グローバルダイニング の株主優待証を高価買取します。

グローバルダイニング 株主優待証 買取表 画像

株主優待券 - 飲食 買取価格
グローバルダイニング 株主優待証
グローバルダイニング 株主優待証(15%OFF) 詳細はこちら

グローバルダイニング 株主優待証


グローバルダイニング 株主優待証 画像

グローバルダイニング

株式会社 グローバルダイニング(GLOBAL-DINING,INC.)は、東京都港区南青山に本社を置く日本の外食産業の一社である。


グローバルダイニングの概要

グローバルダイニングの創業者で現社長の長谷川耕造が、早稲田大学商学部を中退し、シベリア鉄道に乗って、スウェーデンへ渡り、同国の首都・ストックホルムを基点にヨーロッパ全土を放浪して回る。やがて1972年に帰国し、翌年有限会社長谷川実業を創業。高田馬場に喫茶店「北欧館」を開く。
ここで立て続けに高い年商を記録すると、長谷川の意志もあって、1976年に六本木にパブレストラン「ゼスト」(現在は新業態のLB6が存在する。当時は現在のゼスト キャンティーナとは、まだ違う業態だった)、さらには1980年に原宿にパスタレストラン「カフェ ラ・ボエム」などのレストラン業態へと移行してゆく。
その後、同社の本社オフィスに近い、代官山や西麻布、表参道、原宿近郊に、ゼストキャンティーナ、カフェ ラ・ボエムを裏通りなどにゲリラ的に出店してゆくと、深夜5時まで営業していることもあり、主に夜遊び族の支持を得て、知名度を上昇させると共に、1985年には株式会社に改組する。
1987年にはゼストキャンティーナを、当時流行の兆しを見せていたテクスメクスレストランに業態転向させ、大成功をおさめると、その後もイタメシブームでカフェ ラ・ボエムも成功をおさめ、一気にメジャーな知名度を得る。その後も1993年にアジアンレストラン「モンスーンカフェ」、2000年に和食レストラン「権八」などの新業態にも進出し、新たに成功させるなどしている。
現社名のグローバルダイニングには1997年に変更している。
グローバルダイニングは、これまで東京都内を主戦場としてきたが、2004年にこれまでの業態を一店に凝縮した大型フードコート「フードコラシアム」を沖縄にオープンさせると、その後は福岡、大阪などの地方都市へも店舗展開を開始している。
また海外への出店も盛んであり、ロサンゼルスにカフェ ラ・ボエム、サンタモニカにモンスーンカフェ、トーランスに権八の3店舗を所有している。


グローバルダイニングの業態一覧

・ゼスト キャンティーナ(ZEST CANTINA)
・カフェ ラ・ボエム(Cafe La Boheme)
・モンスーン カフェ(MonSoon Cafe)
・権八(Gonpachi)
・フードコロシアム(FOOD COLOSSEUM)
・タブローズ(TABLEAUX)
・ステラート(Stellato)
・レガート(Legato)
・エルビー(LB)


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014年11月19日現在 Copyleft(c)




グローバルダイニング 株主優待証の買取の注意事項

■グローバルダイニング 株主優待証の買取価格は弊社保有在庫枚数および グローバルダイニング 株主優待証の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた グローバルダイニング 株主優待証は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の グローバルダイニング 株主優待証をお売りいただける場合、グローバルダイニング 株主優待証の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■グローバルダイニング 株主優待証の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れ、使用済み、又は使用できないグローバルダイニング 株主優待証は買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケットにおいて、店頭買取は グローバルダイニング 株主優待証を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケットでは、店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ