オリックス・バファローズ ビジターチケットを高価買取します。

金券ショップ アクセスチケットトップページレジャー株主優待券買取表 > オリックス・バファローズ ビジターチケット 買取表

オリックス・バファローズ ビジターチケット買取表

株主優待券 - レジャー 買取価格
オリックス・バファローズ ビジターチケット
オリックス・バファローズ 詳細はこちら

オリックス・バファローズ ビジターチケット ※参考


オリックス・バファローズ ビジターチケット

(2014年4月28日現在のデザイン)


オリックス・バファローズ

オリックス・バファローズ(英語: ORIX Buffaloes)は、日本のプロ野球球団。パシフィック・リーグに所属する。オリックス野球クラブ株式会社が運営している。
オリックスは、大阪府を保護地域とし、府内大阪市西区にある京セラドーム大阪を専用球場(本拠地)としている。兵庫県神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸でも年間数試合が開催されている。
また、オリックス・バファローズ二軍(ウエスタン・リーグ所属)の本拠地は同市北区にあるあじさいスタジアム北神戸、および神戸総合運動公園サブ球場である。
更にその他には球団全体の練習場と合宿所が同市西区に設けられている。


チームの特徴

球団名

オリックス・バファローズの球団愛称の正式表記は「バファローズ」であるが、メディアにはたびたび「バッファローズ」と誤表記されることがある。これは近鉄が名乗っていた時代も同様であった。
オリックスが1991年に球団が神戸へ移転するに当たり、愛称公募が行われた(1990年8月13日の本拠地移転発表とともに発表)。当時の新聞報道によれば、神戸にちなんだ「ゴッドドアーズ」など駄洒落も多かったが、最も多くファンから寄せられた愛称は「ブルーサンダー打線」に引っ掛けた「サンダーズ」だった。しかし、球団側は結局この名称を採らず、公募とは脈絡のない「ブルーウェーブ」に決定。このため、ファンやマスコミから「決定事項の出来レースだったのではないか」との声も多く挙がり、またこれと併せて、当時の報道として「球場(グリーンスタジアム)は山の中にあるのに、何故「ブルーウェーブ=青い波」なのか?」との多数のファンの意見も伝えられていた
2014年現在、オリックスはパ・リーグの球団で唯一、愛称の前に企業名(経営母体の名称)のみがつけられている(地名の付かない)球団である。 セ・リーグでは同様の例として読売ジャイアンツ、阪神タイガース、中日ドラゴンズがある(ただし、「阪神」、「中日」は、地域名に由来した企業名である)。
また、企業名もカタカナであるため、現存するNPB12球団の中で球団名に唯一漢字が一文字も使用されていない。
ブレーブス時代はアルファベットでの略称を「B」としていた。後に近鉄パールスが近鉄バファロー(1959年 - 1961年)→バファローズ(1962年 - 2004年)となった際に「B」で始まる球団名が重複することになったが、この際は後発の近鉄が「Bu」とアルファベット2文字の略称を使っていた。その後、1991年にオリックスがブルーウェーブへ改称した際に「BW」と2文字の略称へ変更。現在は近鉄が使っていた「Bu」の略称は引き継がず、「B」で始まる2球団が合併したという意味もこめて「Bs」としている(資料によってはブレーブスのBの意味も込められているとしている)。
なお、横浜大洋ホエールズ(1978年 - 1992年)より改称したセ・リーグの横浜ベイスターズ(1993年 - 2011年)は「BS」でなく「YB」(Yokohama Baystars)、その後身である横浜DeNAベイスターズ(2012年 - )は「DB」(DeNA Baystars)と表記する。
阪急時代、球団名を漢字一文字で表す場合は、同じ「阪」が付く阪神タイガースと区別するため、「急」と表記していた(阪神は「神」。こちらは阪急が消滅して以後、現在も続いている)。現在はカタカナで「オ」と略される。2文字以上については新聞などでは「オリ」もしくは「オリク」(地方紙に多い)と略される場合もある。
2010年3月、2011年のシーズンより「バファローズ」から名称を変更する方向で調整していることが報じられた。報道によると名称はファンからの公募により決定するが、「バファローズ」の名称が多かった場合は変更しない。また、「大阪」の冠を付けるとも伝えられていた。しかし、オーナーの宮内は2010年10月8日の会見で球団名の変更について、「合併する際の近鉄サイドの強い要望も有り、バファローズの名前は親からもらった名前として使っていきたい」と否定する発言を行っている。結局、2013年に至るまで名称は変更していない。


マスコット

1981年、日本プロ野球ではヤクルトスワローズのヤー坊、日本ハムファイターズのギョロタンに次いで3番目となる球団着ぐるみマスコット「ブレービー」(背番号:100)をオリックスは採用。阪急西宮球場での試合中、5回裏終了時にスクーターでフィールドを駆けていた。
ブレービーは1990年まで使われた。また、1988年にはブレービーの子どもとして「勇太」が登場したが、同年オフにオリエント・リース(現・オリックス)に球団が譲渡されたのに伴い、わずか1シーズンのみで消滅した。
なおブレービーは、2012年5月26日・27日の対広島戦と6月2日・3日の対巨人戦でブレーブス時代のホーム用ユニフォームを復刻した際に、4試合限定で約20年ぶりに復活。
ブルーウェーブとなった1991年からは「ネッピー」(背番号:111)が登場。ネッピーは海神ネプチューンの息子で、年齢は13歳という設定。登場当時は上半身は裸で、貝殻の首飾りをしていた。
また1999年からは「海賊の娘で、嵐で船が難破して海で遭難していたところをネッピーに助けられた」という設定で、「リプシー」(背番号:222)が登場、ネッピーとともにユニホーム姿となる。いずれもデザインは松下進。ネッピーと共に12球団唯一の人間型マスコットである。
球団合併後もそのまま起用され続けていたが、2010年シーズンを最後に全面リニューアルのため“引退”。2011年1月には西神プレンティにおいて「引退セレモニー」が行なわれ、以降は「ふるさとの海に帰る」とコメントしている。
ちなみに、Jリーグ・ガンバ大阪のマスコット、ガンバボーイはネッピーの弟である(同じ松下進デザイン)。 ブルーウェーブ時代には、他にも「ブルーパイレーツ」という海賊4人組のマスコットがいた
。 なおネッピーは、2011年9月10日の対西武戦でブルーウェーブ時代のビジター用ユニフォームを、2013年4月12日 - 14日の対日本ハム戦でホーム用ユニフォームをそれぞれ復刻した際に限定復活している。また、2013年9月の「レジェンド・シリーズ2013」でも登場した。
東北楽天ゴールデンイーグルスの球界初のしゃべるマスコット「超特大ゴーヤ」が、象に踏まれているところを偶然居合わせた坂口智隆と赤田将吾に助けられたことから、恩返しとして2010年よりオリックスへ移籍し1年間応援することとなり、名前も「1・2・3・4ゴーヤ」と改名した。さらにシーズン終了後には勝手に残留表明まで行った。
また、「3・4・5・6・7八カセ」(最後の読みは「はかせ」だが、カタカナの「ハカセ」ではなく漢数字の「八カセ」である)というゴーヤがマッドサイエンティストに扮装したかのようなマスコットまで登場したが、本人は「誰がゴーヤやねん!」と誰も言ってないのに否定している(ただし、公式動画で時折正体がばれるようなボロを出している)。その結果、メカに覆われたほとんど別物のマスコットになった。なお、2012年からは「大阪八カセ」に改名して活動している。
オリックスは、2011年1月に新マスコットを発表。デザインは幸池重季によるもので、「バファローと草食動物のオリックスを掛けあわせた架空の生き物」の兄妹。名称は公募にて、兄が目の色のブルーと、球団スローガンの「新・黄金時代」にふさわしい、強く勇敢な雄牛「ブル」を意味し、また、ファンを「ブルブル」と身震いさせる様な熱い戦い、勝利を、という思いが込められた「バファローブル」(BuffaloBULL)、妹は勝利の女神で、勝利の「鐘(ベル)」を鳴らすという意味を込め、「美しさ(フランス語のBeLLe)」を兼ね備える、「バファローベル」(BuffaloBELL)に決定となった。なお背番号はネッピー・リプシーを受け継ぎ兄のブルが「111」、妹のベルが「222」。




フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014年4月28日現在 Copyleft(c)




オリックス・バファローズ ビジターチケットの買取の注意事項

■オリックス・バファローズ ビジターチケットの各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびオリックス・バファローズ ビジターチケットの各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■オリックス・バファローズ ビジターチケットの各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はオリックス・バファローズ ビジターチケットの各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のオリックス・バファローズ ビジターチケットの各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ