関門海 の株主優待券を高価買取します。

関門海株主優待券買取表

株主優待券 - 飲食 買取価格
飲食株主優待券
関門海 詳細はこちら
関門海株主優待券買取表

(2011/5/25現在)


関門海

株式会社関門海(かんもんかい)は、とらふぐ料理専門店「玄品ふぐ」、かに料理専門店「玄品 以蟹茂」(げんぴんいかにも)などを展開する会社である。大阪本社は大阪府大阪市西区北堀江2-3-3、東京本部は東京都港区芝浦3-8-10 MA芝浦ビル2階。


展開店舗

  • 「玄品ふぐ」 - とらふぐ料理専門店(2002年6月~)
  • 「玄品 以蟹茂」(げんぴんいかにも、旧・かに玄) - かに料理専門店(2005年12月~)
  • 「BAR DE G」(バルデゲー) - スペインバル(ららぽーと豊洲、2006年12月~)
  • 「アマークドパラディラッテ」 - 同志社大学京田辺キャンパス、株式会社バルニバービとの共同事業
  • 「玄品直釜カレーめし」 - カレー専門店(2005年12月~2007年1月)
  • 「えびおどーる by GENPIN」 - 車海老フライ専門店(2005年4月~2005年10月)
  • 「カリーシェフ伝説」 - ごちそうカリー専門店(2005年6月~2005年10月)

会社概要

1980年に、創業者である山口聖二が大阪府藤井寺市にてとらふぐ料理専門店の「ふぐ半」を創業。
ふぐを下関を通さずに生産地から安く直接仕入れを行い、てっちりが1980円など安価で料理を提供したことから、好評となる。

1989年5月18日に株式会社さかな亭を設立、従業員への暖簾分けをはじめる。
しかし、各店長の収入が激増したこともあり、店舗の経営がいい加減になり業績が下降。

1999年11月に暖簾分け制度を廃止し、各店舗を営業譲渡により本社直営とする。

2001年3月に商号を現在の株式会社関門海に変更し、2002年6月から店舗名を「玄品ふぐ」に統一する。

2004年11月にはフランチャイズ展開もはじめて、現在直営・フランチャイズをあわせて100店舗を越える。

2005年に創業者・山口聖二が死去し、遺族3人が2007年2月に相続税を同社の株式で物納したために、上場会社では極めて珍しく、一時財務大臣(国)が筆頭株主になっていた。 その後2007年11月に創業者一族の資産管理会社であるヤタガラスホールディングスが同社に対する株式公開買い付け(TOB)を実施、財務省がこれに応じたため、現在は筆頭株主がヤタガラスホールディングスに戻っている。また同社では2007年10月にサッポロビールと資本業務提携を結ぶことを発表しており、TOB実施後の2008年1月にヤタガラスホールディングスからサッポロビールに同社株式が譲渡されている。

2007年2月13日に民事再生手続を申請した(株)かね治(東大阪市、食材宅配サービス、平成18年12月期の売上高43億円)のスポンサーに内定、3月22日に当社100%出資で受皿となる子会社(カネジ)を新たに設立、4月3日かね治から2億2000万円で事業譲渡を受ける契約を締結した。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2011/5/25現在

らくちん!!検索方法

関門海株主優待券の買取の注意事項

■関門海株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および関門海株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■関門海株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は関門海株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の関門海株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ