阪九フェリーの株主優待券を高価買取します。

阪九フェリー 株主優待券 買取表 画像

株主優待券 - バス船舶 買取価格
阪九フェリー 株主優待券
阪九フェリー 詳細はこちら

阪九フェリー 乗車引換券

阪九フェリー 乗車引換券 画像

阪九フェリー

阪九フェリー株式会社(はんきゅうフェリー、Hankyu ferry Co., Ltd.)は、福岡県北九州市門司区新門司北に本社を置く海運会社(SHKライングループ)。阪神地区と北九州を結ぶフェリー航路を運航している。日本初の長距離カーフェリー事業者である。みどり会の会員企業。
関光海運(現在の関光汽船)の社長入谷豊州が掲げた「海のバイパス」構想により、同社に「長距離フェリー研究部」が設置された。当時は長距離を運航するフェリー航路の前例がなく、周囲から不安視されていたが、国道2号(神戸市須磨と下関市)で実地調査を行い、採算がとれるか需要予測を立てたという。名神高速道路(1963年(昭和38年)7月に部分開通)など、モータリゼーションを見越した構想でもあったが、当時は未整備の道路が多く、渋滞も激しい国道2号の代替ルートとして考えていたといわれる。また、トラック輸送を狙ったものの当初は乗用車の利用のほうが多かったが、次第にトラックの利用も増加し、入谷が掲げた「海のバイパス」構想は成功を収めた。 1973年(昭和48年)にほぼ並行する航路を開設した名門大洋フェリー(名門カーフェリーと大洋フェリーが1984年(昭和59年)に合併)と激しい競争を続けている。


運航中の船舶

フェリーすおう

1995年(平成7年)7月竣工、同年12月21日就航。15,188総トン、全長189.0m、幅27.0m、出力32,400馬力、航海速力23.0ノット(最大26.0ノット)。
旅客定員810名。車両積載数:トラック219台・乗用車77台。神田造船所(川尻)建造。
船体には就航当初『We Love KOBE』の文字が黒で描かれていたが、2008年(平成20年)6月より泉大津便に配船変更となったことから他船と同じ『Hankyu Ferry』の文字に変更されている。


フェリーせっつ

1995年(平成7年)4月竣工、1996年(平成8年)3月15日就航。15,188総トン、全長189.0m、幅27.0m、出力32,400馬力、航海速力23.0ノット(最大26.0ノット)。
旅客定員810名。車両積載数:トラック219台・乗用車77台。神田造船所(川尻)建造。
船体には就航当初『We Love KOBE』の文字が黒で描かれていたが、2008年(平成20年)6月より泉大津便に配船変更となったことから他船と同じ『Hankyu Ferry』の文字に変更されている。


やまと

2002年(平成14年)4月竣工、2003年(平成15年)3月27日就航。13,353総トン、全長195.0m、幅26.4m、出力27,400馬力、航海速力23.5ノット(最大25.8ノット)。
旅客定員667名。車両積載数:トラック229台・乗用車138台。三菱重工業下関造船所建造。
船体には『Hankyu Ferry』の文字が青色で描かれている。


つくし

2002年(平成14年)7月竣工、2003年(平成15年)6月12日就航。13,353総トン、全長195.0m、幅26.4m、出力27,400馬力、航海速力23.5ノット(最大25.8ノット)。
旅客定員667名。車両積載数:トラック229台・乗用車138台。三菱重工業下関造船所建造。
船体には『Hankyu Ferry』の文字が青色で描かれている。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

(2012年12月4日現在)




阪九フェリー株主優待券の買取の注意事項

■阪九フェリー株主優待券の買取価格は弊社保有在庫枚数および阪九フェリー株主優待券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■阪九フェリー株主優待券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケットなど、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は阪九フェリー株主優待券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の阪九フェリー株主優待券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ