ラウンドワン の株主優待券を高価買取します。

ラウンドワン株主優待券買取表

株主優待券 - レジャー 買取価格
レジャー株主優待券
ラウンドワン (500円割引券) 1枚 詳細はこちら
ラウンドワン (引換券) 1枚 詳細はこちら

ラウンドワン (500円割引券)


ラウンドワン (500円割引券)

(2012/12/24現在)


ラウンドワン (引換券)


ラウンドワン (引換券)

(2012/12/24現在)


会社概要


株式会社ラウンドワン(英: ROUND ONE Corporation)は、大阪府堺市堺区に本社があるボウリング・アミューズメント企業。2012年5月1日現在、日本国内に111店舗・海外に1店舗を出店している。
綿糸製造とボウリング場を運営する父親が経営していた会社がルーツ。その後、父親が営んでおり、閉鎖したローラースケート場を引き継ぐ形で1980年12月、大阪府泉南市に杉野興産株式会社として設立、泉大津市に第1号店としてローラースケートリンクを開設した。1982年、ボウリングレーンを併設(当初16レーン)。1988年にさらに10レーンを増設し、ローラースケートリンクは閉鎖された。1990年には堺市のボウリングレーンを同社が賃借し、ボウリングとアミューズメントを合体した2号店としてオープンさせる。
1993年3月、杉野社長他1名の個人出資で株式会社ラウンドワン(旧社)を設立。翌1994年6月に『ラウンドワン』第1号店となる泉北店を開業した。泉北店開店直後の同8月、杉野興産はラウンドワン(旧社)の全株式を取得して完全子会社化。同12月に杉野興産とラウンドワン(旧社)が合併し、存続会社の杉野興産は株式会社ラウンドワン(新社)に社名変更する。ラウンドワン(新社)は1997年8月に大証2部に、1998年12月に東証2部に株式上場。1999年9月には東証・大阪1部銘柄に指定される。
現在は世界金融危機以降続く不況を乗り切るため、拡大戦略と平行して有利子負債削減と財務体質強化を図っている。例として、旧梅田店の敷地を買収・拡張して2011年3月に直営店としてオープン予定だった(新)梅田店の敷地・建物を店舗オープン前に売却、旧梅田店と同様の賃貸契約による運営とした。今後、同社が運営する一部の既存店舗も賃貸運営への切り替えを検討している。
ボウリング場を全店舗に設置しているほか、ビリヤード、卓球などのスポーツアミューズメント、カラオケボックス、アミューズメントパークも併設されている。また、多数のアトラクションを一定時間自由に遊べる「スポッチャ」を備えたスタジアム店舗も展開している。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2012/12/24現在

らくちん!!検索方法


ラウンドワン株主優待券の買取の注意事項

■ラウンドワン株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびラウンドワン株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ラウンドワン株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はラウンドワン株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のラウンドワン株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ