吉野家の株主優待券を高価買取します。

吉野家株主優待券買取表

株主優待券 - 飲食 買取価格
飲食 株主優待券
吉野家 (300円券) 詳細はこちら

吉野家 (300円券)


吉野家株主優待券買取表

(2011年11月25日現在のデザイン)


吉野家

吉野家(よしのや)は、牛丼を主力商品とする、大手外食チェーンストア(牛丼屋)。
株式会社吉野家ホールディングス(略称:吉野家HD)の子会社・株式会社吉野家(英: Yoshinoya Co., Ltd.、略称:吉野家)が、同店の運営企業である。日本国内における牛丼チェーン店舗数では2008年(平成20年)9月末以降、すき家に次いで第2位である(沿革参照)。
本社所在地は、東京都北区で、日本だけでなく中国、香港、台湾、フィリピン、シンガポール、マレーシア、アメリカ、にも支店を持つ。愛称・通称は「吉牛(よしぎゅう、吉野家の牛丼の略)」(後述)。


概要

吉野家は、1899年(明治32年)に東京・日本橋で創業。創業者・松田栄吉が大阪府西成郡野田村字吉野(上京時は大阪市北区西成野田字吉野。現在の同市福島区吉野)の出身だったことから屋号が吉野家になった。

2003年(平成15年)までは牛丼のみの単品販売が特徴的で、2001年(平成13年)夏にはコスト削減による体制を整えた上で外食大手の低価格競争に追随し、牛丼並盛一杯280円という低価格と他のファストフード店と比べても一線を画す配給スピード(築地店店長の盛り付け速度は、1杯あたり15秒)で人気を集めた。バブル崩壊以降、ミスタードーナツやマクドナルドなどと共に、低価格路線を採った外食産業における代表的なチェーン店のひとつであった。

他の牛丼店と同様、原料である牛肉のほとんどがアメリカ合衆国からの輸入であるため、2003年(平成15年)にワシントン州でBSE(牛海綿状脳症)感染牛が確認され米国からの輸入が停止されると牛肉の調達が不能になり、一時牛丼販売の休止に追い込まれ、営業の縮小や、牛カレー丼、豚丼などの代替商品の緊急投入を余儀なくされた。

牛丼を休止した理由として「米国産牛肉でなければ吉野家の牛丼の味が出せない」「米国産牛肉以外だったらタレの構成配分を変えなければいけない」「別の(肉をメインに使用した)牛丼を出したら『これ違う』と客から文句が出るに違いない」「長期的視野で間違いの少ない選択をするため」との見解を示している。


メニュー

主なメニュー

  • ・牛丼・牛皿 - 軽盛(そば処吉野家のみ)・並・大盛・特盛
    • ・吉野家の主力商品。注文における構成比は、BSE問題などの影響で減少してはいるものの、6割弱を占める(2008年(平成20年)5月時点)。
    • ・牛丼並盛1杯(通常価格380円、対象期間:2008年3月1日 - 2009年2月28日)の内訳は、原材料費が41.0%、人件費が51.3%で残りの7.7%が利益となっている。
    • ・2009年(平成21年)にデフレの影響で、同業他社が再度牛丼など一部メニューの通常価格について値下げを行っているが、吉野家は通常価格について「値下げの予定はない」(広報部)と度々表明しており[31][32]、理由として「牛丼の値下げは客数が増えても利益が出ないから」と説明している[25]。ただし、期間限定の値下げは2010年(平成22年)1月・4月・7月・8月など多数のキャンペーンにて行っている。
    • ・2010年(平成22年)4月13日、新メニューとして牛丼軽盛を開始(現在はそば処吉野家のみ)、同年5月31日までの期間限定メニューで牛丼特大盛を販売した。
    • ・2011年(平成23年)5月17日、「次世代牛丼」として牛丼並盛のご飯を従来の260グラムから250グラムに減らし、具は85グラムから90グラムに増やした。
  • ・牛鍋丼 - 並・大盛
    • ・2009年(平成21年)に発生した牛丼チェーン店における価格競争に対抗するために企画された低価格メニュー(並280円)の戦略新商品で2010年(平成22年)9月7日発売開始。
    • ・原点回帰を目指し、吉野家創業時に販売していた「牛鍋ぶっかけ」(牛肉を豆腐や野菜と一緒に煮込んだ牛鍋の具を丼に入れた飯にかけたもの)の復刻版である111周年記念商品。
    • ・「客数を増やすのに最も有効なのは低価格」との見解から、低価格化に対応した内容であり、食材として牛肉は並盛で52gと牛丼並盛の67gより量が少なく、肉の産地・部位・割合は牛丼に使用するショートプレート部位とは違い「米国産その他の部位」を9割使用し、他にオースラリア産も1割導入し、ご飯も並盛で230gと牛丼並盛の260gより少なくなっており、更にしらたきや豆腐を使用してコストを抑え、容器は直径が牛丼より3ミリ短い専用の丼を使用するなどの工夫をすることで利益率を向上させている。
    • ・2010年(平成22年)10月4日、発売開始から1か月未満で販売数1000万食を突破したことが発表された。
    • ・2011年(平成23年)9月15日、新味牛鍋丼発売。味の改善に努め[26]、牛丼に近いあっさり味にしてたれの甘さを抑え、具材の牛肉も従来より軟らかくした[26][38]。栄養価は牛丼並盛674kcalに比べ具材の豆腐、しらたきを使用している分(ほぼ同量で)、牛鍋丼並盛は102kcal少ない572kcalとなっており近年の健康ブームに沿った低カロリー食である事を謳っている。
  • ・豚丼・豚皿 - 並・大盛・特盛
    • ・開発などの経緯については後述参照。2010年(平成22年)夏にメニュー入れ替えの関係で提供を一時中断していたが[41]、2010年(平成22年)9月14日に一部店舗を除き提供を再開した。
  • ・その他、牛鮭定食・牛鮭サラダ定食・豚鮭定食・豚生姜焼定食・各種朝定食など。
  • ・2009年(平成21年)8月7日より一部メニューにおいて、定食類の大盛がご飯のみ大盛に限定、ドレッシング・マヨネーズ(どちらも販売終了)は30円と有料化、などの変更が行われた。
  • ・味噌汁はフリーズドライのインスタントで「ミソゲン」と呼ばれる味噌汁の素を使用している。
  • ・アルコール類(冷酒・ビール)は飲酒運転事故防止の観点から、2006年(平成18年)12月以降は店舗環境によって提供の有無が異なっており、駐車場付き店舗は全店販売無し、駐車場のない店舗については一人3本まで販売する。風営法が定める公安委員会の許可を取っていないため提供時間は6時 - 24時までである。
  • ・沖縄県内の店舗ではタコライスを扱っている。
  • ・一部店舗では十割そば[44]を扱っている[45](後述)。
  • ・サラダをコールスローの名称で提供する点は、牛丼屋としては独特である。

接客

注文時の専門用語

専門用語を使ったオーダーも受け付けている。

  • ・つゆだく - つゆだくさんの略。汁が多め。丼を少し傾けただけで汁が見える。10グラムつゆが追加される。
  • ・つゆぬき - 具の汁を切って載せる。玉を上下に振って汁を切る。
  • ・黄身だけ - 卵の黄身の部分のみ。
  • ・半熟 - 半熟卵の店員による略称のこと。
  • ・頭(あたま)の大盛 - ご飯の量は並で具の量が大盛(大盛り料金)。
  • ・頭(あたま)の特盛 - ご飯の量は並で具の量が特盛(特盛り料金)。
  • ・かるいの(ご飯「小」) - ご飯を少なくすること(用例「かるいのいっちょう」)。

店舗

国内は1,190店舗、海外は487店舗(2011年10月末現在)。
基本は、馬蹄形(U字型)のカウンター席。「牛丼を単品で早く出す」ことに特化した作りである[29]。吉野家の利益率の向上に一役買っているが、2008年(平成20年)時点では来客の8割以上が男性一人であり、新たな客層を取り込む側面からはデメリットである。そのため、ファミリー層や女性グループなど取り込みたい客層に応じて、後述のテーブル型を増やすといった出店戦略を採るようになった[29]。飲食業として日本で初めて24時間営業を行ったのは吉野家である。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2011/11/25現在



吉野家株主優待券の買取の注意事項

■吉野家株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および吉野家株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■吉野家株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は吉野家株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の吉野家株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ