昭和飛行機工業の株主優待券を高価買取します。

昭和飛行機工業株主優待券買取表

株主優待券 - レジャー 買取価格
レジャー 株主優待券
昭和飛行機工業(昭和の森ゴルフ優待、ホテル宿泊50%等)1冊 詳細はこちら

昭和飛行機工業(昭和の森ゴルフ優待、ホテル宿泊50%等)1冊


昭和飛行機工業株主優待券買取表

(2011年10月28日現在のデザイン)


昭和飛行機工業

昭和飛行機工業株式会社は、三井系の機械メーカー。


概要

社名の航空機内装備品のみならず、タンクローリーやバルク車などの特装車、給食カートや介護入浴装置などのライフサポート機器、ハニカム構造の複合材などを手掛ける。


沿革

  • ・1937年(昭和12年)6月 - 会社設立。
  • ・1938年(昭和13年)3月 - 東京製作所(東京都昭島市田中町所在)においてDC-3(零式輸送機)の製造を開始。
  • ・1955年(昭和30年)6月 - 大神作業所において特殊車両(タンクローリー、特殊トレーラー)製造を開始。
  • ・1960年(昭和35年)1月 - ヘキセル社からハニカムの技術援助契約締結
  • ・1961年(昭和36年)10月 - 東京証券取引所第二部上場
  • ・1969年(昭和44年)8月 - 米軍接収施設の飛行場地域全面返還、跡地にゴルフ場を開設。
  • ・1984年(昭和59年)4月 - 昭島駅北口前に大型ショッピングセンター「モリタウン」開設
  • ・1997年(平成9年)4月 - 米国シアトルの駐在員事務所を法人化し、Showa Aircraft U.S.A. Inc.を設立

歴史

創業~輸送機DC-3のライセンス生産

1937年(昭和12年)6月5日、元、三井合名理事長團琢磨の長女「めい」の夫である牧田環(初代社長、三井鉱山会長等も歴任。工学博士)の尽力により昭和飛行機工業株式会社が設立される。牧田環は、現在の四條畷学園小学校・中学校・高等学校の創立者、牧田宗太郎の弟であり、牧田宗太郎と日本簡易火災保険(現在の富士火災)の初代社長である井上幸治郎は親交が深かったため、牧田環は、四條畷学園や日本簡易火災保険の設立、その後において色々な影響を及ぼした。


当時の日本航空機業界は、すでに欧米に匹敵する優秀な軍用航空機を制作していたため、昭和飛行機はこれを追従するのではなく、日本が立ち遅れていた輸送機の製作こそが使命と捉え、当時のベストセラー機であったダグラスDC-3に目を付け、その国産化(ライセンス生産)を目指すこととなった。


航空機を製造するあたり、飛行場を併設した工場が必要であり、それには広大な土地が必要だった。検討した結果、北多摩郡昭和町、拝島村(以上現昭島市)、砂川村(現立川市)の3町村にまたがる土地に、航空機製造工場である東京製作所を作ることを決め、工場および飛行場の建設に着手し、1938年(昭和13年)に稼働を始めた。稼働開始に合わせて、通勤者の便に配慮して、青梅線に新駅の開設の認可をもらい、昭和飛行機が駅舎用地を提供、建設費を一部負担して、昭和前駅(現昭島駅)が開設された。


工場は稼働したものの、DC-3の国産化には困難を極め、実現に3年の月日を費やすこととなる。DC-3国産化に成功し、順調に量産化を始めた頃、太平洋戦争が勃発する。1940年(昭和15年)には、日本海軍にDC-3を零式輸送機として制式採用されたことにより、終戦までに430機のDC-3/零式輸送機を製造した。戦時中には他にも、愛知航空機(現:愛知機械工業)の九九式艦上爆撃機や、川西航空機(現:新明和工業)の紫電改などもライセンス生産した。


戦後~航空機事業との関わり

1945年(昭和20年)の敗戦とGHQ占領により、航空機事業が禁止され、この間に会社存続をかけて事業の多角化を図ることとなる。占領終結後の1957年(昭和32年)から始まった民間輸送機YS-11、続くC-1計画にも参加し、分担生産を行った。現在開発中のC-X 次期輸送機・P-X 次期哨戒機でも分担生産に参加している。


現在~航空機以外に注力

現在、航空機事業は主力ではなく、特殊車両(タンクローリーなど)やライフサポート機器、ハニカム構造体などの製造が中心である。ゼブラバッテリー(溶融塩電池)を採用した電気自動車も製造販売している。


また、工場跡の広大な敷地を活用した不動産事業やレジャー事業にも積極的で、昭島駅前の大型ショッピングセンター「モリタウン」のほか、「フォレスト・イン昭和館」、「ホテルS&Sモリタウン」、「昭和の森ゴルフコース」、「昭和の森テニスセンター」、「フィットネスクラブ・フォーラス」などのホテルやレジャー施設を運営している。


関連会社

  • ・昭和飛行機テクノサービス株式会社
  • ・昭和飛行機ビジネスコンサルタント株式会社
  • ・昭和の森エリアサービス株式会社
  • ・昭和の森綜合サービス株式会社
  • ・アーバンリゾーツ昭和の森株式会社
  • ・ハーレーダビッドソン昭和の森株式会社
  • ・株式会社メトス
  • ・SHOWA AIRCRAFT USA INC.

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2011/10/28現在



昭和飛行機工業株主優待券の買取の注意事項

■昭和飛行機工業株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および昭和飛行機工業株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■昭和飛行機工業株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は昭和飛行機工業株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の昭和飛行機工業株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ