ワタミフードサービスの株主優待券を高価買取します。

金券ショップ アクセスチケットトップページ飲食株主優待券買取表 > ワタミフードサービス 株主優待券 買取表

ワタミフードサービス株主優待券買取表

ワタミフードサービス (500円券) ※参考


ワタミフードサービス (500円券)

(2012年12月23日現在のデザイン)


ワタミフードサービス (1,000円券) ※参考


ワタミフードサービス (1,000円券)

(2012年12月23日現在のデザイン)


ワタミ

ワタミ株式会社(英称:Watami Co., Ltd.)は、持株会社であり、その傘下で日本基盤の主に外食産業を事業展開している企業集団ワタミグループを統括している企業である。 ワタミの屋号は、主力業態である『居食屋 和民』(いしょくやわたみ)からきており、創業者の渡邉美樹(わたなべみき)に由来する。また、和の民、和やかな民という意味も込められている。


沿革

1984年4月 - 神奈川県横浜市南区に有限会社渡美商事を設立。株式会社つぼ八(つぼ八本部)とフランチャイズ契約を締結
1984年5月 - 第1号店となる居酒屋「つぼ八」高円寺北口店を出店
1986年5月 - 神奈川県横浜市中区に株式会社ワタミを設立
1987年2月 - 株式会社ワタミ、商号をワタミフードサービス株式会社に変更
1987年3月 - 有限会社渡美商事の直営店舗の営業全部を、ワタミフードサービスが譲受
1989年6月 - お好み焼宅配事業1号店のお好美壱番「KEI太」方南町店を出店
1989年7月 - 日本製粉株式会社と共同でジェットオーブンによる「お好み焼製造法」の特許を出願
1990年3月 - 本店を東京都大田区西蒲田に移転
1992年4月 - 自社ブランドの新業態として、1号店居食屋「和民」笹塚店を出店
1992年4月 - 「つぼ八」本部とフランチャイズ契約の解除と、ワタミフードサービスが経営の「つぼ八」店舗を「和民」店舗に順次変更する覚書を締結 1993年10月 - 「つぼ八」店舗から「和民」店舗への変更が完了
1994年9月 - お好み焼HOUSE「唐変木」から居食屋「和民」へ業態転換
1996年3月 - お好美壱番「KEI太」を全店退店し、お好み焼宅配事業を廃止
1996年10月 - 日本証券業協会に株式を店頭登録
1998年5月 - 株式会社キャリアビジョンに出資
1998年7月 - 株式会社ピー・エム・エスを設立
1998年8月 - 東京証券取引所市場第2部に株式を上場
1998年11月 - 株式会社ティージーアイ・フライデーズ・ジャパンを設立
1999年5月 - ファミリーコミュニティレストランとして「和み亭(なごみてい)」1号店を稲田堤(神奈川県川崎市)に出店
1999年7月 - 国際環境規格ISO14001の認証を取得
1999年8月 - 株式会社ティージーアイ・フライデーズ・ジャパンがRestaurant & American Bar「T.G.I. Friday's」1号店を東京都渋谷区に出店
1999年8月 - 教育活動の第一歩として、「わたみ北海道自然学校」を開催
2000年2月 - 社内ベンチャー第1号として、グリーンインダストリー株式会社を設立
2000年3月 - 東京証券取引所市場第1部に株式を上場
2000年4月 - 株式会社ピー・エム・エスがジャパン・リテイル・メンテナンス株式会社に社名変更。日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社、株式会社モスフードサービスより出資を受ける
2000年7月 - 和民(中國)有限公司設立
2000年7月 - 株式会社安全安心食卓研究所設立
2000年11月 - 株式会社カーラジェンテを設立
2000年12月 - イタリアン居食屋「CaraGente」(カーラジェンテ)1号店を東京都渋谷区に出店
2001年11月 - 和民(中國)有限公司が海外新規出店1号店として居食屋「和民HongKong」Humphreys Avenue店を出店
2002年3月 - ワタミ手づくり厨房が埼玉県越谷市にて稼動開始
2002年4月 - 有限会社ワタミファームを設立し、株式会社安全安心食卓研究所の業務を継承。ワタミファームは千葉県山武町にて農場運営を開始
2002年6月 - ジャパン・リテイル・メンテナンス(株)が「リサイクルセンター」を東京都足立区で稼動
2002年9月 - 国際規格ISO9001の認証を「和民」「和み亭」のサービスについて取得
2002年9月 - nippon no syokutaku「ゴハン」1号店として高田馬場店を出店
2002年12月 - 本店を東京都大田区羽田(現在の本社所在地)へ移転
2003年1月 - 居食屋「わたみん家」1号店として京成大久保店を出店
2003年8月 - 炭火焼だいにんぐ「わたみん家」1号店として本厚木店を出店
2003年8月 - 第12回「日食・環境協力賞」受賞
2003年9月 - イタリアン居食屋「カーラジェンテ」の撤退を完了
2003年9月 - 有限会社ワタミファームを株式会社へ組織変更し、新たに農業生産法人・有限会社ワタミファームを設立
2003年10月 - ワタミ手づくり厨房株式会社をワタミフードサービス株式会社に合併
2003年11月 - ごはん酒房「然の家」1号店として本厚木店を出店
2004年4月 - ワタミメディカルサービス株式会社設立
2004年4月 - 居食屋「和み亭」1号店として鹿島田店を出店
2004年5月 - 語らい処「坐・和民」1号店として新宿野村ビル店を出店
2004年7月 - ワタミダイレクトフランチャイズシステムズ株式会社を設立
2004年7月 - ジャパン・リテイル・メンテナンス株式会社が、ワタミエコロジー株式会社に社名変更
2004年7月 - 株式会社キャリアビジョンがワタミユニバーシティ株式会社に社名変更
2004年9月 - 海鮮処「和民市場」1号店として川崎たちばな通り店を出店
2004年10月 - PREMIER「和民」1号店として大船東口店を出店
2004年11月 - 農業生産法人有限会社当麻グリーンライフと資本提携し、グループ会社化
2005年1月 - 和民(深セン)有限公司を設立し、中国本土1号店として居食屋「和民Shenzhen」萬象城店を出店
2005年3月 - 株式会社アールの介護の全株式を取得
2005年4月 - ワタミフードサービス株式会社を、ワタミ株式会社へ商号(社名)変更
2005年5月 - 三商和民股フン有限公司(Watami & Mercuries Co.,Ltd.)設立
2005年7月 - 居食屋「手づくり厨房」1号店として赤羽東口駅前店を出店
2005年9月 - 株式会社ワタミバイオ耕研を設立
2005年10月 - ワタミメディカルサービス株式会社が自社開発の高齢者マンション(住宅型有料老人ホーム)一号棟として「レヴィータ岸和田」を開設
2005年11月 - 三商和民股フン有限公司が台湾新規出店1号店として居食屋「和民Taiwan」忠孝店を出店
2006年2月 - ワタミフードサービス株式会社を設立し、ワタミの外食事業を移管。ワタミ株式会社はグループ経営を統括する持株会社に移行
2006年2月 - DINING & BAR 「Japago」1号店として三軒茶屋店を出店
2006年3月 - 焼肉居食屋「炭団」1号店として御茶ノ水駅前店を出店
2006年4月 - 株式会社アールの介護とワタミメディカルサービス株式会社が合併し、ワタミの介護株式会社に社名変更
2006年10月 - アルバイト従業員の労働時間のうち30分未満部分を切り捨てて賃金を支払っていなかったことが発覚。北大阪労働基準監督署から是正勧告を受ける。その後、全国41店舗で同様の賃金不払いが発覚(詳細項を参照)。
2008年6月 - 上記賃金不払いを北大阪労基署に通報した元店員が報復人事で解雇されたとしてワタミを提訴。
2009年6月20日 - 代表取締役社長をワタミフードサービス株式会社代表取締役社長の桑原豊が兼任し、渡邉美樹は新設される代表取締役会長に就任。
2011年2月15日 - 渡邉美樹が東京都知事選挙出馬のため、代表取締役会長を辞任。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2012年12月23日現在

らくちん!!検索方法


ワタミフードサービス株主優待券の買取の注意事項

■ワタミフードサービス株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびワタミフードサービス株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ワタミフードサービス株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はワタミフードサービス株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のワタミフードサービス株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ