ダスキン <ミスタードーナツ・モスバーガー>の株主優待券を高価買取します。

ダスキン <ミスタードーナツ・モスバーガー>株主優待券買取表

株主優待券 - 飲食 買取価格
ダスキン <ミスタードーナツ・モスバーガー> 株主優待券
ダスキン <ミスタードーナツ・モスバーガー>
(500円券) 1枚
詳細はこちら

ダスキン <ミスタードーナツ・モスバーガー> (500円券) ※参考


ダスキン <ミスタードーナツ・モスバーガー> (500円券) 画像

(2012年12月23日現在のデザイン)


ダスキン <ミスタードーナツ・モスバーガー>

株式会社ダスキン(英文名称:Duskin Co., Ltd.)は、大阪府吹田市(江坂地区)に本社を置く日本の企業。
清掃業務を中心に、外食産業なども展開する。


社名

「ダスキン」は英語の「ダストクロス (dust cloth)」と日本語の「雑巾」の合成語。
当初は「株式会社ぞうきん」という社名にしたらどうかという提案も当時の社長の鈴木清一 (実業家)から出たといわれるが、社員の「人に言いにくい」「嫁が来ない」などの反対により、この「ダスキン」という社名になった。
鈴木は、「自分が汚れた分だけ人が綺麗になる『ぞうきん』で何が悪いのか」とも言ったといわれる。
ダスキンには学生の俗語として、ドイツ語の das kind を語源とした「子供っぽい人物」の意味で使われることもあったが関連性は薄い。


社訓等

ダスキン創業者鈴木清一が「祈りの経営」、『喜びのタネをまこう』という理念を掲げた。
ダスキン社内では、社員を「働きさん」と呼び、入社順に「働きさんナンバー」が割り振られる。
またダスキンでは、給料を「お下がり」、ボーナスを「ご供養」と呼び習わしている。


創業

下座行で知られる一燈園を信仰していた鈴木清一が渡米時に、AT&Tで行われていた電話事業所での新しい清掃方法(ダストコントロール)を知人を通じて知り、このシーズの事業化と日本市場導入を志し、ダスキン創業に至った。
市場導入に当たっては、これも渡米時に知った新しいビジネスモデルのフランチャイズシステムを採用することにより、事業規模の急速な拡大をはかった。
ダスキンは日本におけるフランチャイズシステムの最も初期の事例のひとつである。
ミスタードーナツ事業にあっても、同じくアメリカよりファーストフードという当時の新しいカテゴリーをフランチャイズシステムに乗せることにより成功させた。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2012/12/23日現在 Copyleft(c)



ダスキン <ミスタードーナツ・モスバーガー> 株主優待券の買取の注意事項

■ダスキン <ミスタードーナツ・モスバーガー> 株主優待券の買取価格は弊社保有在庫枚数およびダスキン <ミスタードーナツ・モスバーガー> 株主優待券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいたダスキン <ミスタードーナツ・モスバーガー> 株主優待券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合はダスキン <ミスタードーナツ・モスバーガー> 株主優待券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ダスキン <ミスタードーナツ・モスバーガー> 株主優待券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れ、使用済み、使用できないダスキン <ミスタードーナツ・モスバーガー> 株主優待券は買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はダスキン <ミスタードーナツ・モスバーガー> 株主優待券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のダスキン <ミスタードーナツ・モスバーガー> 株主優待券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ