神姫バスの株主優待券を高価買取します。

神姫バス 株主優待券 買取表 画像

株主優待券 - バス船舶 買取価格
神姫バス 株主優待券
神姫バス 詳細はこちら

神姫バス 株主優待券 ※参考

神姫バス 株主優待券 画像

(2012年11月30日現在のデザイン)


神姫バス

神姫バス株式会社(しんきバス)は、兵庫県を中心に大阪府・岡山県にもエリアを持つ日本の路線バス事業者。
バス事業の子会社として、神姫グリーンバス(神崎・篠山方面の路線バス)、ウエスト神姫(赤穂・佐用方面の路線バス)、神姫ゾーンバス(西神方面の路線バス)、神姫観光バス(貸切バス)がある。またICカード乗車券のNicoPaを発行している(回数券機能もある。また定期券機能の付加も可)。
2006年4月1日より、神戸市交通局(神戸市営バス)から落合・西神の2営業所の運行管理業務を、姫路市から書写山ロープウェイの運行受託業務を受託している。
元来、宇治川電気(現・関西電力)の資本を背景にしていた。事実上の創業者は木下栄。戦時統合で規模を拡大して播州・丹波(兵庫県)にまたがる一大路線網を構築。
一般路線は姫路市、加古川市、明石市など兵庫県中部・西部を中心に東端は神戸市、三田市、西宮市北部(14系統のみ)に路線を展開しており、三田市・西宮市北部以外の阪神地域および淡路島を除く兵庫県南部の大部分を占めている。子会社化や廃止前は岡山県津山市、美作市、西粟倉村から京都府福知山市まで一般路線を展開していた。また、神戸市交通局が運行していた定期観光バスを承継し、神戸営業所が担当して運行している。さらに神戸市営バス、明石市営バスの一部路線と姫路市営バスの全路線を承継しておりこれら市域では路線網が拡大している。


車両

現在は三菱ふそう・いすゞ・日野・日産ディーゼル(当時、現「UDトラックス」)の4車種と日産・シビリアン・トヨタ・コースター・トヨタ・ハイエースが導入されている。貸切車・高速車は長らく三菱ふそうに統一されていたが、2005年に日野・セレガが2台導入された。
2007年に姫路市営バスから神姫バスに4路線が移管されたことにより車両も一部が神姫バスに移籍し、それに伴い日産ディーゼルが復活した。また、淡路交通からの移籍車も少なからず在籍している。
カラーリングで特筆すべき点は貸切車の塗装である。これは1990年にグラフィックデザイナーの永井一正に依頼したデザインで、バス雑誌の記事では「デザイナーブランドの観光バス」としても紹介されたことがある。それ以前の貸切車デザインは、その後も昼行用高速車のデザインとして使用されている。
夜行高速バスは姫路城をアレンジしたデザインである。初代の車両ではベースカラーは青系の色であったが、車両更新時にベースカラーが変更されている。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編

2012/11/30現在 Copyleft(c)




神姫バス株主優待券の買取の注意事項

■神姫バス株主優待券の買取価格は弊社保有在庫枚数および神姫バス株主優待券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■神姫バス株主優待券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケットなど、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は神姫バス株主優待券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の神姫バス株主優待券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ