バンダイナムコ <イタリアントマト>の株主優待券を高価買取します。

バンダイナムコ <イタリアントマト>株主優待券買取表

株主優待券 - 飲食 買取価格
バンダイナムコ 株主優待券
バンダイナムコ <イタリアントマト> (500円券) 詳細はこちら

バンダイナムコ <イタリアントマト> (500円券)


バンダイナムコ <イタリアントマト>株主優待券画像

(2011年11月4日現在のデザイン)


バンダイナムコグループ

バンダイナムコグループ(Bandai Namco Group)は、日本のエンタテインメント企業グループ。
ナムコの方が日本国外での知名度が高いことからグループ企業の多くは英語名を「Namco Bandai」としているが、グループ名については英語名も日本語名と同じ「Bandai Namco」の順である。
Namco Bandai Holdings(USA)のトップページでも「BANDAI NAMCO Group」と明記されている。


概要

杉浦名誉会長などが中心となり、前身となるグループ企業4社(旧バンダイ・旧ポピー・マミート・セレンテ)が大合同して設立したバンダイ、キャラクター版権事業やプライズ事業などで知られるバンプレスト、家庭用・業務用ゲーム最大手企業の一つである
バンダイナムコゲームス、テーマパークやアミューズメント施設の運営を行っているナムコが中心となって形成している企業集団である。
バンダイとしては仮面ライダーシリーズ・スーパー戦隊シリーズ・ウルトラシリーズ関連のおもちゃの取引により、テレビ朝日グループ・TBSグループ・東映グループ・円谷プロやサンライズなどと関係が緊密。
それに加えて、ウルトラシリーズ・機動戦士ガンダムシリーズの商品化権利を独占的に所有している。
こうしたキャラクター玩具の分野でバンダイは国内随一といえる。
またバンダイナムコゲームスの持つ、ゲーム開発の技術力の高さやこれまでの作品のキャラクター資産、そしてアミューズメント施設、特に近年ではフードテーマパークの運営ノウハウを持つナムコなど、価値のある分野が多い。
2005年9月に株式会社バンダイナムコホールディングスを設立し、バンダイとナムコとの間で経営統合を行った。
またコンピュータゲーム部門をバンダイナムコゲームスに統合、上場していたバンプレスト、バンダイロジパル、バンダイビジュアル、バンダイネットワークスをTOBにて完全子会社化、さらにバンプレストのゲーム事業をバンダイナムコゲームスに移管・統合し、アミューズメント系子会社もナムコ傘下に移動するなど、グループの再編を進めている。
今後は合併初期ゆえに存在しているグループ企業同士の事業の重複の解消や、女子・女性向け商品の拡大、米国・欧州の売上増、など諸々の課題に取り組んでいくようである。


グループ企業

・バンダイナムコホールディングス(持株会社)

☆印の付いた企業は関連企業

トイホビー

  • ・バンダイ
  • ・メガハウス
  • ・シー・シー・ピー(元カシオ計算機傘下)
  • ・シーズ
  • ・プレックス
  • ・サンスター文具☆(旧セイカを統合、33.4%出資持分法適用会社化)
  • ・ピープル(2005年下半期より連結入り)
  • ・東ハト☆(5%株式保有)

コンテンツ

旧ゲームコンテンツ

  • ・バンダイナムコゲームス
  • ・VIBE
  • ・ベック
  • ・バンプレソフト
  • ・モノリスソフト☆
  • ・ナムコ・テイルズスタジオ
  • ・サイバーコネクトツー☆
  • ・バンダイナムコオンライン
  • ・D3パブリッシャー

旧映像音楽コンテンツ

  • ・バンダイビジュアル
  • ・ランティス
  • ・バンダイチャンネル
  • ・サンライズ☆
  • ・サンライズ音楽出版☆
  • ・アトリエ彩(さい)☆

旧プライズ事業

  • ・バンプレスト
  • ・バンプレスト販売

アミューズメント施設

  • ・ナムコ
  • ・サントロペ(遊技場経営・不動産賃貸業。同名ホテルやレストランが多くあるが一切無関係)
  • ・浅草花やしき
  • ・プレジャーキャスト(旧バンプレストアミューズメント事業)
  • ・ナムコ・スパリゾート

関連事業

  • ・バンダイロジパル(物流)
  • ・バンダイロジパルエクスプレス(物流)
  • ・バンダイ自動車(自動車整備業)
  • ・創通(広告代理店)☆(2007年4月1日社名変更、旧社名:創通エージェンシー)
  • ・創通エンタテインメント☆(2007年4月1日社名変更、旧社名:創通映像)
  • ・ハピネット(卸売業)☆
  • ・サイトロン・デジタルコンテンツ☆(現:ハピネット音楽企画部)
  • ・サンリンク☆
  • ・バンダイナムコビジネスサービス(人材派遣業)(旧バナレックスと旧ナムコ・サポーターズが合併し2007年3月1日設立)
  • ・アートプレスト(印刷・デザイン)
  • ・かいかや(介護福祉事業)

ナムコ傘下

  • ・ナムコ・エコロテック
  • ・イタリアントマト☆(ナムコの持分法適用会社。直接の親会社はキーコーヒー)

主な大口取引先・業務提携先

  • ・セガ
  • ・任天堂
  • ・スクウェア・エニックス
  • ・エイベックス
  • ・東映
  • ・集英社
  • ・円谷プロ
  • ・小学館
  • ・フジテレビ
  • ・TBS
  • ・テレビ朝日
  • ・マッグガーデン
  • ・角川書店
  • ・ランティス
  • ・日本コロムビア
  • ・ビクターエンタテインメント
  • ・ソニー・ミュージックエンタテインメント
  • ・ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • ・ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • ・キングレコード

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2011/11/4現在 Copyleft(c)



バンダイナムコ <イタリアントマト> 株主優待券の買取の注意事項

■バンダイナムコ <イタリアントマト> 株主優待券の買取価格は弊社保有在庫枚数およびバンダイナムコ <イタリアントマト> 株主優待券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいたバンダイナムコ <イタリアントマト> 株主優待券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のバンダイナムコ <イタリアントマト> 株主優待券をお売りいただける場合はバンダイナムコ <イタリアントマト> 株主優待券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■バンダイナムコ <イタリアントマト> 株主優待券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れ、使用済み、使用できないバンダイナムコ <イタリアントマト> 株主優待券は買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はバンダイナムコ <イタリアントマト> 株主優待券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のバンダイナムコ <イタリアントマト> 株主優待券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ