松屋 の株主優待券を高価買取します。



松屋 株主優待券 買取表 画像

株主優待券 - 百貨店 買取価格
松屋 株主優待券
松屋 株主お買物優待カード (10%OFF) 詳細はこちら

松屋 株主優待券 ※参考


松屋 株主優待券 画像

(2012/12/12現在)


会社概要


株式会社 松屋(まつや、英: MATSUYA CO.,LTD.)は、東京都中央区銀座、台東区浅草に店舗を置く百貨店。
1869年に横浜で創業された呉服店、「鶴屋」の流れを汲む百貨店。創業以降、拡大路線をひた走るが、1970年代のオイルショックを境に経営難に陥り、銀座店と浅草店2店舗の体制になる。経営再建には東武百貨店と伊勢丹が関わった。仕入れ関係は、松屋と伊勢丹主導で結成した全日本デパートメントストアーズ開発機構(ADO)に加盟し現在に至る。 牛丼チェーン店松屋フーズとは一切関係ない。 高級ブランド、ラグジュアリーファッションやアクセサリー、豪華な内・外装で女性からの支持率が高く、銀座を代表する百貨店である。。

伊勢丹との提携


伊勢丹(現・三越伊勢丹)とは1971年の「業務提携に関する覚書」、「商品券の相互利用に関する契約書」の締結や、1973年のADOの設立などで幅広い提携強化を図ってきた。2002年11月には更なる提携強化を目指して伊勢丹の株式を買い増し、副社長も同社から迎えた。しかし、2007年に三越と伊勢丹の経営統合が発表されると、両社間にすきま風が吹き始める。伊勢丹が統合する三越の銀座店は、松屋の競合相手であるのがその理由である。2007年秋のADO会議において、ADOの総合幹事店である松屋は欠席した。 現在、三越伊勢丹ホールディングスが所有・運営する企業で、松屋の筆頭株主は存在しない。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2012/12/12現在



松屋 株主優待券の買取の注意事項

■松屋 株主優待券の買取価格は弊社保有在庫枚数および松屋 株主優待券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた松屋 株主優待券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の松屋 株主優待券をお売りいただける場合は、松屋 株主優待券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■松屋 株主優待券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れ、使用済み、又は使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケットにおいて、店頭買取は松屋 株主優待券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケットでは、店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ