東建塩河カントリークラブ株主優待券を高価買取します。

金券ショップ アクセスチケットトップページレジャー券買取表 > 東建塩河カントリークラブ株主優待券買取表

東建塩河カントリークラブ株主優待券 買取表

金券 - レジャー 買取価格
東建塩河カントリークラブ 株主優待券(有効期限60日以上)
※10枚以上は問合せ下さい。
東建塩河カントリークラブ 株主優待券 詳細はこちら
東建塩河カントリークラブ 株主優待券
東建塩河カントリークラブ株主優待券

(2013年9月6日現在のデザイン)

東建塩河カントリー倶楽部

東建塩河カントリー倶楽部(とうけんしゅうがカントリーくらぶ)は、岐阜県可児市に所在するゴルフ場。東建塩河カントリー倶楽部は、東建コーポレーションの子会社である東建リゾート・ジャパンが運営している。

概要

東建塩河カントリー倶楽部の設計は、ゴルファーのゲーリー・プレーヤーと設計家の富沢廣親。東建塩河カントリー倶楽部は、「西コース」「北コース」「南東コース」の計27ホールのコースが設計されている。東建塩河カントリー倶楽部は2005年1月には、LPGA(日本女子プロゴルフ協会)から公式認定コースとして認められ、2006年には東建ホームメイトカップの開催コースにもなった。姉妹コースとして、三重県桑名市に東建多度カントリークラブ・名古屋がある。

東建塩河カントリー倶楽部の敷地内には夜間の離着陸も可能なヘリポートを2機分備え、ウェディング・パーティーも行なうことができる。

沿革

東建塩河カントリー倶楽部は1984年、ゴルフ場の専業大手であった富士カントリーグループの一社として運営会社が設立され、1988年9月に富士カントリー塩河倶楽部としてオープンした。この時期、富士カントリーはゴルフ会員権の高騰を背景に、ゴルフ場を同時期に4箇所開設する積極策に出ており、塩河はその一つであった。他のゴルフ場では接待に使いたいのに混雑で使えない、といったことが頻発していたが、塩河は対象を少数の法人会員に限定することによりいつでも使える環境を提供し、クラブハウスには商談室を設けるなど、法人用途に特化していた。このようなゴルフ場は中部地域では初めての開設であり、1990年代末までは10億円台の収入をあげていた。

しかしその後は法人の接待需要減少に伴い財務状況が悪化。2004年に運営会社が特別清算に入り、運営は東建コーポレーションに引き継がれた。東建コーポレーションは東建多度カントリークラブ・名古屋の運営実績があったことから引き受け先に選ばれた。

承継後は東建コーポレーションの子会社である東建リゾート・ジャパンによる運営となった。同社は2006年、富士カントリー時代からゴルフ場の用地として賃貸してきた多治見市内の土地について、「地代はバブル期に設定されたもので、周辺の土地と比較しても高すぎる」「地代がこのままなら破綻も想定される」として減額を主張して紛争となり、争いは多治見簡易裁判所に持ち込まれた。



フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/9/6現在 Copyleft(c)



東建塩河カントリークラブ 株主優待券の買取の注意事項

■東建塩河カントリークラブ 株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および東建塩河カントリークラブ 株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■東建塩河カントリークラブ 株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は東建塩河カントリークラブ 株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の東建塩河カントリークラブ 株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ