スターバックス ドリンクチケットを高価買取します。

スターバックス ドリンクチケット 金券買取表

株主優待券 - 飲食 買取価格
スターバックスドリンクチケット
スターバックス ドリンクチケット 詳細はこちら

スターバックス ドリンクチケット ※参考


スターバックス ドリンクチケット画像

(2012年5月14日現在のデザイン)


スターバックス

スターバックス (Starbucks) とは、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店である。
1986年に、エスプレッソをメイン商品としてテイクアウトと歩き飲みが可能なスタイル(シアトルスタイル)でのドリンク販売を始め、後に北米地区全土に広がったシアトルスタイルカフェ・ブームの火付け役となった。
現在、世界43の国と地域で営業展開している。


概要

1971年にシアトルで開業。当時は、コーヒー焙煎の会社にすぎなかった。
1982年にハワード・シュルツが入社。シュルツは、コーヒー豆のみならず、エスプレッソを主体としたドリンク類の販売を社に提案した。
1985年にスターバックスを退社したシュルツは翌年にイル・ジョルナーレ社を設立し、エスプレッソを主体としたテイクアウトメニューの店頭販売を開始した。
これがシアトルの学生やキャリアウーマンの間で大人気となり、瞬く間に流行した。
シュルツは1987年にスターバックスの店舗と商標を購入。
イル・ジョルナーレ社をスターバックス・コーポレーションに改称し、スターバックスのブランドでコーヒー店チェーンを拡大した。
同業他社もこれに倣い、同様のスタイルのコーヒー店が急増した。
当時のアメリカではイタリア流のファッションや食事が流行しつつあり、イタリア式コーヒーのエスプレッソを主体とするこれらの「シアトル系コーヒー店」はブームに乗ってすぐに北米全土に広がり、シアトルスタイルというコーヒーやコーヒー店のスタイルとして定着した。


スターバックス カード

発行国内のスターバックス全店で使えるプリペイドカード・ギフトカードである。
他国のスターバックス店舗での互換性はなく、それぞれ発行国店舗のみでの利用となる。

アメリカとカナダのスターバックス店舗では、登録を行ったスターバックスカード利用者は、来店(購入)毎にシロップ追加、ドリップコーヒーのおかわりが無料となる。
2010年6月までは登録を行ったカード利用者に限り2時間までWiFi(AT&T Wi-Fi Access)利用が無料であった(2010年7月からは全ての客に時間制限なしで開放されている)。
カードはスーパーマーケット等でも販売(会員制倉庫型卸売店などでは額面の7割から9割の価格で販売)されている。
また、「スターバックスカード・デュエットビザカード」と呼ばれる年会費無料のクレジットカードをスターバックスとの提携でチェースが発行しており、このカードを利用時には、加えて代金の10%が割引となる。

イギリスの店舗でも同様に、オンラインで登録を行ったカード利用者は店舗内の公衆無線LAN(BT openzone)が制限なしに利用でき、シロップなどのオプションは過剰でない限り全て無料になる上、スターバックスカードでドリンクを購入するとドリンク単体の割引が受けられる。
また、フィルターコーヒー(トールサイズ)が1ポンドになるなど(この場合のオプションも無料)、スターバックスカードのサービスは世界でも北米と並ぶトップレベルである。

日本では、現金またはクレジットカードによる1000円以上の入金で発行でき、繰り返しチャージが可能である。
プレミアムや増量、Wi-Fiなどのサービスは一切付かず、小銭が不要であるとか、キャッシュカード決済の手間が無いという利点のみである。
残高は店頭やスターバックスカードサポートセンター、ウェブサイトで確認でき、同時に利用期限が更新される(金額の増減を伴わなくとも3年の有効期限が延長される)。
絵柄は年々変更され、期間限定タイプや懸賞で当たるタイプなどもある。
こういった限定の絵柄はオークションでも高価で取引されている。
また、贈呈用としてカードを納める封筒もある。
カードのタイプはデニーズと同じタイプであるが、デニーズでは利用できない(逆も同様) 。

日本を含めたほとんどが磁気カードだが、台湾のみICカードである。
台湾では、同じ統一グループが経営するセブンイレブンで発行されている「icash」と同じタイプだが、セブンイレブンでは利用できない(逆も同様)。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2012/5/14現在 Copyleft(c)



スターバックス ドリンクチケットの買取の注意事項

■スターバックス ドリンクチケットの買取価格は弊社保有在庫枚数およびスターバックス ドリンクチケットの有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいたスターバックス ドリンクチケットは消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のスターバックス ドリンクチケットをお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)はスターバックス ドリンクチケットの在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■スターバックス ドリンクチケットの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れ、使用済み、使用できないスターバックス ドリンクチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はスターバックス ドリンクチケットを現金にて買取いたします。

■当サイト記載の金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ