なか卯の株主優待券を高価買取します。

なか卯株主優待券買取表

株主優待券 - 飲食 買取価格
なか卯 株主優待券
なか卯 (500円券) 詳細はこちら

なか卯 (500円券) ※参考


なか卯株主優待券画像

(2011年6月30日現在のデザイン)


なか卯

株式会社なか卯(なかう)は、丼、うどんをメイン商品とする外食チェーンストア。
2009年1月末現在、直営店とFC店を合わせて国内に400店舗を展開している。株式会社ゼンショーの連結子会社である。


概要

一般的に「牛丼屋」と呼ばれるが、それ以外のうどんや親子丼にも力を入れているのが特徴である。
特に親子丼はソムリエの田崎真也がテレビ番組で絶賛している。

2009年8月現在の未出店または撤退で店舗が存在しない地域は長野県・和歌山県・島根県・徳島県・福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・宮崎県・沖縄県である。
なお、長野県・福岡県・宮崎県にはかつて店舗があったが撤退している。(福岡県にあった店舗は、モスバーガーを経営する法人によって運営されていたため、グループがモスからゼンショーに移行した際に閉店。)
高知県は一度撤退していたが2008年10月に再進出。
石川県も一度撤退後長らく不在県であったが2009年2月11日に再進出。
青森県にあった店舗はエリアフランチャイズ契約解除などが理由で独立して地元運営会社の経営による「いち家」に転換しているが、2009年6月に再進出(第一フードサービスとは別経営)。
また、千葉マリンスタジアム内にも店舗が存在する。

漫画『キン肉マン』に頻繁に登場する牛丼は、一般には吉野家がモデルと思われがちだが、なか卯がモデルとなっている。
作者によれば大阪・住之江にあった店を参考としており、漫画内の店頭看板やメニューにて「牛丼・うどん」と描かれている点などからもなか卯と判別できるとしている。

店内で流れる「なか卯」オリジナル曲は、「なか卯って」いう曲名で「小西めぐみ」が、歌っている。


沿革

  • ・1966年2月4日 - 「玉堀建物株式会社」設立
  • ・1969年6月 - 「株式会社なか卯」に社名変更。営業の目的を飲食業に変更
  • ・1969年10月 - 大阪府茨木市に第1号店「なか卯茨木店」(手作りうどん店)を出店。阪急茨木市駅前のビルであるソシオの地下1Fにて営業していた。きざみねぎ、天かすが入れ放題だったため「かけうどん」を注文してもずいぶんと具だくさんにアレンジできた。また価格も他の店舗より安く設定されていた。
  • ・1974年4月 - 初の牛丼店「なか卯梅田店」を大阪市梅田地下街に出店
  • ・1988年8月 - 「モス・フード・サービス」と資本業務提携
  • ・1989年11月 - 関東地方第一号店「なか卯亀戸店」を東京都江東区に出店
  • ・1999年12月20日 - 株式を店頭登録市場(現・ジャスダック)に店頭公開
  • ・2001年8月 - 牛丼チェーン各社の値下げ競争に追随し、牛丼(並)400円から280円に値下げ[3](2004年2月まで)。
  • ・2002年10月 - ニチメン(現:双日)による株式公開買付(TOB) が実施され、ニチメンの子会社となる
  • ・2003年10月 - ニチメンと日商岩井の経営統合による「ニチメン・日商岩井ホールディングス(現:双日)」の設立に伴い、双日の子会社となる
  • ・2004年2月2日 - 牛丼の販売を停止。主要チェーンでは最も早い販売停止。
  • ・2005年2月26日 - なか卯の双日保有株51%のうちの33%を同業者のすき家を運営するゼンショーに売却
  • ・2005年5月31日 - 大阪府茨木市の第1号店「なか卯茨木店」を閉店
  • ・2005年8月5日 - ゼンショーによる株式公開買付(TOB)が実施され、発行済み株式の60.05%を保有し、ゼンショーの連結子会社となる
  • ・2010年3月24日 - ゼンショーが株式交換により完全子会社化する。
  • ・2010年5月12日 - 午前10時に牛丼の販売を終了し、「和風牛丼」の販売を開始

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2011/11/4現在 Copyleft(c)



なか卯 株主優待券の買取の注意事項

■なか卯 株主優待券の買取価格は弊社保有在庫枚数およびなか卯 株主優待券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいたなか卯 株主優待券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のなか卯 株主優待券をお売りいただける場合はなか卯 株主優待券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■なか卯 株主優待券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れ、使用済み、使用できないなか卯 株主優待券は買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はなか卯 株主優待券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のなか卯 株主優待券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ