松屋フーズの株主優待券を高価買取します。

松屋フーズ株主優待券買取表

株主優待券 - 飲食 買取価格
飲食 株主優待券
松屋フーズ 詳細はこちら

松屋フーズ


松屋フーズ株主優待券買取表

(2011年11月4日現在のデザイン)


松屋フーズ

株式会社松屋フーズ(まつやフーズ、英称:Matsuya Foods Company, Limited)は、牛丼(牛めし)・豚丼(豚めし)・カレー・定食などを販売する「松屋」などの飲食店をチェーン展開している企業。


概要

創業者の瓦葺利夫が1966年に東京都練馬区羽沢の住宅街に「中華飯店 松屋」を開業したのがその始まりである。この店は1969年に閉店した。


この店がなかなか軌道に乗らなかったこと、商店街で商売を試してみたかったこと、専門誌で紹介されていた「何時屋」の「ぶっかけ」という牛めしに衝撃を受けたこと、吉野家の味に感銘を受けたことなどにより、瓦葺が牛丼の研究を重ね独自の味を完成させて[1]、1968年6月に江古田に牛めし・焼肉定食店としての「松屋」をオープンさせた。これは2011年現在の江古田店であり、これが1号店としてカウントされる。


同業の他社チェーンと比較して、牛めし以外のカレーライスや定食などの比率が高いのが特徴である。これは一号店の江古田店近辺は学校が多いことから昼間は学生で賑わい、ベッドタウンでもあることから夜は独身サラリーマンが戻ってくるという当時の土地柄を考慮して、学生層向けの牛めしだけではなく独身サラリーマン層向けには定食とカレーが必要と考え、「牛めし」「定食」「カレー」の三本柱でメニューを構成することになり、その後の展開においてもこの方針を維持している。


ロゴマークは当初、社員の家族が考えた丼を持っている牛(通称:牛ちゃん)だった。会社が大きくなってきたのでデザイナーに依頼、盆に乗せられた丼と味噌汁椀をモチーフとしたものになった。丼・カレーに味噌汁が付く松屋の特色を表したものである。


2010年4月時点の未出店地域は青森県、秋田県、鳥取県、島根県、四国全県、佐賀県、長崎県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県である。


海外の出店は中国上海市、またラーメン居酒屋、豚カツ専門店などをアメリカ合衆国ニューヨークで営業している。


沿革

  • ・1966年6月16日 - 創業者の瓦葺利夫が中華飯店「松屋」開店(~1969年1月まで)
  • ・1968年6月 - 牛めし・焼肉定食店「松屋」をオープン(1号店)
  • ・1975年10月14日 - 「有限会社松屋商事」設立
  • ・1980年1月16日 - 組織変更により、「株式会社松屋商事」設立(有限会社松屋商事の店舗・工場・社員を引き継ぐ)
  • ・1989年6月 - 「株式会社松屋フーズ」に社名変更
  • ・1990年10月 - 店頭市場(JASDAQ、現・ジャスダック)公開
  • ・1999年12月 - 東京証券取引所市場第二部上場
  • ・2000年9月 - 同年8月に300店舗出店達成。それを記念して牛めしの販売価格を値下げ(並390円→290円)。当初は期間限定の予定だったが好評だったこともあってそのまま継続販売となる[3](2004年2月まで)。
  • ・2001年3月 - 東京証券取引所市場第一部上場。不動産管理の子会社・松屋フーズ開発株式会社ほか子会社2社を設立。
  • ・2002年4月 - 直営の新業態店として「チキン亭」高円寺店を東京都杉並区で開店。環境管理システムの国際規格、ISO 14001の認証取得。
  • ・2002年10月 - 品質管理システムの国際規格ISO9001の認証取得。
  • ・2003年10月 - 優良フードサービス事業者表彰の「環境配慮部門」において、農林水産大臣賞を受賞。
  • ・2004年5月 - 外販事業を開始し、第1弾の商品として「冷凍個食パック」を販売。
  • ・2004年2月 - 牛めし販売休止。
  • ・2004年10月 - 牛めし(中国産牛使用)販売再開。
  • ・2004年11月 - 中華人民共和国青島市に「青島松屋快餐有限公司」を設立し、日本国外初進出となる青島ジャスコ1号店がオープン。
  • ・2005年1月 - 1,000店舗体制を視野に入れ、静岡県富士宮市に富士山工場を開設。
  • ・2005年2月 - 米国発の世界的国民健康増進運動「ファイブ・ア・デイ(5 A DAY)協会」に加盟。
  • ・2005年3月 - 外販事業の本格的市場参入に向けて、アジア・環太平洋地域最大の食品トレードショー、「FOODEX JAPAN 2005」に出展。
  • ・2006年3月 - 「株式会社コバヤシフーズインターナショナル」より回転寿司店舗12店舗(「すし丸」10店舗、「焼津丸」1店舗、「吉ェ門」1店舗)の営業を譲受。
  • ・2006年12月 - 本社を、東京都練馬区下石神井から東京都武蔵野市中町一丁目14番5号(三鷹駅前)に移転。
  • ・2007年3月 - 完全子会社の松屋フーズ開発株式会社を清算。
  • ・2010年10月 - CMキャラクターに井ノ原快彦(V6)を起用。
  • ・2011年5月 - CMキャラクターに溝端淳平を起用。

メニュー

日本にて牛肉輸入自由化された後、松屋のメニューを牛めしに特化することも模索されたが、当時既に牛丼といえば吉野家というブランドイメージが出来上がっていた状況の中で、松屋が牛めしに特化しても良い結果を出すのは難しく、慣れている三本柱メニューでマーケットに訴えた方が良いということで却下された。


新メニューは上層部も関わって随時開発する方針を採っており、需要の低いメニューは終了して入れ替え、需要の高い既存メニューも適時改良している。


店内で食べる場合は、カレー等にまで無料で味噌汁が付くが、持ち帰りの場合は別売り(有料)となっている。ちなみに、瓦葺会長の「日本の食卓といえば麹の味噌汁だ。」という意向により、松屋の味噌汁は麹入りとなっている。同社総務人事部によれば、注文が一番多いメニューは通年においては牛めしとなっているが、月によっては定食などの新メニューが一番注文されることもあり、客単価は四百円台後半(大体480円位)となっている(2009年時点)。


一部メニューの名称に特徴があり、他店でいう牛丼を牛めし、豚丼を豚めし、あいがけをカレギュウ、サラダを生野菜と呼ぶ。


松屋(牛めし)以外の直営店

とんかつ事業

  • ・チキン亭 - カレーとカツ。
  • ・松八(しょうはち) - ロースとんかつ、カツカレー。2006年3月から。
  • ・松乃家(まつのや) - 黒豚とんかつと和定食。

中華・ラーメン事業

  • ・青島餃子(ちんたおぎょうざ) - ラーメンと餃子。2004年6月16日~2007年4月15日。
  • ・鉄菜(てっさい) - 鉄鍋ちゃんこめん、醤油ラーメン、餃子ほか。2006年3月から。
  • ・地蔵ラーメン - 2007年3月閉店。
  • ・博多ラーメン きんしゃい 吉祥寺南口店2F・西荻窪北口 1985年頃開店、博多ラーメン(具は取り放題)・長崎ちゃんぽん・餃子・茶めし 開店当初は豚骨・鶏がらからスープを作成していたが工場で作られるようになった。閉店時期不明。
  • ・巣鴨柳麺 - ラーメン 閉店時期不明。
  • ・田無柳麺 - ラーメン 2010年閉店、下記セロリの花へ
  • ・麺Dining セロリの花  吉祥寺店・綾瀬店・田無店 - 2010年スタートのラーメン店

回転寿司事業

株式会社コバヤシフーズインターナショナルより営業譲受。


  • ・すし丸
  • ・焼津丸
  • ・吉ェ門
  • ・福松
  • ・すし松

その他の事業

松屋グリル - 松屋のメニューに加えステーキやハンバーグなど洋食メニューを組み合わせ、ドリンクバーも設置した実験店。2006年7月から。1号店は板橋区・西台駅前店。その西台店は2010年1月31日にて閉店。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2011/11/4現在



松屋フーズ株主優待券の買取の注意事項

■松屋フーズ株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および松屋フーズ株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■松屋フーズ株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は松屋フーズ株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の松屋フーズ株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ