京成(京成電鉄)の株主優待券(乗車証・定期・冊子)を高価買取します。

京成電鉄 株主優待券 買取表 画像

株主優待券 - 鉄道 買取価格
京成電鉄 全線乗車証
京成電鉄 詳細はこちら
京成電鉄 定期型(電車バス)
京成電鉄 電車バス全線パス 詳細はこちら
京成電鉄 電車全線パス 詳細はこちら
京成電鉄 冊子
京成電鉄(未使用品) 詳細はこちら

京成電鉄 株主優待 乗車証 ※参考

京成電鉄 株主優待券 乗車証 画像

(2011年4月14日現在のデザイン)


京成電鉄 株主優待 定期 ※参考

京成電鉄 株主優待券  定期 画像

(2011年4月14日現在のデザイン)


京成電鉄 株主優待券 冊子 ※参考

京成電鉄 株主優待券  冊子 画像

(2011年4月14日現在のデザイン)


京成電鉄

京成電鉄株式会社(けいせいでんてつ、英称:Keisei Electric Railway Co., Ltd.)は東京都と千葉県に路線を有する大手私鉄の一つである。
京成電鉄の社名は起終点の頭文字である東京の「京」と成田の「成」に由来する。
京成グループを構成する中核企業。みどり会の一員。東証1部上場企業。本社所在地は東京都墨田区押上1丁目10番3号。


路線

現有路線

2010年7月17日時点で次の7線区 (153.8km) を有する。

本線:京成上野駅 - 成田空港駅間 (69.3km)

東成田線:京成成田駅(駒井野信号場) - 東成田駅間(7.1km、うち6.0kmは本線と重複。京成の時刻表上では本線扱い)

押上線:押上駅 - 青砥駅間 (5.7km)

金町線:京成高砂駅 - 京成金町駅間 (2.5km)

千葉線:京成津田沼駅 - 千葉中央駅間 (12.9km)

千原線:千葉中央駅 - ちはら台駅 (10.9km) - 解散した千葉急行電鉄の路線を譲り受けたもので、この関係で他線区とは通しの運賃とはなっておらず、別運賃である。

成田空港線(成田スカイアクセス):京成高砂駅 - 成田空港駅間(51.4km、うち京成高砂駅 - 印旛日本医大駅間は北総鉄道北総線と共用、空港第2ビル駅 - 成田空港駅間1.0kmは京成本線と重複)


本線のうち、駒井野信号場(本線分岐部) - 成田空港間 (2.1km) は、成田空港高速鉄道(第3種鉄道事業者)が施設などを保有しており、京成電鉄は第2種鉄道事業を行っている。
また、都市基盤整備公団の「独立行政法人都市再生機構」への改組に関連し、公団が保有していた鉄道施設(北総鉄道北総線の小室 - 印旛日本医大間や車両など一式)が京成の全額出資で設立された新会社「千葉ニュータウン鉄道」に移管され、引き続き北総鉄道が第2種鉄道事業者として運行を行っている。
本線京成高砂 - 京成津田沼間と押上線では地上を走る部分で恒常的に踏切が開かずの踏切と化しており、各所で連続立体交差化事業が進められている。本線の海神 - 船橋競馬場間付近で行われている連続立体交差化事業では、2004年11月27日より海神 - 船橋競馬場間の上り線、2006年11月25日より同下り線の高架が供用開始された。また、押上線でも押上 - 八広間と四ツ木 - 青砥間(2012年度完成予定)の2区間で連続立体交差化事業が行われている。これらが完了すると優等列車のスピードアップが実施され、大幅に所要時間が短縮される予定である。さらに、お花茶屋駅、京成小岩駅、京成八幡駅付近でも立体化工事の計画が浮上している。
本線の青砥 - 京成上野間は筑波高速度電気鉄道の免許を買収してその免許を利用して敷設したものだが、元々上野には押上から浅草を経て行く計画だった。しかし、先に東武鉄道に対し浅草延伸が認められたため、焦った京成は東京市議会有力者を巻き込んだ京成電車疑獄事件を引き起こしてしまい、この計画は頓挫してしまった。仕方なく王子電気軌道との接続を目指して白鬚線を建設するなどしたが、会社合併を持ち掛けた筑波高速度電気鉄道からの話に乗る形で、やや遠回りではあるが現行の日暮里経由の経路で上野乗り入れを果たした。その他の筑波高速の免許線については「もし、戦争がなかったら筑波にも延伸する予定」と社史などに書かれているが、実際には戦前に免許が放棄されている。京成上野駅付近のトンネルは当時御料地であった上野公園の下を通過することから御前会議にまでかけられた。
「成田スカイアクセス」の愛称がある成田空港線は、北総鉄道北総線を延長する形で印旛日本医大駅から空港第2ビル駅までの新線が成田高速鉄道アクセスの手によって建設され、2010年7月17日から京成電鉄が第2種鉄道事業者として列車の運行を開始した。同線を使用した場合の空港第2ビル - 日暮里間の所要時間は、スカイライナーで36分、特別料金不要のアクセス特急で59分としている。これに関連して、北総・公団線(当時)の区間を含む京成高砂 - 成田空港間の第2種鉄道事業許可を2002年7月に取得している。これにより駅数は69駅(北総線内の京成線列車の停車しない駅を除く)となり、路線総延長も140kmを超え、関東大手私鉄(東京メトロを含む)での総延長順位は小田急電鉄を抜いて第4位となった。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2011年4月14日現在 Copyleft(c)


らくちん!!検索方法


京成(京成電鉄)株主優待券の買取の注意事項

■京成(京成電鉄)株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および京成(京成電鉄)株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■京成(京成電鉄)株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は京成(京成電鉄)株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の京成(京成電鉄)株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。


ページトップへ