ミニストップの株主優待券を高価買取します。

ミニストップ株主優待券買取表

株主優待券 - 飲食 買取価格
飲食 株主優待券
ミニストップ (ソフトクリーム引換券) 詳細はこちら

ミニストップ (ソフトクリーム引換券)


ミニストップ株主優待券買取表

(2011年12月13日現在のデザイン)


ミニストップ

ミニストップ株式会社(英: Ministop Co., Ltd.)は、イオングループに属する日本のコンビニエンスストアである。
東京都千代田区に本店を、千葉市美浜区に本社事務所を置く。 店舗数は2011年10月末現在2044店舗で、業界第5位。


概要

ファーストフードの加工販売を行い、店舗内にその飲食のためのイートインコーナー(飲食コーナー)が設けられているのが他のコンビニエンスチェーンとは違った特徴である。ミニストップ本部は、この独自の業務形態を「コンボストア」と称している。

イオングループの一員としてトップバリュ製品を取り扱っている。商品の配送は日立物流が行っている。

クレジットカード(イオンクレジットサービス、VISA、MasterCard及びJCB)による支払いが可能である。イオンカードとサティ・ビブレカード、サティカードの場合は毎週土曜日は5%引になるサービスは2009年9月26日で終了した。

電子マネーの利用については、WAON・Edy・iD・QUICPay(全店に導入)、並びにSuica・ICOCA・SUGOCA(各々のIC乗車カードのエリアに導入。それぞれ相互利用可能なJR各社、および他社局のIC乗車カードでも利用可能)の各電子マネーによる決済にも対応している。

全店舗に郵便ポストが設置されている。

キャッチコピーは「明るい。元気。ふれあい。ミニストップ」。

オリジナル均一価格菓子として100円(税込)の「かしコレ」が存在していたが、2007年10月より順次105円(税込)の「おやつラボ」にリニューアルされている。2010年4月よりケータイクーポンの配信を始め最新の商品情報やお買い得情報のチェックができる。

1989年にGKインダストリアルデザイン研究所制作による、現在のロゴマーク「ハウスマーク」に変更された。ロゴマークの家と木は「街角のあなたの憩いの場」を意味し、シンボルカラーの黄・青・橙色の線は南カリフォルニア・南カリフォルニアの青空・オレンジ果実をイメージしたもの。


店舗

店舗のある都道府県

2011年3月末現在、以下の27都府県に2,031(そのうちエリアFCが52)店舗がある。北海道、甲信越地域、福井県を除く北陸地域、中国地域、南九州地域(熊本県、長崎県、沖縄県にもない)には、今のところ店舗がない。()内は店舗数

  • ・東北:青森県(45)、岩手県(県北部のみ)(6)、宮城県(93)、福島県(55)
  • ・関東:茨城県(89)、栃木県(30)、群馬県(38)、埼玉県(159)、千葉県(183)、東京都(300)、神奈川県(136)
  • ・中部:静岡県(135)、愛知県(206)、三重県(93)、岐阜県(96)、福井県(嶺南地方のみ)(11)
  • ・近畿:滋賀県(6)、京都府(35)、大阪府(80)、兵庫県(36)、奈良県(11)
  • ・四国:徳島県(13)、香川県(31)、愛媛県(7)
  • ・九州:福岡県(117)、佐賀県(18)、大分県(日田市と玖珠SA下り線に1店舗ずつのみ)(2)

四国地方への出店

四国地方は当初、四国旅客鉄道(JR四国)との合弁会社「ジェイアール四国エムエスネットワーク株式会社」(1995年設立。出資比率はJR四国80%、ミニストップ20%)による出店だった。他チェーンとの競争に敗れ、とりわけ2001年のファミリーマート進出で大打撃を受けたことと、JR四国の経営難により2004年3月31日にJR四国保有の全株式を2億3700万円でミニストップ本社に売却し、社長も含めたJR四国からの役職員も引き揚げ、社名を「四国エムエスネットワーク株式会社」に変更した。さらに同年8月1日に同社はミニストップ本社に吸収合併された。現在は合弁会社が経営していた香川県内の不採算店舗を閉鎖する一方で、四国他県への出店を進めており、2005年6月25日には徳島県へ出店した。

2010年9月1日には高知県を中心に店舗展開している株式会社スリーエフ中四国と、四国地区において業務提携した[5]。


ファーストフードメニュー

2010年9月現在。新商品は原則火曜日に発売される。

ホットメニュー

  • ・G(グリル)-DOG
    • ・オリジナル¥198
    • ・バジルチキン¥198
    • ・チキンチーズグラタン¥198
    • ・ダブルチーズ¥238
    • ・Xポテトセット¥350(ダブルチーズとのセットは¥390)
  • ・粗挽きリッチフランク¥148
  • ・竜田揚げ¥198
  • ・クランキーチキンうす塩味¥198
  • ・フリフリクランキーチキン¥198
    • ・チーズ味
    • ・コンソメ味
    • ・ペッパー味
  • ・骨付きジューシーチキン¥148
  • ・骨なしチキン各¥128(2009年9月~)
    • ・プレーン
    • ・辛口
  • ・Xフライドポテト¥198
  • ・アイダホスティックポテト¥198
  • ・ワッフルポテト¥198
  • ・コーヒー
    • ・セルフコーヒー¥150(ホット/コールド)
その他
・東日本大震災発生後の食材の供給不足などから、地域限定の臨時メニューが発売されている。(例:青森県内での「ピザ」など。)

コールドメニュー

  • ・ソフトクリーム各¥198
    • ・バニラ
    • ・ベルギーチョコ
    • ・ベルギーチョコミックス
    • ・カップソフトバニラ
    • ・カップソフトベルギーチョコ
    • ・カップソフトベルギーチョコミックス
  • ・パフェ
    • ・いちごショートケーキパフェ¥298
    • ・いちごショートケーキパフェ サンタクロース付き¥298
  • ・冬プリンパフェ¥278
  • ・2倍プリンパフェ¥398
  • ・ソフデコ¥198
  • ・バニラ味
  • ・ベルギーチョコ味
期間限定メニュー
・ハロハロ各¥268(1995年〜、夏季メニュー)
  • ・ラムネ
  • ・宇治金時
  • ・ゴールドキウイ
  • ・パチパチコーラ
  • ・ピーチ
・フルーツ氷各¥248
  • ・いちご
  • ・マンゴー
  • ・甘夏みかん
その他
ソフトクリーム商品の開発には、ソフトクリームのガリバー総合メーカーである、株式会社日世(本社:大阪府茨木市)が、発売当初より深く参画しており、メニュー開発・ソフトクリーム製造フリーザー・オリジナル原料ミックス・盛付コーンまでトータル的にプロデュースをおこなっており、同社の主力ユーザーとなっている。

キャッチコピー

  • ・「コンビニ行って、ピザ食べて~」(1989年頃)
  • ・「しゃべれるたべれるコンビニエンス」(2世代前)
  • ・「ちょっと違うね! ミニストップ」(1世代前)
  • ・「ちょっとストップ! ミニストップ」
  • ・「明るい。元気。ふれあい。ミニストップ」(現在)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2011/12/13現在



ミニストップ株主優待券の買取の注意事項

■ミニストップ株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびミニストップ株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ミニストップ株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はミニストップ株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のミニストップ株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ