井筒屋 の株主優待券を高価買取します。



井筒屋 株主優待券 買取表 画像

株主優待券 - 百貨店 買取価格
井筒屋 株主優待券
井筒屋株主お買物優待券 (7%OFF×50枚綴) 詳細はこちら

井筒屋 株主優待券 ※参考


井筒屋 株主優待券 画像

(2012/12/11現在)


会社概要


株式会社井筒屋(いづつや、英: IZUTSUYA CO.,LTD.)は、福岡県北九州市を地盤とする百貨店である。日本百貨店協会加盟。九州地場資本の百貨店で唯一東証第1部に上場している1935年(昭和10年)7月、小倉市長で旅館「梅屋」主人だった神崎慶次郎と、門司市(現北九州市門司区)で呉服店「井筒屋」を経営していた住岡由太郎との、共同出資により設立された。建物の敷地は梅屋の土地を充当し社名は井筒屋の屋号を継承、更に設立にあたっては九州電気軌道(後の西日本鉄道)の出資を仰いだ。1936年(昭和11年)10月小倉本店開店。このような経緯があるため、かつては西鉄グループに属していた。なお、現在も西日本鉄道は9.2%の株式を保有する筆頭株主である。
三越伊勢丹グループ主導の全日本デパートメントストアーズ開発機構(A・D・O)に加盟しており、百貨店形態の直営店として、本店(北九州市小倉北区船場町)の他に、北九州市八幡西区黒崎に店舗がある(黒崎店は、黒崎そごう閉店後にその跡地に移転し、旧店舗は「井筒屋アネックス?1」として、テナントビルとしている)。また、山口市と宇部市で関連会社により店舗を運営しているほか、福岡県内を中心に進物、婦人衣料雑貨など限られた商品を扱う小店舗を展開しており、その多くが大型量販店に併設、あるいは隣接したサテライトショップである。 1号店として黒崎店に近接して設けたブックセンターは、その後馬借駐車場再開発に合わせた小倉店オープンの際「ブックセンタークエスト」に名称変更。のち別法人化して独立後、地場書店チェーンの積文館書店(福岡市)に株式を売却(後に同社が吸収合併)して井筒屋グループから離脱しており、現在は井筒屋や西鉄とは無関係な場所での店舗展開も行っている。
ちなみに、ロゴマーク(井桁)及び社名が似ている、京都の株式会社井筒八ッ橋本舗や、過去に「井筒屋」と同じ「井桁」マークを使用していた(現在はCIにより使用していない)福島県郡山市のうすい百貨店とは、一切関連がない。
加えて社章は住友グループの菱井桁マークと酷似しているが、家紋等に用いられる「角立井筒」と呼ばれるものであり(家紋の一覧)、特に住友との関連はない
。 2004年(平成16年)2月に小倉そごう跡に開業した小倉伊勢丹にも30%出資し、持分法適用会社となっていたが、商圏競合による売り上げ不振・共倒れ状態防止の観点から、伊勢丹持分の株式を備忘価額の1株1円で全て買い取り[1]、2008年(平成20年)4月1日、「株式会社コレット井筒屋」(新店名「COLET IZUTSUYA」)に商号変更し、閉店期間(当事者は上記経緯から「休業期間」としていた)僅か6日で再開業した。伊勢丹とは、小倉伊勢丹開業を機に全国に先駆け情報システムを統合するなど関係を強化していた[2]こともあり、大きな混乱なく移行させることができたとみられている[誰によって?]。2009年(平成21年)3月11日には、井筒屋本店との棲み分けを図るためにリニューアルし、新店名「コレット」に改称した。
現状、北九州市においては(別法人として運営されているコレットを含め)、百貨店事業を展開している唯一の事業者(事業グループ)となっている。(そごう・玉屋等、過去に存在した競合百貨店他社は、全て北九州市からは撤退・閉店している)。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2012/12/11現在



井筒屋 株主優待券の買取の注意事項

■井筒屋 株主優待券の買取価格は弊社保有在庫枚数および井筒屋 株主優待券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた井筒屋株主優待券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の井筒屋株主優待券をお売りいただける場合は井筒屋株主優待券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■井筒屋 株主優待券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れ、使用済み、使用できない井筒屋株主優待券は買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケットにおいて、店頭買取は井筒屋 株主優待券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケットでは、店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ