ノジマの株主優待券を高価買取します。

ノジマ 株主優待券 買取表 画像

株主優待券 - 家電 買取価格
ノジマ 株主優待券
ノジマ (10%割引券) 詳細はこちら

ノジマ 株主優待券 ※参考


ノジマ 株主優待券 画像

(2012年12月23日現在のデザイン)


ノジマ

株式会社ノジマ(英称:Nojima Corporation)とは神奈川県に本社を置き、首都圏を中心に家電量販店を展開する日本の企業である。
店内アナウンスやチラシ広告では「デジタル専門店・ノジマ」「デジタルネットワーク・Nojima」等といったキャッチフレーズを採用しており、デジタルオーディオやパソコン、携帯電話を積極的に扱っている。また、携帯電話については専門店業態も展開しており、複数キャリア取扱店の他にショップ店も展開している。なお、2011年3月時点での連結売上高が2000億円を超えており、日本の家電量販店トップ10以内の売上げを達成している。
ジャスダック証券取引所に上場しているが、主要株式の約3割を社長および社長の資産管理会社である野島廣司有限会社、および創業者一族である野島家で個人所有しており、実質的に同族経営を行っている。2007年に新潟を拠点とする家電量販店の「真電」を吸収合併しており、真電の創業者一族もノジマの大株主として名を連ねている。なお、ピーシーデポコーポレーションの代表取締役・野島隆久は現社長の野島廣司の実弟だが、両者の間に直接的な資本関係はない。ただし、隆久はノジマの第2位の大株主である。
真電とノジマが合併した際に、かつて真電の筆頭株主だったラオックスが一時ノジマ株を所有していた。2009年2月には、経営の悪化したラオックスの郊外型店舗の一部を同社の会社分割により新設された「株式会社ノジマ関東」(仮称)を子会社化する形で譲り受けることで基本合意したが、具体的譲渡方法で合意できず、3月末に合意を破棄した。代わりに、ラオックス閉店店舗の従業員約200人を受け入れることになり、ラオックスが閉店する郊外型店舗の一部で旧ラオックス従業員が主体となってノジマが居抜き出店することとなり、2009年5月から2010年9月にかけてラオックスの10店舗がノジマに転換された。2008年春以降、両社が店舗再編を行う過程においては閉店後のアフターケアを両社相互間で実施しているケースがある。その後2009年12月に発表されたノジマのコーポレート・ガバナンスで発表された大株主一覧からラオックスが消えているため、両者の資本関係はなくなった模様。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編

2012/12/23 Copyleft(c)


らくちん!!検索方法


ノジマ株主優待券の買取の注意事項

■ノジマ株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびノジマ株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ノジマ株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はノジマ株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のノジマ株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ