コジマの株主優待券を高価買取します。

コジマ 株主優待券 買取表 画像

株主優待券 - 家電 買取価格
コジマ 株主優待券
コジマ優待券 (2,000円毎に500円OFF) 詳細はこちら

コジマ 株主優待券 ※参考


コジマ 株主優待券 画像

(2012年12月23日現在のデザイン)


コジマ

株式会社コジマ(英: Kojima Co., Ltd.)は、日本の大手家電量販店チェーン。ビックカメラグループ。
1955年4月に、栃木県宇都宮市において小島勝平が、個人商店の小島電気商会を創業し、1963年8月に株式会社小島電機を設立して法人化している。1972年から栃木県内での多店舗化を開始し、1984年から栃木県外にも進出し、関東を中心に多店舗展開典を進める。「北関東YKK」と呼ばれる家電量販店3社の一角として激しい競争の中で成長して、1996年には東京証券取引所への上場を果たし、1997年にはそれまで業界1位だったベスト電器を抜いて家電量販店売上高日本一を達成、2001年に 家電量販店として初の売上高5,000億円超を達成した。1990年代中頃から、家電量販店チェーンで最大手であることを前面に出した宣伝を展開し、以前のキャッチフレーズは「安値日本一への挑戦」、2012年現在は「安値世界一への挑戦」である。
しかし、隣県の群馬県に本社のあるヤマダ電機の攻勢を受け、2002年にヤマダ電機に家電量販店売上高日本一の座を奪われた。また、2003年には、メイン銀行である足利銀行が経営破綻し、同社の経営にも悪影響を及ぼした。2009年3月31日現在、日本の全都道府県に222店舗を展開しているものの、2012年3月期決算では、日本国内の売上高は業界7位と低迷していた。M&Aを加速させている同業他社と一線を画し、完全直営主義を貫いて、小規模店の統廃合と大型店舗出店(スクラップアンドビルド)を行い、事業の効率化を進めていた。
2012年5月11日、それまでの独立路線を転換し、ビックカメラに対して第三者割当増資(140億円)を行い、ビックカメラがコジマの普通株式の過半数(増資後の発行済株式数の50.06%)を取得して、同社の子会社となることを発表。同年6月26日に子会社化が完了された。コジマはこれにより、ビックカメラ支援の下に40 - 50店舗程度のスクラップアンドビルドを行い、経営の再構築を図ることとなる。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編

2012/12/23現在 Copyleft(c)


らくちん!!検索方法


コジマ株主優待券の買取の注意事項

■コジマ株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびコジマ株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■コジマ株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はコジマ株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のコジマ株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ