ギガス ケーズデンキの株主優待券を高価買取します。

ギガス ケーズデンキ 株主優待券 買取表 画像

株主優待券 - 家電 買取価格
ギガス ケーズデンキ 株主優待券
ギガス ケーズデンキ (1,000円券) 詳細はこちら

ギガス ケーズデンキ 株主優待券 ※参考


ギガス ケーズデンキ 株主優待券 画像

(2012年12月23日現在のデザイン)


ケーズホールディングス

株式会社ケーズホールディングス(K's Holdings Corporation)は、茨城県水戸市に本社を置く家電量販店チェーンを展開する企業。子会社9社、関連会社(持分法適用)1社、同社のフランチャイズ加盟3社からなる企業集団の中核企業。家電量販店の売上高で日本国内3位(2011年3月現在)。
主に「ケーズデンキ」(アルファベット表記としては K's)の屋号で、同社とその子会社・関連会社7社、フランチャイズ加盟3社が営業する店舗で構成される家電量販店チェーンを展開している。


沿革

1947年3月 - 創業者の加藤馨が、加藤電気商会として茨城県水戸市にてラジオ販売・修理業を開始。
1955年10月 - 法人化し、有限会社加藤電気商会を設立。
1971年5月 - 有限会社カトーデンキに商号(社名)変更。
1973年9月29日 - 組織変更し、株式会社カトーデンキに商号変更。
1980年9月 - 家電小売業を行うカトーデンキ販売株式会社を子会社として設立(株式会社カトーデンキは不動産賃貸業に)。
1982年3月 - 社長・加藤馨が会長に就任、専務・加藤修一が社長に就任。
1985年3月
カトーデンキ販売株式会社が、株式会社カトーデンキを吸収合併。
全店POS導入。
1988年4月 - 株式を店頭公開。
1991年7月 - 株式会社よつば電機(福島県、のちに株式会社東北ケーズデンキへ商号変更)を子会社化。
1993年
9月 - 株式会社北越電機(新潟県、のちに株式会社北越ケーズへ商号変更)とフランチャイズ契約に係る業務提携。
株式会社大宮電化(埼玉県、のちにフランチャイズ契約を解除)とフランチャイズ契約に係る業務提携。
1994年 - 株式会社ユーアイ電器(神奈川県)及び株式会社三石電化センター(静岡県)とフランチャイズ契約に係る業務提携。
1995年
6月 - 会長加藤馨が名誉会長に就任。
株式会社大坂屋(香川県、のちに株式会社ビッグ・エスへ商号変更)及び吉田商事株式会社(石川県)とフランチャイズ契約に係る業務提携。
1996年
10月 - 株式会社シミズデンキ(茨城県)とフランチャイズ契約に係る業務提携。
株式会社ウシオ(鳥取県)及び株式会社セブンデンキ(鹿児島県、のちに関連会社化)とフランチャイズ契約に係る業務提携。
1997年
11月 - 株式会社ケーズデンキに商号変更。
株式会社正一電気(鹿児島県)とフランチャイズ契約に係る業務提携。
1999年10月 - 株式会社ピーシーデポコーポレーション(神奈川県)とPC DEPOTフランチャイジー契約を締結。
2000年
6月 - 三石電化センターとのフランチャイズ契約を解除。
7月 - 茨城県に、子会社の株式会社モバイルシステムひたちなか(のちに株式会社ケーズモバイルシステムへ商号変更)を設立。
2001年
2月 - 東京証券取引所第2部上場。
株式会社浜松ケーズ(静岡県)とフランチャイズ契約に係る業務提携。
2002年
3月 - 東京証券取引所第1部指定替え。
3月 - 株式会社岡島(山梨県)とフランチャイズ契約に係る業務提携。
8月 - 株式会社ヒダカ電器商会(大阪府)及び株式会社東海ケーズ(愛知県)とフランチャイズ契約に係る業務提携。
株式会社池田(北海道)及び株式会社アリデン(和歌山県)とフランチャイズ契約に係る業務提携。
2003年
2月 - 株式会社ワンダーコーポレーション(茨城県)と資本業務提携を締結。ケーズデンキは家電事業、ワンダーコーポレーションはエンタテインメント事業と、得意分野へ集中することとなった。同時に、ワンダーコーポレーションから、同社の会社分割により設立された子会社である株式会社デジックスケーズの株式を100%譲受し、子会社化。
株式会社フジヤ(北海道)とフランチャイズ契約に係る業務提携。
2004年
4月 - 株式会社ギガス(愛知県)を子会社化し、株式会社ケーズデンキからギガスケーズデンキ株式会社に商号変更。
10月1日 - 八千代ムセン電機株式会社(大阪府)を子会社化。
2005年
10月 - ピーシーデポコーポレーションが運営するパソコン・クリニックを、一部のケーズデンキ店舗内に順次開設を始める。
10月1日 - フランチャイズ契約をしているビッグ・エスを子会社化。
ケーズデンキが、ユーアイ電器がフランチャイジーとして運営している店舗の運営を譲受。
2006年
3月1日 - 四国電業株式会社(愛媛県)とフランチャイズ契約に係る業務提携。
8月1日 - 八千代ムセン電機株式会社の社名を、株式会社関西ケーズデンキに商号変更。
2007年
1月1日
フランチャイズ契約をしている北越ケーズを子会社化。
ギガスが、フランチャイズ契約をしている東海ケーズを吸収合併。
1月 - 九州地方に全額出資の子会社、株式会社九州ケーズデンキを設立。
2月11日 - 正一電気とのフランチャイズ契約を解除。
2月28日 - ギガスケーズデンキ株式会社から株式会社ケーズホールディングスに商号変更。
3月1日 - 九州ケーズデンキが、正一電気の運営店舗であった大分県大分市の2店舗のみ運営を引き継ぎ、運営を開始。
3月20日 - 株式会社土橋電気(大阪府)とフランチャイズ契約に係る業務提携。
3月26日 - ビッグ・エスが、四国電業がフランチャイジーとして運営している店舗の運営を譲受。
4月1日 - 株式会社デンコードー(宮城県)を子会社化。
10月1日 - デンコードーが、東北ケーズデンキを吸収合併。
12月1日 - 関西ケーズデンキが、フランチャイズ契約をしている土橋電気を吸収合併。
12月15日 - 世界最大の家電店ベスト・バイ社と取引を開始し、同社のプライベートブランド「ロケットフィッシュ」などの製品の販売を開始。
フランチャイズ契約をしているシミズデンキの株式を取得し、関連会社化。
2008年
4月1日 - デンコードーが、フランチャイズ契約をしているフジヤを吸収合併。
6月1日 - 九州ケーズデンキが、子会社のセブンデンキを吸収合併。
6月16日 - あんしんパスポートを導入。
7月1日 - 関西ケーズデンキが、フランチャイズ契約をしているヒダカ電器商会を吸収合併。
8月1日 - ケーズホールディングスが運営する PC DEPOT 4店舗を株式会社ピーシーデポコーポレーションへ譲渡。同時にピーシーデポコーポレーションがケーズデンキ店舗内で運営するパソコン・クリニック14店舗をケーズグループが譲受け、フランチャイズ契約を締結しケーズグループが運営し、今後もパソコン・クリニックの拡大展開を図って行く予定。
9月1日 - ケーズホールディングスが、関連会社のシミズデンキを吸収合併。
12月1日 - 北越ケーズが、フランチャイズ契約をしている吉田商事を吸収合併。
フランチャイズ契約をしている池田の株式を取得し、関連会社化。
関連会社のセブンデンキを子会社化。
2009年8月21日 - 水戸市立競技場のネーミングライツを取得。新施設名称はケーズデンキスタジアム水戸。
2011年
6月29日 - 社長・加藤修一が会長に就任、専務・遠藤裕之が社長に就任。
10月1日 - 関西ケーズデンキが、フランチャイズ契約をしているアリデンを吸収合併。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編

2012/12/23現在 Copyleft(c)


らくちん!!検索方法


ギガス ケーズデンキ株主優待券の買取の注意事項

■ギガス ケーズデンキ株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびギガス ケーズデンキ株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ギガス ケーズデンキ株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はギガス ケーズデンキ株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のギガス ケーズデンキ株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ