ビッグボーイを高価買取します。

ビッグボーイ 金券買取表

ビッグボーイ
株主優待券 - 飲食 買取価格
ビッグボーイ 株主優待券
ビッグボーイ 詳細はこちら
ビッグボーイ 株主優待券 ※参考

ビッグボーイ買取表

(2012年3月29日現在のデザイン)


ビッグボーイ

ビッグボーイ(Big Boy)は、アメリカ合衆国で発祥したファミリーレストラン。メニューは、ハンバーグやステーキなどが中心である。
日本における運営法人である株式会社ビッグボーイジャパンは、「ビッグボーイ」「ヴィクトリアステーション」「グリル暖」の計3業態を運営し、2011年8月現在322店を展開している。


日本のビッグボーイ

ダイエー系列のレストランとして、1977年に(株)セントラル・レストラン・システムズを設立、翌年株式会社ビッグボーイジャパンに商号変更し、国内第1号店を大阪府箕面市に開店。
ビッグボーイは、開放的な1フロアーのアメリカナイズされた店舗に、調理場が客席から見えるオープンキッチンで作る手こねハンバーグやステーキ類をチャーブロイラー(焼き目を付けるグリドル)で焼き上げる工程が見られるなどの特徴がある。
比較的質の高いハンバーグを提供してハンバーグ系に強いレストランとして、ビックボーイは郊外型のロードサイド店舗を中心に出店が続けられた。
フォルクスと同様にスープバー・サラダバーなども導入している。
2000年に「ミルキーウェイ」を展開する株式会社ミルキーウェイ(仙台市)、「ヴィクトリアステーション」を展開する株式会社ヴィクトリアステーション(札幌市)と合併し、両ブランドを継承。
後に「グリル暖」が誕生し4ブランドとなったが、2010年6月にミルキーウェイ全店舗をビッグボーイに転換し消滅させ、3ブランドとなった。
2002年、筆頭株主ダイエーの経営悪化により、株式会社ウェンコ・ジャパンとともにゼンショーに全株を売却され、ダイエーグループを離脱。
それまでは、クレジットカードはダイエー系列のOMCカードでの支払いのみであったが、ゼンショーグループになってから他社のクレジットカードも使えるようになった。
またランチメニューは17時までになっている。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2012/3/29現在 Copyleft(c)



ビッグボーイ 株主優待券の買取の注意事項

■ビッグボーイ 株主優待券の買取価格は弊社保有在庫枚数およびビッグボーイ 株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のビッグボーイ 株主優待券をお売りいただける場合はビッグボーイ 株主優待券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ビッグボーイ 株主優待券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れ、使用済み、使用できないビッグボーイ 株主優待券は買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はビッグボーイ 株主優待券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のビッグボーイ 株主優待券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ