三重交通の株主優待券を高価買取します。

三重交通 株主優待券 買取表 画像

株主優待券 - バス船舶 買取価格
三重交通 株主優待券
三重交通
(共通路線バス片道乗車券 2枚)
詳細はこちら
三重交通
(共通路線バス片道乗車券 4枚)
詳細はこちら
三重交通 株主優待乗車証
路線バス全線パス
詳細はこちら

三重交通 乗車引換券 ※参考

三重交通 乗車引換券 画像

(2012年12月3日現在のデザイン)


三重交通道

三重交通株式会社(みえこうつう、通称三交(さんこう)、英称:Mie Kotsu Co., Ltd.(SANCO))は、三重県全域と愛知県、和歌山県、奈良県の一部で乗合バス事業と貸切バス事業を運営する企業。
近鉄グループに属し、三重交通グループホールディングスの完全子会社である。1944年に神都交通を母体に、三重県下の交通事業者が統合されて発足した。 かつては鉄道路線も有していたが、1961年に神都線を全廃し、1964年に鉄道部門を三重電気鉄道として分社、同社は松阪線を廃止後1965年に近畿日本鉄道へ合併された。
戦後の一時期は名鉄グループ、近鉄グループの双方に属していたが、近鉄が株式買い増しにより傘下に収めた。 一般路線バスでは、自社専用の「三交バスカード」が利用可能である。なお、同じ近鉄グループの奈良交通が導入した「CI-CA」や、近鉄の鉄道路線に導入された「PiTaPa」のようなIC乗車カードの導入については、三重交通グループホールディングス傘下の名阪近鉄バスを含め2012年10月現在、公式な発表はされていない。ただし、同社の方針としては「(2013年春開始予定の)manacaとPiTaPaの相互利用が可能になったら検討する」としている[1]。一時期は空港リムジンバスに電子マネー「Edy」(現:楽天Edy)を導入したことがあり、バス運賃のEdy決済では日本初の事例となった。
旅行部門については子会社の三交旅行が「三交パルック」のブランド名で展開していたが、2012年に三重交通が吸収し自社での運営となった。三交パルックのキャラクターは『ほのぼの君』が使われている。


車両

国内3メーカー保有しているがグループに三重いすゞ自動車があることから、バスはいすゞ自動車製が最も多い。 なおかつては日産ディーゼル車も、僅かながら存在した。
車両前部に描かれるマークは1988年制定のSANCOマークがほとんどだが、近年導入の車両にはそれ以前の社章(カタカナの「ミ」をモチーフにしたもの)が復活している。。
1985年に採用された貸切車の旧塗装は、そのデザインが現在三重交通ホールディングス傘下の名阪近鉄バスの貸切車と色違いである。このデザインは三重交通オリジナルだと思われがちだが、実際には同年に登場した名阪近鉄高速バス(当時)の豪華サロンカー「スーパーグレイス46」(日野グランデッカー)が採用したデザインが基になっており、同年末に三重交通が貸切車の新塗装化を発表した際、この塗り分けの色違いを採用したものである。名阪近鉄バスの貸切車は、その当時のデザインを現在も採用している。。
1984・85年式の貸切車のうち、特車タイプ(GRANDVIEW50、DREAM37、GRANDSALON50)については、デビュー当初は現在のA特急車に用いられている塗装であった。これは同年式の三重急行車輌についても同様であったが、いずれも後年旧貸切車塗装に改められた。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編

2012/12/3現在 Copyleft(c)




三重交通株主優待券の買取の注意事項

■三重交通株主優待券の買取価格は弊社保有在庫枚数および三重交通株主優待券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■三重交通株主優待券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケットなど、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は三重交通株主優待券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の三重交通株主優待券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ