エディオンの株主優待券を高価買取します。

エディオン 株主優待券 買取表 画像

株主優待券 - 家電 買取価格
エディオン 株主優待券
エディオン (500円券) 詳細はこちら
エディオン (200円券) 詳細はこちら

エディオン (500円券) ※参考


エディオン (500円券) 画像

(2013年11月25日現在のデザイン)


エディオン (200円券) ※参考


エディオン (200円券) 画像

(2012年12月23日現在のデザイン)


エディオン

株式会社エディオン(英文名称:EDION Corporation)は、日本の家電量販店チェーン。かつては複数のチェーンブランドを展開する持株会社であった。売上高はヤマダ電機に次いで業界2位となっている。2002年(平成14年)3月に、中国地方を基盤とする株式会社デオデオと中部地方を基盤とする株式会社エイデンの共同で、エディオングループの持株会社として設立。2005年(平成17年)4月には近畿地方を基盤とする株式会社ミドリ電化を子会社化、2006年(平成18年)7月には関東地方を基盤とする石丸電気を関連会社化するなど、徐々に規模を拡大した。
2009年(平成21年)10月に事業子会社を東西2社に再編し、1年後にこの東西事業子会社を吸収合併して、一連の統合を完了した。一連の再編にあたっては併せて、「地域別ブランド」戦略を打ち立て、テリトリー外の店舗を本来の地域運営会社に移管させた。
東京証券取引所・名古屋証券取引所1部上場(会社コード2730)、本社は関西地域の基盤強化を目的に2007年(平成19年)1月から7月にかけて、愛知県名古屋市千種区から大阪市北区堂島に順次移転している。傘下には北陸地方と北海道に展開をしているサンキューがある。傘下を合わせて関東以西に954店舗(2007年2月時点)を展開し、売上高はヤマダ電機に次いで第2位である。
また2007年(平成19年)2月8日には、都市駅前型の業態を展開するためにビックカメラと業務・資本提携を行なった。最終的に経営統合を目指していたが、方向性の違いが明らかになったことから業務提携のみにとどまり、統合は白紙化された。その後、2年間の契約有効期限の満了をもって、ビックカメラとの業務提携を解消した。
過去には全国展開を進めるヤマダ電機など関東系家電量販店に対抗するために、2002年(平成14年)からエディオン・上新電機株式会社・株式会社ミドリ電化・株式会社サンキュー・株式会社デンコードーと業務提携、5社による「ボイスネットワーク」を結成し、オリジナル商品の企画・開発などを行っていた。しかし、2004年(平成16年)にエディオンとミドリ電化との経営統合が決定し、一旦残り3社との提携を解消。2007年(平成19年)2月には、株式会社サンキューの株式40%を取得し連結対象子会社とした。2006年(平成18年)には、家具の製造を行っているマルニグループの中核企業マルニ木工にも出資し、SPA化への意欲も見せた。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編

2012/12/23現在 Copyleft(c)


らくちん!!検索方法


エディオン株主優待券の買取の注意事項

■エディオン株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびエディオン株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■エディオン株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はエディオン株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のエディオン株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ