ビックカメラの株主優待券を高価買取します。

ビックカメラ 株主優待券 買取表 画像

株主優待券 - 家電 買取価格
ビックカメラ 株主優待券
ビックカメラ 株主優待券 (1,000円券) 詳細はこちら

ビックカメラ 株主優待券 ※参考


ビックカメラ 株主優待券 画像

(2012年12月23日現在のデザイン)


ビックカメラ

株式会社ビックカメラ(BIC CAMERA INC.)は、日本で家電量販店を経営する企業。東京・池袋に本店を置き、2012年1月現在、16都道府県に直営34店舗・FC2店舗を展開。業界第5位。子会社にコジマ、ソフマップなどがある。
1968年に群馬県高崎市で創業、1978年に東京支店(後に池袋北口店に改称、閉店)を開店し池袋に進出した。創業当初はカメラ専門のディスカウントストアであったが、その後、家電・パソコン等の販売に参入。2000年代以降は、酒類、ゴルフクラブ、寝具、高級ブランド品、自転車、玩具など、多様な品目を取り扱っている。
パソコン販売については、従来より行っていた販売を強化し、1994年に「株式会社ビックパソコン館」を設立。その後も精力的に出店していたが、2000年以降のパソコン販売の下落を受けて、2003年、ビックカメラ本体に吸収合併した。その後2006年には、株式会社ソフマップを連結子会社化。中古パソコン等の買い取りにおいて高いノウハウを持つソフマップは、ビックカメラ既出店地域における売り場拡張のほか、秋葉原をはじめとしたビックカメラ未出店地域を間接的にカバーしている。また、多くのビックカメラ店舗にてソフマップのカウンターを設けており、その中にはインショップとして中古販売(PC、パーツ、ソフト、ゲーム)を行っている店舗もある。
拡大路線の一環として、家電量販売上高6位の株式会社コジマとの間で、資本・業務提携契約を締結し、2012年6月26日よりコジマの行う第三者割当増資により3900万株を取得し、50.06%の議決権を取得するとともに役員を派遣して、同社を連結子会社化。これによって、駅前型店舗と郊外型店舗を併せ持った家電量販店グループとなった。両社をあわせたグループ全体の売上高は業界2位に相当している。
また、2007年よりベスト電器と資本・業務提携を行い、以後ベスト電器の株式を段階的に買い増して、2008年からは持分法適用関連会社としている。ベスト電器とは合弁会社を設立し、ベスト電器の一部店舗をビックカメラの店舗に転換している。また、ベスト電器の連結子会社であった旧・さくらやの一部店舗も引き継ぎ、これらの店舗もビックカメラに転換している。


名称

「ビック(Bic)カメラ」を「ビッグ(Big)カメラ」とする誤用が多くみられる。この綴りに関して、会社の公式発表では「ビック(bic)」とは英語の方言で「(外見だけでなく中身も)大きい」の意である(元はbig)。創業者の新井隆司は、バリ島を訪れた際に現地の子供たちが使っていた「ビック、ビック」という言葉に、「偉大な」という意味があると聞いて社名に使ったと述べている。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編

2012/12/23現在 Copyleft(c)


らくちん!!検索方法


ビックカメラ株主優待券の買取の注意事項

■ビックカメラ株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびビックカメラ株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ビックカメラ株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はビックカメラ株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のビックカメラ株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ