さいか屋 の株主優待券を高価買取します。

さいか屋 株主優待券 買取表 画像

株主優待券 - 百貨店 買取価格
さいか屋 株主優待券
さいか屋株主お買物優待券 (優待カード) 詳細はこちら

さいか屋 株主優待券 ※参考


さいか屋 株主優待券 画像

(2012/12/12現在)


会社概要


株式会社 さいか屋(さいかや、英称:SAIKAYA CO.,LTD)は、神奈川県川崎市川崎区に本社を置く百貨店と専門店ビルを運営する企業。日本百貨店協会加盟。
前身は、1920年1月に創業した百貨店「丸物」(まるぶつ)をルーツとする旧京都さいか屋と、近畿日本鉄道の直営百貨店部門から分離し発展した旧さいか屋に分かれる。

川崎店


1950年(昭和25年)11月18日に株式会社雑賀屋の関連不動産会社として設立されていた株式会社大洋会館が川崎店の運営会社となるために1955年(昭和30年)8月に株式会社川崎さいか屋へ商号変更して1956年(昭和31年)4月に現在地に鉄骨鉄筋コンクリート造り地下1階地上3階で延べ床面積4,926m2で売場面積4,021m2の百貨店を開業したのが始まりである。
当店のみを営業していた時代の株式会社川崎さいか屋が1964年(昭和39年)8月に東京証券取引所第二部へ上場している。
1964年(昭和39年)11月に延べ床面積21,732m2で売場面積15,591m2に増床し、1965年(昭和40年)には売上高約50.7億円を上げて1927年(昭和2年)に開業した地元創業の老舗小美屋の約36.0億円(売場面積7,724m2)や1955年(昭和30年)に開業した岡田屋の売上高約23.5億円(売場面積5,287m2)を大きく上回る地域一番店となると共に、同じさいか屋グループでも横須賀の売上高約22.9億円(売場面積7,317m2)と藤沢の売上高約25.4億円(売場面積6,593m2)のほか2店合計の売上高を上回って中心的な存在となっていた。
また、1973年(昭和48年)11月にも延べ床面積33,994m2で売場面積22,118m2に増床を行い、更なる拡大を図っている。
そして、1969年(昭和44年)9月に株式会社横須賀さいか屋と株式会社藤沢さいか屋(初代)の2社を合併して百貨店事業の運営会社を一本化した際に当店が本店となった。
2003年(平成15年)9月には同年8月に閉店した川崎西武の33ブランドを含む50ブランドを新たに入居させる改装を行って若い顧客向けの商品の拡充を図って、中高年層中心の客層を広げることを目指した。
経営再建の一環として、2009年(平成21年)12月9日に約76億円で不動産投資を行っているMM投資組合へ売却してリースバックして営業を続ける契約を結んだことを発表され、翌年2010年(平成22年)3月19日に正式に譲渡された。
また、同じく経営再建策の一環として2010年(平成22年)4月末に川崎店の外商が廃止され、同年6月1日に外商カードを持つ顧客向けのサロンを開設してコンシェルジェが店内での買い物をサポートする仕組みを導入した。
その他にも再建策の一環である専門店の導入も当店から先行して始まり、2010年(平成22年)5月に洋服のサカゼンを導入したのを皮切りに同年7月の手芸洋品店ユザワヤのほかカルディーコーヒーファームなども導入し、売上高こそ減少したものの来店客の増加やテナント賃料による収益改善に繋がっている。
2011年(平成23年)5月25日には川崎市内の有名な和洋菓子店やパン屋などを集めたセレクト・かわさきを川崎商工会議所との共同で1階菓匠街に開設したり、川崎市内のギョーザ店でつくるかわさき餃子舗の会が開発したかわさき餃子みそも販売するなど川崎の名産品の販売にも注力し始めている。

横須賀店


岡本傅兵衛が1872年(明治5年)10月に本町雑賀屋呉服店を開業したのをルーツとするかつての本店である。
1928年(昭和3年)10月3日に旧大通館の場所に木骨鉄筋コンクリート造3階建て約430坪の店舗が完成して百貨店化して人気を集めた。
1966年(昭和41年)7月に株式会社雑賀屋の百貨店部門を分割して株式会社横須賀さいか屋を新たに設立され、同社が1969年(昭和44年)5月に川崎さいか屋の商号を株式会社さいか屋に変更した法人に同年9月に吸収合併され、その際に川崎店が本店となったため、当店は本店でなくなった。
1974年(昭和49年)4月に延べ床面積21,922m2で売場面積14,761m2に増床し、1990年(平成2年)3月には新館を開業して延べ床面積28,259m2で売場面積26,714m2に増床し、同年10月にはレストラン街やホールなどの各種サービス施設の入った南館(延べ床面積7,906m2)を開業して3館体制に移行するなど規模拡大を重ねた。
3店舗の中で最も不振が深刻だったため、コストダウンのため2009年(平成21年)3月から閉店時刻を1時間繰り上げて17時半に変更するなどの対応を図っていたが、2009年(平成21年)8月中間決算の売上高が約88億円と前年同期比で約20%ほど減少するなど大きく落ち込んだため、経営再建策の一環としてかつての本館だった大通り館を2010年(平成22年)5月11日に閉鎖して新館に売場の集約が図られ、同月から外商を大幅に縮小して代わりに外商顧客の来店を促すために同年6月9日に外商カードを持つ顧客向けのサロンを開設してコンシェルジェが店内での買い物をサポートする仕組みを導入するなどの規模の縮小を伴う更なるコストダウンの取組みが始まった。
その一方で「仕事帰りに立ち寄るには閉店が早すぎる」などの顧客の意見に配慮して2010年(平成22年)3月3日から閉店時刻を30分繰り下げて19時に変更するなど集客力の強化も図っている。
また、再建策の一環として雑賀屋不動産が清算されることになったため、引き続き百貨店の営業を続ける新館と付属施設として使用し続ける南館・北館を同社から2010年(平成22年)2月25日に当社が取得して自社物件化している。
2011年(平成23年)5月27日に手芸洋品店ユザワヤを開店させるなどテナント導入による来店客増加と収益改善の両立を図る取組みも進められているほか、同月から横須賀店が地元の老人ホームと提携してホームが運行する送迎バスに駐車場を無償提供して老人ホーム入居者の定期的な来店を促す取組みも進められている。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2012/12/12現在



さいか屋 株主優待券の買取の注意事項

■さいか屋 株主優待券の買取価格は弊社保有在庫枚数およびさいか屋 株主優待券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいたさいか屋 株主優待券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のさいか屋 株主優待券をお売りいただける場合は、さいか屋 株主優待券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■さいか屋 株主優待券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れ、使用済み、又は使用できないさいか屋 株主優待券は買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取において、さいか屋 株主優待券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケットでは、店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ