スターバックスコーヒーの株主優待券を高価買取します。

スターバックスコーヒー株主優待券買取表

株主優待券 - 飲食 買取価格
スターバックスコーヒー 株主優待券
スターバックスコーヒー (ドリンク券) 詳細はこちら
スターバックスコーヒー
(コーヒー豆無料・スティックコーヒー引換券)
詳細はこちら

スターバックスコーヒー 株主優待券 ※参考


スターバックスコーヒー 株主優待券画像

(2012年12月10日現在のデザイン)


スターバックスコーヒー

スターバックス(Starbucks Corporation)は、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店である。 1986年に、エスプレッソをメイン商品としてテイクアウトと歩き飲みが可能なスタイル(シアトルスタイル)でのドリンク販売を始め、スターバックスは後に北米地区全土に広がったシアトルスタイルカフェ・ブームの火付け役となった。
スターバックスは現在、世界43の国と地域で営業展開している。


概要

開業当時スターバックスは、コーヒー焙煎の会社にすぎなかったが、1982年にハワード・シュルツが入社し、コーヒー豆のみならず、エスプレッソを主体としたドリンク類の販売を社に提案した。
1985年にスターバックスを退社したシュルツは翌年にイル・ジョルナーレ社を設立し、エスプレッソを主体としたテイクアウトメニューの店頭販売を開始した。
これがシアトルの学生やキャリアウーマンの間で大人気となり、瞬く間に流行した。
シュルツは1987年にスターバックスの店舗と商標を購入。
イル・ジョルナーレ社をスターバックス・コーポレーションに改称し、スターバックスのブランドでコーヒー店チェーンを拡大した。
同業他社もこれに倣い、スターバックス同様のスタイルのコーヒー店が急増した。
当時のアメリカではイタリア流のファッションや食事が流行しつつあり、イタリア式コーヒーのエスプレッソを主体とするこれらの「シアトル系コーヒー店」はブームに乗ってすぐに北米全土に広がり、シアトルスタイルというコーヒーやコーヒー店のスタイルとして定着した。


店名の由来

スターバックス店名の由来は、第一候補ハーマン・メルビルの小説『白鯨』に登場する船Pequod(ピークォド号)の名を退け、同作の一等航海士スターバック (Starbuck) とシアトル近くのレーニア山にあったスターボ (Starbo) 採掘場から。
日本ではスタバとも略称される。
スターバックスの企業ロゴには船乗りとの縁が深いセイレーン(ギリシャ神話における、上半身が人間の女性で、下半身が鳥の姿をしているとされている海の怪物)が用いられている。
なお、シアトルにあるスターバックス第1号店のPike Place店は、開店来の色調(茶色)とデザインを採用しており、他のチェーン店とは異なる。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2012/12/10現在 Copyleft(c)



スターバックスコーヒー 株主優待券の買取の注意事項

■スターバックスコーヒー 株主優待券の買取価格は弊社保有在庫枚数およびスターバックスコーヒー 株主優待券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいたスターバックスコーヒー 株主優待券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のスターバックスコーヒー 株主優待券をお売りいただける場合はスターバックスコーヒー 株主優待券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■スターバックスコーヒー 株主優待券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れ、使用済み、使用できないスターバックスコーヒー 株主優待券は買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はスターバックスコーヒー 株主優待券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のスターバックスコーヒー 株主優待券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ