プレナス <ほっともっと・やよい軒・MK>の株主優待券を高価買取します。

プレナス株主優待券買取表

株主優待券 - 飲食 買取価格
プレナス <ほっともっと・やよい軒・MK> 株主優待券
プレナス <ほっともっと・やよい軒・MK> (500円券) 詳細はこちら

プレナス <ほっともっと・やよい軒・MK> (500円券) ※参考


プレナス株主優待券画像

(2011年11月4日現在のデザイン)


プレナス <ほっともっと・やよい軒・MK>

株式会社プレナス(英: Plenus Co., Ltd.)は、ほっともっと、やよい軒などのフランチャイズを運営する会社である。食材・包装等資材の販売、衣料品の販売なども行っている。


概要

ほっかほっか亭の九州本部としてのスタート

1976年に株式会社太陽事務機として設立。
1980年に、子会社として株式会社ほっかほっか亭九州地域本部を設立して、フランチャイジーとして九州での「ほっかほっか亭」の店舗展開を進める。
1987年6月にほっかほっか亭九州地域本部を吸収合併。
1990年12月に、商号を現在の株式会社プレナスに変更。


「ほっともっと」の店舗展開開始

2008年5月15日、プレナスの直営及び傘下だった「ほっかほっか亭」2,294店のうち2,028店と、総本部傘下のサンコー運営の茨城県内店舗59店の合計2,087店が、新ブランド「ほっともっと」に転換して営業を開始。
プレナス傘下であったがほっかほっか亭のままになった店舗の隣や正面に出店するケースも増えている。
5月20日には、これまでプレナスが店舗展開していなかった近畿地区1号店を神戸市中央区に開店するなど、独自ブランド化により全国展開を進め、3,000店まで店舗数を増やす計画である。
プレナスの新ブランドでの店舗展開に対しては、ほっかほっか亭関連企業から複数の訴訟が提起されている。


  • ・まず、ほっかほっか亭総本部から、フランチャイズ契約にあったチェーン離脱後の競業禁止条項に違反するという理由で、105億9630万7461円の損害賠償と遅延損害金の支払を求める訴えを、2008年12月16日に東京地方裁判所で起こされている。この裁判は、2010年5月11日に請求棄却判決がなされ、第1審はプレナスの全面勝訴となっている。
  • ・また、2009年2月12日、ほっかほっか亭に残留した群馬県・栃木県のフランチャイズ店舗の経営者9者から、「ほっともっと」での出店を断ったところ、近隣に「ほっともっと」の店舗を出店され、営業上の損害を被ったとして、営業の差し止めと5050万2653円の損害賠償の支払を求める訴えを前橋地方裁判所に提起されている。この裁判も、2011年8月10日に請求棄却判決がなされ、第1審はプレナスの全面勝訴となっている。
  • ・さらに、2009年6月23日には、プレナスが「ほっかほっか亭」を運営していたころから、「ほっかほっか亭鹿児島地区本部」である株式会社鹿児島食品サービスより、同社の加盟店に対して「ほっともっと」への引き抜きを行ったことと、加盟店舗の近隣に「ほっともっと」を出店されたことにより、損害を被ったとして、4億2052万1537円の損害賠償の支払を求める訴えを鹿児島地方裁判所に提起されている。この裁判も、2011年2月23日に請求棄却判決がなされ、第1審はプレナスの全面勝訴となっている。

展開する店舗

ほっともっと(持ち帰り弁当事業)
2008年5月15日よりほっかほっか亭から転換。
ほっかほっか亭時代は、東日本(岩手県・青森県は除く)、山口県、九州に店舗を展開していたが、従来展開していなかった地区にも営業部を設置し、店舗展開を進めていく方針。
やよい軒(定食事業)
旧めしや丼は、順次やよい軒に転換。
MKレストラン(タイ風しゃぶしゃぶ)
子会社の株式会社プレナス・エムケイによる運営

沿革

  • ・1976年11月 - 株式会社太陽事務機設立。
  • ・1980年4月 - 子会社として株式会社ほっかほっか亭九州地域本部を設立。
  • ・1985年4月 - 社名を「株式会社タイヨー」に変更。
  • ・1987年6月 - 子会社・株式会社ほっかほっか亭九州地域本部を吸収合併。
  • ・1989年12月 - めしや丼1号店を開店。
  • ・1990年11月 - 本社事務所を福岡県福岡市博多区上牟田(現在地)に移転。登記上本店は長崎県佐世保市のまま。
  • ・12月 - 社名を「株式会社プレナス」に変更。
  • ・1993年7月 - 株式を店頭公開。
  • ・12月 - 子会社の株式会社プレナス・エムケイを設立。
  • ・1999年4月 - 株式会社ほっかほっか亭を子会社化。株式会社ほっかほっか亭総本部を関連会社化。
  • ・2001年12月 - 神奈川地区担当の株式会社ライズを子会社化し、子会社の株式会社ほっかほっか亭に吸収合併。
  • ・2002年12月 - 東京証券取引所1部上場。
  • ・2004年3月 - 株式会社ほっかほっか亭を吸収合併。
  • ・9月 - やよい軒1号店を開店。
  • ・2006年7月 - めしや丼をやよい軒に転換。
  • ・2008年1月15日 - 株式会社ほっかほっか亭総本部とのフランチャイズ契約解約を発表。
  • ・2月6日 - 株式会社ほっかほっか亭総本部のフランチャイズ契約につき、5月14日をもって解約する旨の文書を送付、翌15日以降は独自ブランドで運営することを発表。
  • ・2月12日 - 株式会社ほっかほっか亭総本部との契約解除後に運営する独自ブランドの名称を「Hotto Motto(ほっともっと)」にすることを発表。
  • ・3月28日 - 東京地方裁判所が、株式会社ほっかほっか亭総本部によるプレナスの営業差し止め仮処分申請をすべて却下(3月31日、送達受領)。
  • ・4月8日 - 2008年から2010年の3年間、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)公式スポンサーおよび日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)のトップパートナーとなることを発表。なでしこリーグについては「プレナスなでしこリーグ」という呼称となる。
  • ・5月15日 - プレナス傘下の九州・山口・東日本地区(一部店舗除く)のほっかほっか亭2294店舗のうち2028店舗が新ブランド「Hotto Motto(ほっともっと)」に移行、同名での店舗運営展開開始。
  • ・5月20日 - 兵庫県にHotto Motto磯上公園前店をオープンし、近畿地区に初出店。
  • ・2009年5月 - 登記上本店を長崎県佐世保市から福岡県福岡市に移転。
  • ・2011年2月 - 神戸市の神戸総合運動公園野球場の命名権を取得。同14日付で「ほっともっとフィールド神戸」に改称。

子会社等

連結子会社

  • ・株式会社プレナス・エムケイ - タイ風しゃぶしゃぶ。タイ・バンコクのエムケイレストラン社との共同出資。
  • ・株式会社プレナスフーズ - 食肉加工業。
  • ・株式会社プレナス・トレーディング - 食材・包装資材(2008年2月末でプレナスに統合し解散)。

関連会社

  • ・株式会社ほっかほっか亭総本部 - ほっかほっか亭のフランチャイザー。
  • ・離脱時は持株比率44.44%の株式を所有していたが、ほっかほっか亭総本部が2度に渡る第三者割当による新規株式発行を行った(総株式数が28,800株が53,000株に増えた)ため、現在は仮に所有していたとしても約24%以下である。
  • ・株式会社九州トーヨー - 無洗米機械のレンタル。

ほっともっと加盟会社

  • ・サンコー株式会社 - 茨城地区本部
  • ・株式会社ブレンズ - 広島地区本部・沖縄地区本部

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2011/11/4現在 Copyleft(c)



プレナス <ほっともっと・やよい軒・MK> 株主優待券の買取の注意事項

■プレナス <ほっともっと・やよい軒・MK> 株主優待券の買取価格は弊社保有在庫枚数およびプレナス <ほっともっと・やよい軒・MK> 株主優待券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいたプレナス <ほっともっと・やよい軒・MK> 株主優待券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のプレナス <ほっともっと・やよい軒・MK> 株主優待券をお売りいただける場合はプレナス <ほっともっと・やよい軒・MK> 株主優待券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■プレナス <ほっともっと・やよい軒・MK> 株主優待券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れ、使用済み、使用できないプレナス <ほっともっと・やよい軒・MK> 株主優待券は買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はプレナス <ほっともっと・やよい軒・MK> 株主優待券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のプレナス <ほっともっと・やよい軒・MK> 株主優待券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ