444.2kmにおよぶ路線網を擁する。
本社は愛知県名古屋市中村区名駅一丁目2番4号、近鉄名古屋駅に隣接する名鉄名古屋駅上に設けた名鉄バスターミナルビル(名鉄百貨店本店メンズ館ビル)内に置いている。
2010年3月31日時点での年間輸送人数は338,155,000人、駅数は275駅、旅客車両数は1,090両である。


路線

1894年(明治27年)の創業時は市内路線の敷設に注力していたが、1912年(大正元年)に郊外路線へ進出後は主に尾張地方北部に路線を伸ばしていった。その後、市内路線を名古屋市へ譲渡するため1921年(大正10年)に郊外路線のみを独立(旧名古屋鉄道設立)させ、1930年(昭和5年)には美濃電気軌道を合併(名岐鉄道へ改称)して岐阜県南部へ進出し、1935年(昭和10年)には尾張地方南部・三河地方に路線を伸ばしていた愛知電気鉄道と合併(名古屋鉄道へ再び改称)し、第二次世界大戦中には愛知・岐阜県内の中小鉄道を合併(吸収)して現在の路線網が完成した。
愛知県の郊外鉄道の中では、名鉄が最もきめ細かい路線網であり、このうち、一部路線の列車が、名古屋市営地下鉄(鶴舞線・上飯田線)と相互直通運転を行っている。
名鉄の総営業キロ数は、鉄道線437.0km、軌道線7.2kmの合計444.2kmにおよぶ(2008年12月28日現在)。2000年以降の600V線区を始めとする相次ぐ赤字路線廃止が始まるまで、名鉄は日本の民鉄の中で営業距離は近鉄に次ぐ2位、駅数は1位(JR四国をも上回り、JR各社を含めても日本全国第6位)であったが、2005年4月以降は営業距離では近鉄・東武に続く3位、駅数では近鉄に次ぐ2位となっている。
名鉄は路線全体に占める無人駅や小規模な駅の比率が、他の大都市圏の鉄道と比べて大変多い。路線1キロあたりの利用客や収入に関する比率も、大手私鉄の中では最下位である。これは、名古屋都市圏が他都市圏に比べて自家用車の所有率が非常に高く、道路網が卓越しているためモータリゼーションが特に進んだ地域であることが原因と言える。このため、1950年頃から輸送効率の向上を目指して合理化を進め、また運賃の確実な収受と駅業務の合理化(人員削減)を両立するために2003年から駅集中管理システムを、また乗車券確認システムを2005年6月29日から小牧線に、2006年4月29日から名古屋本線はじめ主要9線区に導入し、一部区間を除く全線に順次導入を進めている。


路線網配置

名鉄の路線網の特徴は、名古屋を中心に岐阜方面・豊橋方面双方に支線が広がっていることである。多くの支線を持つ鉄道会社は他にもあるが、大都市圏の中核都市を貫通して両方向(名古屋の南北)に路線網を広げる会社は名鉄以外には見られない。これを「2つの扇を広げた」路線網と称することもある。このため、支線から名古屋市内へ直通する列車の多くは名古屋市内を通過した後に反対側の支線に入るという運行形態をとり、中核駅(ターミナル)の名鉄名古屋始発・終着となる列車は東西直通運転を始めた1948年以降、伝統的に多くは設定されていない。
営業運転上は名古屋駅止まりであっても、名古屋駅で折り返しを行う列車は皆無であり、回送を含めたダイヤ上では全ての列車が進行方向を変えずに運行している。
この運行形態は、名鉄名古屋駅を通過する乗客には乗り換える必要がなく、3面2線の駅構造で最大限の列車本数を設定できるメリットがある反面、行先が多方面に亘ってダイヤが複雑化したり、各支線の列車が集まる金山 - 枇杷島分岐点間は複線のままであるため、日中時間帯も過密ダイヤとなる等の短所も抱える。また、ある路線が事故などでダイヤが乱れると間を置かずに他の路線へも波及したり、運転を見合わせる区間が広範囲に及ぶ弊害もある。
1990年に行った神宮前 - 金山間の複々線化により、名古屋市内の第2ターミナルとして金山駅を整備し、金山駅止まりで名鉄名古屋へ向かわない列車も徐々に増加している。また、近年では全体的な乗客の減少(他の輸送手段への転移)が影響して、名古屋本線から支線へ直通する列車は最盛期に比べると減少しており、特に名鉄名古屋以西の輸送力に過剰感が出ているため、名古屋駅以東へ向かう始発・終着列車が増加する傾向にある。
多くの路線を持つ鉄道会社では、路線の正式名称と運転区間が必ずしも一致せず、一つの路線が複数の運転区間に分かれていたり、複数の路線が一体的に運用されるケースがある。名鉄もこれに該当し、例えば尾西線においては3つの運転区間に分かれているのに対し、犬山線・各務原線や、常滑線・空港線などはほぼ一体的に運用されている。また、西尾線など現在は一つの路線でも2つ以上の会社が全く別に建設した路線もある。
なお、瀬戸線は名鉄他線とは接続がない孤立路線であると同時に名鉄で唯一栄地区に乗り入れている路線であり、他線とは性格が異なっている。


■名古屋本線(豊橋駅 - 名鉄岐阜駅)


岐阜方面西側の支線

■羽島線(江吉良駅 - 新羽島駅)

■竹鼻線(笠松駅 - 江吉良駅)

■尾西線(弥富駅 - 玉ノ井駅)

■津島線(須ヶ口駅 - 津島駅)


岐阜方面東側の支線

■各務原線(名鉄岐阜駅 - 新鵜沼駅)

■犬山線(枇杷島分岐点 - 新鵜沼駅)

■広見線(犬山駅 - 御嵩駅)

■小牧線(上飯田駅 - 犬山駅)


豊橋方面西側の支線

■築港線(大江駅 - 東名古屋港駅)

■常滑線(神宮前駅 - 常滑駅)

■空港線(常滑駅 - 中部国際空港駅)

■河和線(太田川駅 - 河和駅)

■知多新線(富貴駅 - 内海駅)


豊橋方面東側の支線

■豊田線(赤池駅 - 梅坪駅)

■三河線(猿投駅 - 知立駅 - 碧南駅)

■西尾線(新安城駅 - 吉良吉田駅)

■蒲郡線(吉良吉田駅 - 蒲郡駅)

■豊川線(国府駅 - 豊川稲荷駅)


名鉄他線との接続がない孤立路線

■瀬戸線(栄町駅 - 尾張瀬戸駅)


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2011年4月12日現在 Copyleft(c)


らくちん!!検索方法


名鉄(名古屋鉄道)株主優待券の買取の注意事項

■名鉄(名古屋鉄道)株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および名鉄(名古屋鉄道)株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■名鉄(名古屋鉄道)株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は名鉄(名古屋鉄道)株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の名鉄(名古屋鉄道)株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。


ページトップへ