マクドナルド(マック)の株主優待券を高価買取します。

マクドナルド株主優待券買取表

株主優待券 - 飲食 買取価格
日本マクドナルドHD(マック) 株主優待券
日本マクドナルドHD
(ポテト・ドリンク・バーガーのセット×1枚)
※6枚セットなので、1冊の場合は6枚×買取価格での計算になります。
詳細はこちら

日本マクドナルドHD(マック)株主優待券 ※参考


マクドナルド株主優待券買取表

2011年4月10日現在のデザイン


日本のマクドナルド・名称の由来

McDonald's をマクドナルド(マックドナルド)と発音しても英語圏では通じない。発音を綴ればIPA[mYkdanYldz]、[m{kdO:n@ldz] (マクーナルズ、または、マクーヌルズ(太字はアクセント))になる。しかし、日本マクドナルド初代社長の藤田田が、「『マクダーナルズ』では日本人には発音し辛く馴染まないから、日本語的に3・3の韻になるように」と決めたのと、看板にした時の字面とバランスを考慮した上で「マクドナルド」の現表記となった。

日本における略称・通称・愛称

公式の略称・通称・愛称は設定されていないが、日本の消費者の間では全般に「マック」と「マクド」が用いられている。一部では「マクナル」[要出典]も用いられている。同社は「マック」を使用した商品サービス(「ビッグマック」「マックシェイク」「朝マック」「100円マック」など)を展開しているが、「『マック』でも『マクド』でも、親しみをもって呼んでもらえることに、うれしく思います。どちらが正しいとかはありません」と説明している。

地域性において、「マック」は関東圏を中心に東北・中国・四国・九州など日本全国に広く浸透しており、「マクド」は大阪を中心とする近畿圏に浸透している状態である。Macintoshのような他の「マック」と区別するために「マクド」を用いる業界もある。日本国外ではフランスやフィリピンなどでも「マクド」を用いる。日本国外における名称の詳細については、マクドナルド#名称・略称・通称・愛称を参照。


価格破壊とデフレの勝ち組

1994年(平成6年)、『エブリディ、ロープライス』を宣伝文句に「バリューセット」を開始した。ハンバーガーセットは540円から400円に、ビッグマックセットは790円から600円と大幅に値下げした。その後、1995年(平成7年)にそれまで210円だったハンバーガーの価格を一気に130円に変更。対抗上、これに追随して値下げをするファーストフードチェーンが続出し、価格破壊戦争が起こった。

さらに1995年(平成7年)には為替が$1=80円近辺と急激な円高が発生し、ビーフやポテトなど原料の輸入コストが大幅に値下がり為替差益を享受できたことから、ハンバーガー単品の価格を創業当時の80円へ値下げしたが、円安推移に戻った事などから、後に従来の130円に戻された。

しかし、2000年(平成12年)2月14日より平日半額キャンペーンと討って、平日は130円のハンバーガーを半額65円、160円のチーズバーガーを80円、(同年9月より)240円のフィレオフィッシュを120円で販売することを開始した。それまで「若者の食事」と見做してハンバーガーを食べることに躊躇していた40代・50代が世の中の不景気で小遣いが減少する中「安くて手軽に食べられる」と、再びマクドナルドへ足を向けるようになり、2000年(平成12年)内でキャンペーン終了時期を明示したが、幾度か延長した。キャンペーンに成功したマクドナルドは2001年(平成13年)時点では『時代の勝ち組』ともてはやされるようになり、ジャスダック市場に株式上場を果たした。

同業他社の追随のみならず、2001年(平成13年)7月に吉野家が牛丼並盛をそれまでの通常価格である一杯400円から280円に値下げするなど、マクドナルドの値下げは日本全国で連鎖的に価格破壊を引き起こし、平成不況下でのデフレ時代を象徴する言葉として「平日半額(65円)バーガー」「デフレバーガー」などの流行語が生まれた。


株主優待

年2回、6月末日と12月末日現在で、日本マクドナルドホールディングスの株主名簿(実質株主名簿を含む)に記載されている所有株式数が1単元(100株)以上の株主に対して、1冊にバーガー類、サイドメニュー(マックフライポテト又はサイドサラダ、朝メニューでは、ハッシュポテト)、ドリンク、3種類の商品の株主優待券[98](無料引換券)が1枚になったシート6枚が送付される。商品はバリューセットで取り扱っている中から選ぶことができ、ポテトとドリンクは追加料金なしでLサイズも選べる。優待券は、日本国内にあるマクドナルド店舗のみ有効である。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2011/4/10現在 Copyleft(c)



日本マクドナルドHD(マック) 株主優待券の買取の注意事項

■日本マクドナルドHD(マック) 株主優待券の買取価格は弊社保有在庫枚数および日本マクドナルドHD(マック) 株主優待券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の日本マクドナルドHD(マック) 株主優待券をお売りいただける場合は日本マクドナルドHD(マック) 株主優待券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■日本マクドナルドHD(マック) 株主優待券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れ、使用済み、使用できない日本マクドナルドHD(マック) 株主優待券は買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は日本マクドナルドHD(マック) 株主優待券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の日本マクドナルドHD(マック) 株主優待券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ