サイゼリヤの株主優待券を高価買取します。

サイゼリヤ株主優待券買取表

株主優待券 - 飲食 買取価格
サイゼリヤ 株主優待券
サイゼリヤ (1000円券) 詳細はこちら
サイゼリヤ (30%割引券) 詳細はこちら

サイゼリヤ(1000円券) ※参考


サイゼリヤ株主優待券画像01

(2011年6月14日現在のデザイン)


サイゼリヤ(30%割引券)


サイゼリヤ株主優待券画像02

サイゼリヤ

株式会社サイゼリヤ(英: Saizeriya Co,. Ltd.)は、イタリアン・ファミリーレストランチェーン「サイゼリヤ」を運営する企業。
「サイゼリア」と表記されることもあるが、正しくは「サイゼリヤ」である。
株式会社サイゼリヤは、イタリア料理「サイゼリヤ」(国内836店舗)、ファストフード・ハンバーガー専門店「イートラン」(6店舗)を展開している。
2003年6月、中国の上海市にて100%子会社の上海薩莉亜餐飲有限公司を設立し、同国で「サイゼリヤ・レストラン」(上海・南京・蘇州に37店舗)を展開している。
その後、広州に10店舗・北京に6店舗・台湾に3店舗・香港に6店舗・シンガポールに2店舗と順調に店舗数を増やしている。


サイゼリヤの特徴

サイゼリヤは、徹底したコストダウンを通じて低価格メニューを充実させており、近年の不況による外食離れの中でも支持を集めている。
サイゼリヤの主要な客層は若年層で、「サイゼ」の愛称で親しまれている。
サイゼリヤ全メニューを食べても46,000円ほどだという。
また、サイゼリヤ全店でのドリンクバー導入に加え、イタリア料理に限らずファミリー向けのグラタンやハンバーグステーキなどのテイクアウト可能な料理を「お持ち帰りメニュー」として提供している。
アルコール類では、サイゼリヤには十数種のワインを備えて他のチェーン店との差別化を図っている。(なお、サイゼリヤはイタリア産ワイン輸入量でトップクラスとなっている)。
サイゼリヤ店舗内装の側面にはイタリアを連想させる絵画が飾られるほか、天井などにイタリア風の絵が描かれている。
サイゼリヤは低価格メニューを主力にしているが、内装・調度品などを工夫し、利用客が食事を楽しむ空間を提供している。


サイゼリヤの概要

サイゼリヤの現在の会長である正垣泰彦が、東京理科大学在学中に千葉県市川市にある洋食店「サイゼリヤ」で勤務をしていたところ、経営者からその腕を認められ、大学4年生のときに店を譲り受ける。
店長となった正垣は大学で身につけた分析能力を駆使し様々な食材の消費量を調べ上げた。
その結果、これからはイタリア料理の人気が出ると判断する。
しかし、洋食店からイタリア料理専門店に転換したものの、客足はぱったりと途絶えてしまった。
正垣は、その原因は価格にあると考え、メニューを全て7割引で販売するという行動にうってでる。
この判断が見事的中し、「サイゼリヤ」は行列が出来るほどの大繁盛となった。
「この方針ならば売れる」と確信した正垣は、サイゼリヤを低価格路線に乗せ、現在の地位を確立していくこととなる


1973年5月、正垣は株式会社マリアーヌ商会を市川市八幡に設立。
それまで営業していた「レストランサイゼリヤ」のチェーン展開を開始し、千葉県を中心に出店を続けた。
1987年、商号を株式会社マリアーノに、1992年には株式会社サイゼリヤに変更した。


現在、サイゼリヤは800店を超える規模に成長。
サイゼリヤの出店形式はビルイン型・ロードサイド・ピロティ型のほか、商業ビル・駅ビルテナント出店など、好立地なら物件を問わず、特に首都圏への出店を積極的に続けている。
また、他社の競合店などが撤退した店舗にサイゼリヤを出店するさいはその建物や看板など既存設備を利用するため、店舗の設計やロゴマークが描かれたポールサイン(看板)の形状は多彩である。
2005年8月24日から、ファストフード店の「イート・ラン」を運営しており、3店舗を運営している。このほか、ファストカジュアル店の運営も行っている。


2006年10月に発表されたサイゼリヤの既存店売上高が8年ぶりにプラスを計上した。
2006年8月期のサイゼリヤの既存店売上高は前期と比べて3%増(客数が2.1%増、客単価も0.8%増)となった。
サイゼリヤの既存店の業績低迷について従来は新規出店による売上げの増加でカバーしてきたが、メニューの品質向上やサービス向上などの成果がサイゼリヤ各店の固定客と売上げの増加に繋がったとされる。


2011年現在、サイゼリヤは関東・関西・中京を中心に展開しており、北東北(青森県・岩手県・秋田県)・山陰・四国・福岡県以外の九州・沖縄には未出店である。
また、福岡県も2010年に初めて出店され、北海道については1992年から新札幌駅ビル内に一店舗しかない。


ドリンクバーは、2005年8月頃まではコカコーラを採用していたが、それ以降はペプシコーラを採用している。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2011/6/14現在 Copyleft(c)



サイゼリヤ株主優待券の買取の注意事項

■サイゼリヤ株主優待券の買取価格は弊社保有在庫枚数およびサイゼリヤ株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のサイゼリヤ株主優待券をお売りいただける場合はサイゼリヤ株主優待券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■サイゼリヤ株主優待券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れ、使用済み、使用できないサイゼリヤ株主優待券は買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はサイゼリヤ株主優待券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のサイゼリヤ株主優待券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ