北海道中央バスの株主優待券(優待乗車証引換券,優待割引券)を高価買取します。

北海道中央バス 株主優待券 買取表 画像

株主優待券 - バス船舶 買取価格
北海道中央バス 株主優待券
北海道中央バス 優待乗車証引換券 詳細はこちら
北海道中央バス 優待割引券(30%割引券) 詳細はこちら

北海道中央バス 優待乗車証引換券


北海道中央バス 優待乗車証引換券 画像

北海道中央バス 優待割引券(30%割引券)


北海道中央バス 優待割引券(30%割引券) 画像

北海道中央バス

北海道中央バス株式会社(ほっかいどうちゅうおうバス)は、北海道小樽市に本社を置きバス事業などを行う企業。略称は「中央バス」。


都市間高速バス

各地域間で運行される一般路線バスの免許を活かし、乗り継ぎを解消した直通運行とすることでサービス向上に努めた。都市間輸送の始まりは1947年(昭和22年)に運行を開始した札幌 - 千歳の千歳線で、1951年(昭和26年)に札幌 - 小樽の札樽線、1955年(昭和30年)に運行距離が100 kmを超える路線としては初めて札幌 - 室蘭の室蘭線、1958年(昭和33年)に札幌 - 旭川の旭川線など特急・急行バスを運行したほか、定期観光バスの運行でも活用された。
長距離路線は並行する鉄道の電化などにより競合が激しくなり、1973年(昭和48年)末のオイルショックを機に旭川線、室蘭線が廃止されるなど見直しが行われ、一旦は縮小を見た。
道路整備が遅れている北海道であるが、1983年(昭和58年)11月10日に道央自動車道札幌ICから岩見沢ICが開通。札幌 - 岩見沢で高速いわみざわ号の運行を開始したほか、空知方面の特急バスも同区間で高速道路への乗せ替えが行われた。その後の高速道路の延伸に伴い新たな直行路線が次々と開設され、本格的な長距離高速バス時代の幕開けとなった。
一般道経由時に廃止された札幌 - 室蘭は1984年(昭和59年)に高速道路経由の高速むろらん号として再参入。安さなどから増発車が出る人気となった。同年に開設された高速あさひかわ号と高速たきかわ号には、1982年(昭和57年)の北海道博覧会輸送用に導入した2階建て車両を転用。高速バス用としての新造導入も行われた。
1987年(昭和62年)には中央バスでは初めて、北海道内でも路線バスとしては初めての夜行路線となる札幌 - 釧路間スターライト釧路号の運行を開始。横3列座席車の導入や運賃の安さなどから、毎日増車するほど好調なスタートとなった。
長距離高速バスは他社路線との兼ね合いから、1990年(平成2年)3月に運行を開始した札幌 - 帯広のポテトライナー(5社)および札幌 - 名寄の高速なよろ号(2社)より共同運行の形を採るようになり、中央バス単独運行であった高速あさひかわ号とスターライト釧路号も変更された。都市間高速バスの共同運行会社は12社にのぼる。
2011年(平成23年)12月1日現在、札幌市を基点に以下の市町村へ高速バスを運行する。斜体は札幌市方面との利用はできない、最終目的地方面との利用のみ可能な停留所を設置する市町村を示す。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編

2012/12/3現在 Copyleft(c)




北海道中央バス株主優待券の買取の注意事項

■北海道中央バス株主優待券の買取価格は弊社保有在庫枚数および北海道中央バス株主優待券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■北海道中央バス株主優待券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケットなど、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は北海道中央バス株主優待券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の北海道中央バス株主優待券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ