ウェアハウスの株主優待券を高価買取します。

ウェアハウス株主優待券買取表

株主優待券 - レジャー 買取価格
ウェアハウス株主優待券
ウェアハウス (優待券 レンタル・メダル・ボウリング等) 詳細はこちら

ウェアハウス 株主優待券 ※参考


ウェアハウス株主優待券

(2013年9月30日現在のデザイン)


ウェアハウス

株式会社ウェアハウスは、かつて東京都足立区に本社を置いていた、レンタルビデオのチェーンストア。
ウェアハウスは、株式会社ゲオの子会社であったが、2014年(平成26年)4月1日に株式会社ゲオホールディングスに吸収合併された。


概要

かつては「ウェアハウス」としてビデオ、DVD、CDやコミックのレンタルに加え、ゲームセンター等のアミューズメント施設の運営を行っていた。
ウェアハウスは、創業当初より長らく株式会社シチエとして営業していたが、2009年(平成21年)1月より、展開している店舗のブランドに合わせて株式会社ウェアハウスに社名を変更し、2010年(平成22年)7月には、同業大手株式会社ゲオの連結子会社となった。これに伴い2012年(平成24年)7月、レンタル事業についてはゲオに商号を変更。
その後もアミューズメント事業については「ウェアハウス」をそのまま使用しており、株式会社ゲオホールディングスに吸収合併されたあとも継続使用されている。


沿革

    ・1979年(昭和54年)- 株式会社シチエを設立。
    ・1982年(昭和57年)- レンタルビデオ事業を開始
    ・1986年(昭和61年)- 「ウェアハウス」店舗の展開を開始。
    ・1993年(平成5年) - アミューズメント事業に参入。本店を現在地に移転。
    ・1994年(平成6年) - カラオケボックス事業に参入。
    ・1999年(平成11年)- 株式を店頭登録。
    ・2000年(平成12年 - カラオケボックス事業から撤退。12月に東証二部に上場。
    ・2003年(平成15年)- 東証1部に指定替え。
    ・2004年(平成16年)- 株式会社ゲオと業務・資本提携を締結。
    ・2007年(平成19年)- 本社機能を東京都千代田区外神田4丁目5番4号の亀松ビル3階に移転。
    ・2009年(平成21年)- 株式会社ウェアハウスに社名変更。
    ・2010年(平成22年)- ボウリング事業から撤退。7月に株式会社ゲオが株式会社ウェアハウスに対しTOBを実施し成立したため、同社の連結子会社となる。千代田区外神田の事務所を廃止し、足立区保木間の本店に統合。
    ・2012年(平成24年)- レンタル事業の商号をゲオに変更。
    ・2013年(平成25年)- 3月に株式会社ゲオホールディングスが同年2月より実施していた株式公開買付けの結果、同社の議決権比率が91.27%となり、6月に株式会社ゲオホールディングスの完全子会社化。それにより株式会社ウェアハウスの上場廃止。
    ・2014年(平成26年)- 4月1日、 株式会社ゲオホールディングスに吸収合併される。




フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014年4月25日現在 Copyleft(c)




ウェアハウス株主優待券の買取の注意事項

■ウェアハウス株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびウェアハウス株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ウェアハウス株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はウェアハウス株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のウェアハウス株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ