くら寿司(くらコーポレーション) の株主優待券を高価買取します。

くら寿司(くらコーポレーション)株主優待券買取表

株主優待券 - 飲食 買取価格
くら寿司(くらコーポレーション) 株主優待券
くら寿司(くらコーポレーション) 詳細はこちら

くら寿司 株主優待券 ※参考


くら寿司(くらコーポレーション)株主優待券画像

(2011/5/24現在)


くら寿司(くらコーポレーション)

株式会社くらコーポレーション(英: KURA Corporation)は大阪府堺市中区に本社を置く外食産業企業。
回転寿司チェーンストアの「無添くら寿司」を展開しており、近畿や関東・中部などに320店以上の店舗を持つ。
東北地方以北及び九州地方では未出店の県も多く、北海道、秋田県、山形県、福島県、新潟県、宮崎県、沖縄県の7道県である(2013年5月現在)。
くらコーポレーションは東証1部に上場・株式公開。
「無添くら寿司」の他、関西圏に和食レストラン「無添蔵」を展開。


店舗の特色・システム

くら寿司には、一皿(2貫)税抜き100円のもののほか、1皿で1貫・皿2枚重ね(200円分)のものもある。
1997年に皿の裏に貼られたICチップ・QRコードによる製造時間制限管理システムを導入後、1999年に長時間レーン上に置かれた寿司を自動廃棄するシステムを導入。
直線型レーン、タッチパネル式注文システムを導入。
客が皿を返却口(皿カウンター)に入れる事で洗い場まで自動的に回収され、同時に枚数がカウントされ精算される。
2000年、テーブル席に5皿ごとにカプセルトイ景品が当たる抽選機「びっくらポン!」を導入する。
携帯電話で順番待ちや予約が可能なEPARKシステムを利用できる。
2011年12月1日から、店舗内を飛び交うつば・ほこり・ノロウイルス・インフルエンザウイルスなどから守るために寿司を守るカバー「鮮度くん」をくら寿司全店舗に導入した。
くら寿司全店舗に店舗支援システムがあり、本部から全店舗を見ることができ本部から運営における援助をすることができる。
くらコーポレーションには、合計50件以上の特許がある。
最近は、「7種の魚介醤油らーめん」「天丼」「うな丼」の販売している。
くらコーポレーションは「食の戦前回帰」を企業理念とし、使用する食材は四大添加物(うま味調味料、人工甘味料、合成着色料、人工保存料)を一切使用しない「無添」に取り組む。
また寿司の100円均一価格を値上げせず維持するための方策として、らーめん・丼物・デザートなど、付加価値を取れる寿司以外のサイドメニューの充実を図っている。
レーン上の寿司は、かつては、土・日・祝日のみわさび抜きであったが、後に、終日全品わさび抜きとなり、テーブルにわさびを備え付けている。
ちなみに食品安全教育研究所代表の河岸宏和によれば、ライバル店を連想させるため、自身の店で出す「かっぱ巻」を、わざわざ「きゅうり巻」と呼んでいるとのこと。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2011/5/24現在 Copyleft(c)



くら寿司(くらコーポレーション) 株主優待券の買取の注意事項

■くら寿司(くらコーポレーション) 株主優待券の買取価格は弊社保有在庫枚数およびくら寿司(くらコーポレーション) 株主優待券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいたくら寿司(くらコーポレーション) 株主優待券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のくら寿司(くらコーポレーション) 株主優待券をお売りいただける場合はくら寿司(くらコーポレーション) 株主優待券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■くら寿司(くらコーポレーション) 株主優待券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れ、使用済み、使用できないくら寿司(くらコーポレーション) 株主優待券は買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はくら寿司(くらコーポレーション) 株主優待券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のくら寿司(くらコーポレーション) 株主優待券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ