バーガーキング お食事引換券を高価買取します。

金券ショップ アクセスチケットトップページ飲食株主優待券買取表 > バーガーキング お食事引換券 買取表

バーガーキング お食事引換券買取表

株主優待券 - 飲食 買取価格
飲食 株主優待券
バーガーキング お食事引換券 詳細はこちら

バーガーキング お食事引換券


バーガーキング お食事引換券買取表

(2013年5月17日現在のデザイン)


バーガーキング

バーガーキング(英語:Burger King)は、アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ・デード郡に本社のあるハンバーガーチェーン。


概要

各国での事業展開
2010年現在、アメリカ国内50州および世界73か国で約1万2,000の店舗を展開している。
本社直営のフランチャイズ方式ではなく、各国毎に地元企業と業務提携を行う方式で、欧米を中心に多くのチェーン店を展開している。
ドイツには500店舗ほどあり、毎年50店舗ほど新規出店をしている。
オーストラリアでは商標に“バーガーキング”の名称を使用せず、「ハングリージャックス」(Hungry Jack's)と呼ばれる[1]。



日本での展開
日本で展開したバーガーキング・フランチャイズ事業を手がけた企業は、 1993年にアメリカ・バーガーキング社とフランチャイズ契約を結び、独自にチェーン展開していた西武商事
1996年にアメリカ・バーガーキング社の持株会社である、イギリス企業グランド・メトロポリタン社と提携、事業を展開していたバーガーキングジャパン(旧)を設立したJT
2007年に共同出資会社バーガーキング・ジャパン(新)を設立したロッテとリヴァンプ
2010年に上記会社を買収したロッテリア(韓国法人) がある。

西武商事・JT運営期
西武グループ系列企業の西武商事(現・西武プロパティーズ)が1993年にアメリカ・バーガーキング社とフランチャイズ契約を結び、1993年9月22日、西武池袋線の駅ビルにバーガーキング日本1号店となる入間店が開店する[2]。西武商事の運営方針として自社物件で保有する西武線沿線のテナントビルへの展開、プリンスホテルなどの西武グループのリゾート施設内を活用した店舗事業展開を計画していたが[3] 、アメリカ・バーガーキング社との拡大戦略と事業展開についての意見の相違があり、後に既存店の営業は継続したまま提携関係のみ解消することになった。
その後日本市場でのバーガーキング事業を継承したのは、JTが1996年に設立したバーガーキングジャパン株式会社である。当時のアメリカ・バーガーキング社の持株会社である、イギリス企業グランド・メトロポリタン社と提携後、共同出資会社・JTグランドメット株式会社を設立[3]。
同社が100%出資する子会社としてバーガーキングジャパン株式会社(旧)を設立した(登記上の設立年月日:1996年5月20日)。
バーガーキングのブランドシナジー効果を早期に高めるために他社のレストラン森永が展開していた「森永LOVE」の事業を譲り受けてチェーン展開を進め、4年から5年の間に100店舗を出店する事業計画を掲げた[3]。
当初は親会社がJTのため禁煙席は設置されなかったが、後に多くの店舗に設けることになった。
1990年代後期から激化した日本マクドナルドが打ち出した平日半額キャンペーン等の相次ぐ低価格路線の競争や西武グループの経営状況悪化もあり、メニュー単価が高いハンバーガーがメインであった同社の店舗は客足が遠のき、経営状況は悪化した。
このため2001年3月末をもってバーガーキング・ジャパンは営業を終了し、撤退した[4]。
日本撤退時には、首都圏を中心に展開していたチェーン店の25店舗のうち、西武商事が運営していた店舗は同じくハンバーガーチェーンを展開するサントリー系のファーストキッチン[5]、JTが運営していた店舗はロッテリアに売却された[6]。
JTは、バーガーキング本社と軋轢があったことを認めている[7]。
法人としてのバーガーキングジャパン株式会社は撤退直後に役員変更が一度行われた後は休眠状態で、2005年3月31日付で解散するまでの約4年間放置されていた。
8月17日に特別清算開始、12月6日に特別清算終結決定し、完全消滅した。

ロッテ運営期(2007年-)
株式会社バーガーキング・ジャパン(Burgerking Japan)は、2013年5月現在、北海道で2店舗、東京都で32店舗、茨城県で4店舗、埼玉県で9店舗、千葉県で3店舗、神奈川県で6店舗、静岡県で1店舗、愛知県で1店舗、大阪府で4店舗、京都府で1店舗、兵庫県で2店舗、沖縄県で2店舗のハンバーガーチェーンを展開する。
「ロッテリア」を運営しているロッテと、ロッテリアの再建に関わっている企業支援会社リヴァンプ(REVAMP)の共同出資により、2006年11月29日に資本金1億円で設立した。米国バーガーキング社(BKC)と2006年12月15日にフランチャイズ契約を締結する[8]。
本社をリヴァンプ本社と同じ東京都渋谷区の笹塚サウスビルに置き、初代代表取締役社長として日本マクドナルドやゼンショーを渡り歩いたリヴァンプの笠真一(眞一)(かさ しんいち)が就任した。
再上陸第1号店は東京都新宿区西新宿六丁目の「新宿アイランドタワー」内に「新宿アイランドイッツ店」として開店(2011年8月31日閉店)。
初日には開店前に約700人の行列ができ、再上陸に際しメディアでも大きく取り上げられた[9]。
当初は、2010年3月までに日本国内に50店舗体制を取る目標を発表していたが、現在は全国に64店舗が存在している。JT時代と違い、当初は店内は全面禁煙だったが、完全分煙の喫煙室を設置した店舗もある。かつては、店舗は首都圏の1都3県のみ展開していたが、2011年7月からは関西でも展開している。
店舗は新規で出店する場合もあるが、近隣に複数店舗があるロッテリアの店舗を転換する形で出店する場合もある(池袋店・新宿西口店など)。
2010年8月21日、ロッテリア(韓国法人)がロッテらからバーガーキング・ジャパンを1400ウォン(100円)で買収した(約14億円の負債を引き継ぐのが条件である)。[10]
 買収が発表された9月2日は、本拠アメリカのバーガーキングが、投資会社・3Gキャピタルに約32億6,000万ドルで身売りすることに合意したと発表された日でもある。[11]
2011年5月18日には、関西エリア初出店となる「なんばセンター街店」を7月21日にオープンすると発表した[12]。
2012年からフランチャイズ展開を開始[13]。3月26日には、北海道エリア初出店となる「JR小樽駅店」を4月25日に[14]、6月1日には、東海エリア初出店となる「イオンタウン千種店」7月6日に[15]、7月30日に沖縄エリア初出店となる「沖映通り店」を8月11日に[16]、11月14日に静岡県内初出店となる「静岡呉服町店」を12月21日に[17]、11月29日に兵庫県内初出店となる「阪急三宮駅前店」を12月14日に[18]それぞれオープンすることを発表した。
日本では、ニュージーランド産の牛肉を使用している。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2013/05/17現在



バーガーキング お食事引換券の買取の注意事項

■バーガーキング お食事引換券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびバーガーキング お食事引換券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■バーガーキング お食事引換券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はバーガーキング お食事引換券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のバーガーキング お食事引換券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ